特集 PR

丈青×菊地成孔対談 リアルジャズシーンから発信する現代への批評

丈青×菊地成孔対談 リアルジャズシーンから発信する現代への批評

インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:田中一人
2014/10/08
  • 0
  • 142

リアルジャズもできて、クラブジャズもやってる人は単純に少なくて、丈青は数少ないそういう人でした。(菊地)

―そもそも、菊地さんから見て、丈青さんのどういった部分を魅力に感じられてDCPRGに招かれたのでしょうか?

菊地:いまはあんまりリアルジャズとクラブジャズの区分けがなくなってますけど、僕はPIT INN(日本のジャズのメッカとされる、新宿のライブハウス)あがりなので、どっちかというとリアルジャズの方面にいて、DCPRGを立ち上げたときがクラブジャズデビューなんです。なので、傍から見るよりクラブジャズのプレイヤーとの交流っていうのはなかったんですよ。

菊地成孔

―その中でも、丈青さんは特別だったと?

菊地:クラブジャズには、実力のある人が少ない印象だったんだけど、丈青はクラシカルな素養があって、ちゃんとピアノが弾けた上で、クラブジャズをやってたんですよね。あとは単純に、ルックスがかっこいい(笑)。僕、自分のバンドのメンバーを選ぶときに、自分の好みのルックスがあるんですけど、丈青は顔が好みなの(笑)。

―プレイはもちろん、ルックスも重要視されていたと(笑)。

丈青:いまおっしゃっていたように、PIT INNとクラブの分け方ってよく理解できて、僕は東京で活動を始めたのが1990年代後半ですけど、初めて出演のオファーが来たのが、PIT INNとYELLOW(西麻布のクラブ。現FREQ.)だったんですよ。いわゆるリアルジャズの場所と、当時のクラバーが集まる場所の両側面からオファーをもらって、新宿と麻布だからエリアもまったく違ったけど、その両方を大事にしてきたからこそ、両方が抱える矛盾もよくわかりました。

丈青

―内側にいたからこそ、見えていた部分があるんですね。

丈青:そうですね。たしかにクラブジャズに対しては、ジャズの専門誌で否定的なことを言ったこともあるんです。ロジックを理解してなかったり、基本的な素養のない人がプレイしていることが、世界的に見ても実際多くて、いわゆる流行りもの的なようにも見える。そういう意味では否定的でした。だから、ムーブメントとしてはクラブジャズにあんまりピンと来てなかったんですけど、ただ、そういうものだからこそ流行ったとも言えるし、もっと深いものになっていくかどうかは、これからかなって。

菊地:単純に、クラブジャズは半分がソウルなんで、ソウルやってる人が量増してクラブジャズをやった形と、リアルジャズをやってる人が量を減らしてクラブジャズになった形と、双方向的なものだったんです……ここで言う「量」って、たとえのボキャブラリーですけど。でも、リアルジャズもできて、クラブジャズもやってる人は単純に少なくて、丈青は数少ないそういう人でした。

(DCPRGのときは)「これがいまの東京のスタイルだ」って、実感しながらプレイしてましたね。(丈青)

―ソイルやJ.A.Mで演奏される丈青さんのことは、菊地さんはどう見ていらっしゃったのでしょうか?


菊地:クラブジャズの人たちと比べれば歌舞いてる方だと思うけど、でももっと出せると思ってたんですよね。ピアニストは、ジャズ出身の人とかソウル出身の人とかいろいろいるけど、何だかんだ日本はまだクラシックが基本の人が多いんです。クラシックの人は音階練習とかをいっぱいやるから、速く多く弾くということに関しては、ソウル出身の人とは明らかに違うんですよね。丈青がクラシック出身であることは、ちょっと弾いてる音を聴けばすぐ分かったし、J.A.Mとかでもいっぱい弾いてますけど、客観的に見て、DCPRGのときが一番多く弾いてたと思うんです。

―沸騰してる状態だったと(笑)。

菊地:マイルス・デイヴィスのところにいたキース・ジャレットも、当時はバカみたいに弾きまくってたんですよ(笑)。丈青も、ああいう状態になったらいいなと思ってて、実際着席して弾いたら、思ってたよりもそうなりましたね。でも、キースは嫌われキャラだから、「何だあいつ」と思われがちだったんですけど、うちでは年上も年下もみんな丈青のこと好きで、みんなで丈青のモノマネしたりして(笑)。

丈青:それは知らなかったです(笑)。いまの話の補足をするとですね、僕もいつか大編成でヤバい音楽をやりたいと思ってたんですけど、もうやってる人がいて(笑)、そこにジョインすることができた。しかも、こんなヤバい音楽をやって、お客さんがそれに酔ってるっていう、「この日本でこんなことが起こるんだ」っていうのが、経験としてすごく印象的だったんです。

―オーディエンスが、大編成でカオティックなポリリズムの音楽を楽しんでいる光景が、丈青さんにとっても喜ばしい経験であったと。

丈青:リズム的にはすごく複雑な状態なのに、オーディエンスがみんなそれぞれの解釈で踊ってて、それが音楽だと思うんです。みんなが同じように動くのもいいけど、それってある意味不自然だから、もっと自由に楽しめばいいのにと思うことも多いんですけど、それをすごくわかりやすく提示できてる空間だったので、「これがいまの東京のスタイルだ」って、実感しながらプレイしてましたね。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

丈青<br>
『I See You While Playing The Piano』(CD)
丈青
『I See You While Playing The Piano』(CD)

2014年10月8日(水)発売
価格:3,100円(税込)
SPIRAL RECORDS / XQAW-1107

1. Friends are Comin'
2. One and Alone
3. Crazy Race
4. Blue in Green
5. My One and Only Love
6. We'll Be Together Again
7. Body and Soul
8. Miles' Mode
9. Myself
10. When I Was a Boy
11. Akatonbo
12. I See You While Playing The Piano

UA×菊地成孔<br>
『cure jazz reunion』(CD)
UA×菊地成孔
『cure jazz reunion』(CD)

2014年9月3日(水)発売
価格:3,240円(税込)
TABOO / VRCL-10119

1. Amaiyu
2. Ordinary fool
3. Born to be blue
4. Night in Tunisia
5. Music on the planet where dawn never breaks
6. Over the rainbow
7. Hymn of Lambarene
8. This city is too jazzy to be in love
9. I'll be seeing you

プロフィール

丈青(じょうせい)

3歳からピアノにふれクラシックを学ぶ。同時にブラックミュージックをはじめとする多岐にわたる音楽に親しみ、その語法を独学で習得。1997年に本格的にジャズピアニストとしての道を歩むことを決意。鈴木勲のバンドへの参加を機にジャズシーンに広くその名が知れわたり、一躍トップピアニストとしての地位を確立。2003年にはSOIL&"PIMP"SESSIONSに加入、メジャーデビューを果たす。2007年には同バンドから派生したピアノトリオJ.A.Mを結成。類い稀なるリズム、グルーヴへの感覚、幼年期より養われた広汎な音楽的造詣をもとにした清新なソングライティングや鮮烈なイメージを喚起するインプロヴィゼーション、クラシックを素地とする卓越したタッチは、José James、Jamie Cullum、Eric Harlandといったトップアーティストからも賞賛される。次代のジャズを担う最重要人物の一人として、世界的に注目される存在である。

菊地成孔(きくち なるよし)

東京ジャズシーンのミュージシャン(サックス / ボーカル / ピアノ / キーボード / CD-J)として活動。思想の軸足をジャズミュージックに置きながらも、極度にジャンル越境的な活動を展開。演奏と著述はもとより、ラジオ・テレビ番組でのナビゲーター、コラムニスト、コメンテーター、選曲家、クラブDJ、映画やテレビドラマの音楽監督、対談家、批評家(主な対象は音楽、映画、服飾、食文化、格闘技)、ファッションブランドとのコラボレーター、ジャーナリスト、作詞家、アレンジャー、プロデューサー、パーティーオーガナイザー等々としても評価が高い。数多くのバンドへの参加・主催を経て、現在は自らのリーダーバンドとして「菊地成孔ダブセクステット」「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「DCPRG」の3バンドを主催。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真