インタビュー

音楽界の頂点ってどんな心境? サム・スミス×クワタユウキ対談

音楽界の頂点ってどんな心境? サム・スミス×クワタユウキ対談

インタビュー・テキスト
武田砂鉄
撮影:相良博昭

2月9日に開催された『第57回グラミー賞』にて、主要部門である「年間最優秀レコード賞」「年間最優秀楽曲賞」「最優秀新人賞」を含む4冠を達成した、イギリス出身のシンガーソングライター、サム・スミス。聴き手の心を瞬間的に掴むファルセットボイスを、Lady GaGaは「あなたは天使のような声を持っているわ」と絶賛した。弱冠22歳ながらデビュー作で一気に音楽界の頂点に立ったサム・スミスは、授賞式からわずか1週間後、ライブとプロモーションのため日本に訪れた。そして、ラジオの取材で『グラミー賞』の会場に潜入していたREAD ALOUDのクワタユウキとサム・スミスの対談が実現。分刻みのスケジュールながら、一つひとつの設問に真摯に答える彼の姿が印象的だった。

曲そのものの構成や完成度について意見されることは仕方ないけど、1人の人間が音楽に込めた真実や嘘のない思いは、批判できない。(サム)

毎年『グラミー賞』を見て痛感するのは、なぜ彼らは咄嗟のスピーチがあれほど上手いのかということ。ユーモアに富んだ、簡潔なフレーズを適確に口にする。連続授賞で何度も壇上に上がりスピーチをしたサム・スミスの話術にも感嘆した。しかし、それは単なる「話術」だけではなかった。彼の歌詞世界同様、切実な思いの吐露が続いた。今回の『グラミー賞』を会場で観ていたクワタユウキは、思いを実直に語る姿を見守る会場に、独特の「体温の高さ」を感じたと言う。特別な空間で、人は特別な存在になっていく。今や「世界の主役」とでも呼ぶべきサム・スミスに話を聞いた。


クワタ:『グラミー賞』4冠達成、おめでとうございます。あの日は、あなたにとってどのような1日になりましたか?

サム:あの日の夜は、本当に夢のようだった。これまで憧れてきたアーティストたちとその場に一緒にいられること、そしてそのアーティストたちの目の前で自分が授賞できたこと、とっても不思議な感覚だったよ。

サム・スミス
サム・スミス

クワタ:今、トロフィーはどこに飾っているんですか?

サム:えっと……2つは歯ブラシホルダーにして、1つはキッチンでガーリックの隣に置いてあるよ。って、ウソウソ(笑)。

クワタ:(笑)。『グラミー賞』を授賞してまだ日も間もないですが、心境に変化はありますか?

サム:『グラミー賞』を授賞したことで、自分は認めてもらえるクオリティーの音楽を生み出せていると自信がついた。手抜きせずに創作活動を続けてきたことが認めてもらえて嬉しかったよ。

クワタ:18歳のときに、出身地のケンブリッジシャー州からロンドンに一人で引っ越してきてから、今のマネージャーやDISCLOSURE(イギリス出身のダンスミュージックデュオ。2012年にサム・スミスとヒットシングル“Latch”を共作)に出会うまで、どんな生活を送っていましたか?


サム:ロンドンに移り住んでからは、バーで働いていたんだ。毎日休みもなく、くたくたになるまで働いたよ。でも、それは自分が本当にやりたいことではなかったから、とても苦しかった。音楽を作るための出会いに恵まれるまでの間は、いつも不安で孤独な気持ちを抱えていたね。歯車が回り出して、ようやくハッピーな気持ちに戻れたんだ。

クワタ:今、バイトをしていた頃の自分に声をかけるとしたら?

サム:そうだな……もしそのときの僕に会えるなら、「やっていることを変えることなく、そのまま続けるんだ」って言いたい。

クワタ:自分の音楽に自信を持つために心がけてきたことはありますか?

サム:創作に繋がる自信のもとになってくれるのは、いつだって自分に対して嘘をつかずに正直でいること。音楽を作るのって、自分のダイアリーを綴っているようなものだと思っているんだ。曲そのものの構成や完成度について人に意見されることは仕方ないけど、1人の人間が音楽に込めた真実や嘘のない思いは、批判したり批評したりできない。そう思うようになってから、作品を生み出すことに徐々に自信が持てるようになったんだ。

Page 1
次へ

イベント情報

READ ALOUD
『臨場感空間論 TOUR 2015』

2015年5月20日(水)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:愛知県 名古屋 CLUB UPSET
出演:
READ ALOUD
ユビキタス
the adonis

2015年5月22日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:大阪府 LIVE SQUARE 2nd LINE
出演:
READ ALOUD
チリヌルヲワカ
GIMMICK_SCULT

2015年5月29日(金)OPEN 18:30 / START 19:00
会場:東京都 渋谷 eggman
出演:
READ ALOUD
She Her Her Hers

料金:各公演 前売2,500円(ドリンク別)

リリース情報

READ ALOUD『アカンサス』(CD)
READ ALOUD
『アカンサス』(CD)

2014年11月5日(水)発売
価格:1,650円(税込)
CCCL-3

1. タイムトラベラー
2. 君の声を思い出す
3. 風が吹くから
4. 月と太陽
5. BGK
6. 朝

番組情報

『Good To Go!』

毎週土曜24:00からInterFMにて放送

リリース情報

Sam Smith『In The Lonely Hour』日本盤(CD)
Sam Smith
『In The Lonely Hour』日本盤(CD)

2015年1月21日(水)発売
価格:2,376円(税込)
UICC-10015

1. Money On My Mind
2. Good Thing
3. Stay With Me
4. Leave Your Lover
5. I'm Not The Only One
6. I've Told You Now
7. Like I Can
8. Life Support
9. Not In That Way
10. Lay Me Down
11. Restart
12. Latch(acoustic version)
13. La La La(Naughty Boy feat. Sam Smith)
14. Make It To Me
15. Reminds Me Of You
16. Stay With Me feat. Mary J. Blige (darkchild version)
17. In The Lonely Hour (acoustic version)
18. Nirvana
19. Safe With Me
20. Together (Sam Smith x Nile Rodgers x Disclosure x Jimmy Napes)

プロフィール

Sam Smith(さむ すみす)

イギリス出身のシンガーソングライター、現在22歳。ディスクロージャー、ノーティ・ボーイらのヒットシングルにフィーチャーされ、本国にて一躍脚光を浴びる。2013年12月、アデルらも受賞した、イギリスレコード協会主催のイギリス最大の音楽賞『BRIT Awards』で批評家賞を受賞。2014年1月には、BBCの「2014年の声」部門にて1位獲得。同年5月に発売したデビューアルバム『In The Lonely Hour』は、全英アルバムチャート5週1位、全米アルバムチャート初登場2位と、世界中で異例の大ヒットを遂げ、遂に世界売上600万枚を突破!第57回グラミー賞には、主要4部門を含む全6部門の最多ノミネートをされていたが、主要3部門を含む計4部門を受賞し、一躍サム祭りとなった。

READ ALOUD(りーど あらうど)

自分の心に浮かんだ感情や言葉を素直に音読する(READ ALOUD=読み上げる。朗読する。)というコンセプトのもとクワタユウキ(Vo,Gt)を中心に結成。2012年夏より、現メンバーでの本格的なライブ活動をスタートさせる。逞しいボーカルと、アイリッシュやサンバ等様々なリズム要素を取り入れたビートで確実にその注目度を上げている実力派バンド。2014年11月5日に、3rdミニアルバム『アカンサス』をリリース。InterFM『Good To Go!』(毎週土曜24:00~)でDJを務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢 1

    KID FRESINOが示す良好なバランス。多層的な創作者としての姿勢

  2. 木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM 2

    木村拓哉がスーツ姿で仲野太賀、塚地武雅と共演 マクドナルド新CM

  3. Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る 3

    Gotchが歌う「生の肯定」 現代社会のほころびを見つめ直して語る

  4. 山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里 4

    山田孝之主演のNetflix『全裸監督』シーズン2 新ヒロインに恒松祐里

  5. 綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像 5

    綾野剛が白昼の商店街を疾走、映画『ヤクザと家族 The Family』本編映像

  6. キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM 6

    キンプリ平野紫耀と杉咲花がウサギになりきってぴょんぴょんするHulu新CM

  7. 『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録 7

    『鬼滅の刃』煉獄杏寿郎の日輪刀を再現 「うまい!」などセリフ音声収録

  8. 吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに 8

    吉高由里子、知念侑李、神宮寺勇太が「アレグラFX」新広告キャラクターに

  9. 緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表 9

    緊急事態宣言下における「ライブイベント公演の開催」に関する共同声明発表

  10. ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材 10

    ermhoiの「声」を輝かせている生い立ち、思想、知識、機材を取材