特集 PR

KKBOX山本雅美の生き方。平日は「音楽業界」土日は「場所作り」

KKBOX山本雅美の生き方。平日は「音楽業界」土日は「場所作り」

CAMPFIRE
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:豊島望 編集:矢島由佳子

昨年、多摩川河川敷で開催された『タマリバ~TAMAGAWA RIVERSIDE FESTIVAL~』。完全DIYだったにもかかわらず、のべ3000人を動員したこのイベントの企画・実行プロジェクト「comaecolor(コマエカラー)」が、また新たな「場所作り」に挑戦している。それは「SOTO KAWADA」と名付けられた、「海の家」ならぬ「川の家」。多摩川河川敷にある小さな旅館の一角をリノベーションした週末限定のカフェスペースで、狛江の新しい遊び方を提案し、話題を集めている。

そして現在「SOTO KAWADA」は、さらなる充実を目的としたクラウドファンディングプロジェクトを実施中。「単に設備補充の資金を集めるだけでなく、クラウドファンディングを通してより多くの人たちとつながりたい」と話すのは、「comaecolor」のメンバー山本雅美だ。

レコード会社、アーティストマネジメント会社を経て、現在は定額制音楽配信サービス会社「KKBOX」に勤務する山本に、「SOTO KAWADA」プロジェクトはもちろん、後半では定額制音楽サービスの現状なども訊いた。

ちょっと見方を変えるだけで、今まで思いつかなかったような発想が浮かんできたりする。

―山本さんは現在、定額制音楽配信サービス会社「KKBOX」で「コンテンツディヴェロプメントマネージャー」を担当されているそうですが、それまでのキャリアはどのようなものだったのですか?

山本:大学卒業後、現在の「ビクターエンタテインメント」(当時は「ビクター音楽産業」)に入社し、20年近く勤務していました。そのあと「A-Sketch」(「アミューズグループ」のレコード会社およびアーティストマネジメント事業会社)の設立に携わることになり、2年ほど前から「KKBOX」に移って今に至ります。

山本雅美
山本雅美

―ビクターとA-Sketchでは、それぞれどのような仕事をされてきたのでしょうか。

山本:ビクターでは、主にセールスプロモーションをやっていました。最も長く担当していたのは「SPEEDSTAR RECORDS」というレーベルで、UAやCocco、くるりなど、ちょうどデビューする頃から一緒に仕事をさせてもらいました。それからサザンオールスターズもずっとやらせてもらい、最後の数年間はSMAPも担当させていただきました。

A-Sketchでは、パッケージとデジタルのプロモーションや、契約、事業策定など、全体プランニングに携わりました。最も深く関わったのはflumpoolで、彼らとは「同期入社」みたいな関係だったと思っています(笑)。

flumpoolは、A-Sketchレーベルの第1号アーティスト。2008年10月発表曲

―レコード会社とマネジメント会社、両方を経験したことで気づいたことはありますか?

山本:ものすごくありますね。同じ「音楽」に関わる仕事でも、レコード会社にいたときと、プロダクションにいたときでは、視点が大きく変わりました。同じことをやっていても、「見る景色」が随分変わるのだなということを実感したのは大きな経験でした。

もちろん、アーティストを大事にするという意味ではレコード会社もプロダクションも同じなんですけど、やはり立場も違いますし、アーティストとの関係性も違う。もしずっと前職にいたら、きっとそこは深く分からなかったでしょうね。

―「KKBOX」でもまた視点は変わりました?

山本:変わりました。それこそ国内外問わず様々なジャンル、アイドルからバンドまで膨大な作品に関わる非常にエキサイティングな現場ですし、しかも権利者であるレコード会社から作品を提供いただき、リスナーに伝えていくという、また新たな視点が加わって。「音楽の可能性って無限大だな」と、改めて感じる日々です。今までよりもユーザーに近い立場で関わっている感じでしょうか。

そういう経験をしていくなかで、「ちょっと見方を変えるだけで、今まで思いつかなかったような発想が浮かんできたり、一見関係ないと思っていたことがつながったりするんだな」ということを実感して。それからいろんなところに顔を突っ込むようになったんです。今回ご紹介する「SOTO KAWADA」だけでなく、たとえばソーシャルグッドなウェブマガジンの「greenz(グリーンズ)」で取材やライターをしていたり、フォトグラファーとして個展を開いたりしているのも、結果的にはそんな感じです(笑)。知らない世界を見つけていくことで、自分のなかになかった考え方が、どんどん増えていくことが楽しいんです。

山本雅美

「『朝霧JAM』みたいなイベントが、多摩川でできたらいいよね」という思いが出発点でした。

―「SOTO KAWADA」の企画運営プロジェクトである「comaecolor」を始めたきっかけは?

山本:3年前から僕は、狛江のシェアハウスに住んでいるんです。近所によく行くクラフトビールのお店があって、そこの飲み仲間やスタッフと一緒に、「なにか狛江で面白いことやりたいよね」みたいなことをよく話していて。というのも、狛江の多摩川河川敷って、以前はBBQや花火などが自由にできたのですが、マナーが悪化して現在は一切禁止になってしまったんです。

せっかく広々として素晴らしい場所だから、「またBBQやりたいよね」「『朝霧JAM』みたいなイベントが、多摩川でできたらいいよね」みたいな。自分たちが思う「いいね!」を形にしたい、他の町にはない狛江の魅力を作っちゃおうかという思いが、そもそもの出発点でした。そのメンバーと発足したのがcomaecolorなんです。

多摩川河川敷の様子
多摩川河川敷の様子

SOTO KAWADAの様子
SOTO KAWADAの様子(クラウドファンディングページを見る

―「他にない狛江の魅力」って、どんなものなのでしょう?

山本:まるでシェアハウスのよう、と言ったらいいでしょうか。狭い町ですし、人との距離も近い。道を歩いていても、顔見知りとよく出くわします(笑)。今話したように、飲食店なんかは人と人とがつながる場所でもあるんですよね。きっと都心だと、こうはいかないと思います。

駅前には保存林が残っているので、仕事を終えて駅に戻ってくるとホッとするんですよね。歩いて3分くらいのところには、とても雰囲気のいいお寺があって、そこでぼーっとしても気持ちいい。それと、堀口珈琲という有名なコーヒーショップの焙煎工場があって、土日はコーヒーの匂いが町中に漂っているんです。そういうのも他の町にはない魅力だなって思うところですね。個人的には、大好きな映画『ソラニン』の舞台になったことも付け加えたい(笑)。

Page 1
次へ

プロジェクト情報

GoodMorning
DIYスタイルで週末限定の多摩川ライフの拠点を作りたい

2016年10月に多摩川河川敷フェスティバル『TAMARIBA』を開催したcomaecolorが取り組む新しいDIYプロジェクトは、多摩川河川敷にみんながほっこりできるカフェスペース「SOTO KAWADA」。地元の方はもちろん、多摩川を愛する人たちの素敵な空間を作ります!
クラウドファンディングプロジェクトの支援募集は、2017年5月20日23:59まで。

プロフィール

山本雅美(やまもと まさみ)

1990年ビクターエンタテインメント入社。SPEEDSTAR RECORDS、マーケティング本部副本部長を経て、2008年にアミューズとKDDI合弁の音楽レーベル&マネジメント会社A-Sketchの設立に参画。同社取締役を経て2015年4月より現職。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Bullsxxt“Stakes”

ラッパーのUCDを中心とする5人組ヒップホップバンド、Bullsxxtによる1stアルバムから“Stakes”のMVが公開。絡み合う枠線の中で自由に揺れる彼らを街の光が彩る映像は、まるで青春映画のよう。アーバンメロウな生音ヒップホップに耳が喜び、胸が高鳴ります。(井戸沼)

  1. 吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集 1

    吉岡里帆を川島小鳥が秘宝館で撮影 『STUDIO VOICE』の「ゆらぐエロ」特集

  2. 松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔 2

    松坂桃李が「娼夫」に 石田衣良原作の18禁映画『娼年』、監督は三浦大輔

  3. 森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役 3

    森山未來がアトム役の舞台『PLUTO』再演 土屋太鳳が初舞台で1人2役

  4. 知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像 4

    知念侑李と小松菜奈が濡れながらキス寸前 映画『坂道のアポロン』初映像

  5. スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開 5

    スタートトゥデイ前澤友作が123億円で落札したバスキアの作品が一般公開

  6. 峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報 6

    峯田和伸が柄本佑に「うっとり」 『素敵なダイナマイトスキャンダル』続報

  7. 香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表 7

    香取&草彅&稲垣「新しい地図」が映画『クソ野郎と美しき世界』製作発表

  8. 1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播 8

    1冊の本を売る森岡書店店主が今後のカルチャーを語る。鍵は伝播

  9. ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る 9

    ドミコ・ひかるが、自身を「老人みたい」と評する理由を語る

  10. のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も 10

    のん初SG『スーパーヒーローになりたい』に高野寛が曲提供、のん自作曲も