特集 PR

CHAIが伝える「わがまま」の美しさ。ただの「自己中」とは違うよ

CHAIが伝える「わがまま」の美しさ。ただの「自己中」とは違うよ

CHAI『わがまマニア』
インタビュー・テキスト
天野史彬
撮影:永峰拓也 編集:矢島由佳子
2018/05/11

出会った頃から、確かにすごい才能だとは思っていた……けれど、一体誰が、ここまでの「速度」を予感していただろうか!? 去年リリースされた1stアルバム『PINK』も大きな話題を呼んだ、絶賛世間を巻き込み中の4ピースオンナバンド、CHAI。

「こうするべき」とか「これが普通」とか、そんな固定観念に捕らわれた世の価値観を覆すべく、「NEOカワイイ」や「コンプレックスはアートなり」というメッセージを掲げ、確かな演奏力と自由な音楽性を武器に世を席捲してきた彼女たちから、早くも次の一手となる3rdEP『わがまマニア』が届けられた。今のCHAIのリアルが刻み込まれた素晴らしい作品だ。

強烈な音圧と柔軟なグルーヴ感を持った1曲目“We Are Musician”から、「私たちはミュージシャンだ!」と力強い宣誓を掲げる本作。ここに収録された5曲には、力強く背中を押す追い風も、横っ面を引っ叩くような向かい風も、頬を撫でるそよ風も、すべての風にサラッと飛び乗って空中をフワフワと漂うような、そんな軽やかさと優れたバランス感覚がある。この作品からは、どんなプレッシャーの跡も見当たらない。「どうやって自分らしくいよう?」「どうやって自由を謳歌しよう?」と、ポジティブな思考を張り巡らせた結果、産み落とされたであろう5曲が並んでいる。

まだCHAIを遠巻きに見ているあなたも、本作を聴けば、「今、なぜCHAIが世を席捲しているのか?」という問いの答えがわかるかもしれない。

常にノープレッシャースタイル! それがテーマ!(マナ)

—去年のCHAIは1stアルバム『PINK』(2017年10月)のリリースもあって、世間からすごく大きな注目を浴びたと思うんです。でも、新作『わがまマニア』は、周囲からの期待や視線を一身に受けながらも、サラッと新しいフェーズに突入するような1枚で。

4人:ありがとう!

CHAI『わがまマニア』ジャケット
CHAI『わがまマニア』ジャケット(Amazonで見る

—実際、あれだけ話題になった『PINK』の次の一手としてなにを出すのかって、すごく悩むところではあったと思うんですよ。世間から植えつけられるイメージや、求められるものもあったと思うし。でも『わがまマニア』を聴いて、CHAIは本当にバランス感覚がいいなと思ったんですよね。『PINK』以降の自分たちのなかには、具体的にどんなビジョンがあったんですか?

マナ(Vo,Key):うーん、なにもなかった。

—ははははは(笑)。

マナ:ないよね?

ユウキ(Ba,Cho):なーい。これは、CHAIの今の気分。

マナ:その通り!

—いいですねぇ(笑)。気分に勝るものってないからね。

マナ:そうそう。「次はどういうものがウケるんだろう?」とか、考え出したら止まらないじゃん。だから逆に、気分で動かないと。常にノープレッシャースタイル! それがテーマ!

左から:ユウキ、カナ、マナ、ユナ
左から:ユウキ、カナ、マナ、ユナ

ユナ(Dr,Cho):常に新しいものをインプットし続けているのは変わらないからね。

カナ(Vo,Gt):うん。ずっと入れ続けているし、私たちがインしているものは絶対にいいものだと思うから。ということは、アウトするものも絶対にいいはず。そこに関しては自信たっぷり。

左から:ユウキ、カナ、マナ、ユナ
左から:ユウキ、カナ、マナ、ユナ

ねぇ、CHAIってバンドじゃないように見える?(マナ)

—1曲目の“We Are Musician”は、「自分たちはミュージシャンである!」というCHAIの宣誓ですよね。この曲を1曲目に持ってきたことは意識的だったんですか?

ユウキ:うん。これは超意識的だった。なんか、CHAIは勘違いされがちなんだよね。変なアイドルとか、クリエイティブ集団だと思われたりするんだよ。

ユナ:そうそう。楽器を演奏できないと思われたり。

ユウキ:私たちは、ミュージックビデオとかで楽器を弾きたくないと思っていて。それよりも踊ったりしたいんだよね(笑)。でも、そうやって作ったミュージックビデオを見た人たちが、CHAIはバンドじゃないって勘違いしちゃったりするんだよ。私たちからしたら、「バンドだけど、踊りたいんだから仕方がないじゃん!」って感じなんだけど。

マナ:ねぇ、CHAIってバンドじゃないように見える?

—いや、僕らはCHAIが優れたバンドだからこそ、初期の頃から追いかけさせてもらっているので、むしろそう思われていると知って意外でした(参考記事:2016年11月掲載 / 初インタビュー記事)。でも、そうやって勘違いしてしまう人たちが出てくるくらい、CHAIの名前が広く認知され始めているということですよね。

マナ:うん。いいことでもあると思う。でも、だからこそ<We are MUSICIAN!>って、今提示しなきゃいけないと思った。

左から:マナ、カナ
左から:マナ、カナ

CHAI“We Are Musician”(Spotifyを開く

—CHAIには「NEOカワイイ」や「コンプレックスはアートなり」という伝えたいメッセージが明確にあると思うんですけど、でもだからこそ、それが音楽よりも先に独り歩きしてしまう状況も、もしかしたらあるのかもしれないですね。

カナ:言葉がわかりやすいから、伝えたいことが先に走ってしまって、音楽は後回しになっちゃうことがあるのかもしれない。インタビューでも、音楽のことを訊かれないときもあるしね。

ユウキ:だから、アイドルみたいに思われちゃうのかもね。でも、私が思うのは、CHAIが言いたいことって、きっと音楽がないと伝わらないよ。

カナ:そうだよね。音楽がないと「説教」になっちゃう。

ユウキ:そうそう。「コンプレックス」って、人によっては拒否したくなるような言葉だと思うから。いきなり言われたら、きっと嫌だよね。でも、音楽があれば伝えられるし、国も超えられる。だから、ミュージシャンでよかったなって思うよ。

Page 1
次へ

リリース情報

CHAI『わがまマニア』
CHAI 『わがまマニア』(CD)

2018年5月9日(水)発売
価格:1,728円(税込)
CHAI-006

1. We Are Musician
2. アイム・ミー
3. フューチャー
4. FAT-MOTTO
5. Center of the FACE!

イベント情報

『Because ウィーアー・CHAIトゥアー ~ワンマンだよ~』

2018年6月22日(金)
会場:大阪府 Music Club JANUS

2018年6月23日(土)
会場:愛知県 名古屋 JAMMIN'

2018年6月29日(金)
会場:宮城県 仙台 LIVE HOUSE enn 2nd

2018年7月1日(日)
会場:北海道 札幌 BESSIE HALL

2018年7月7日(土)
会場:福岡県 DRUM Be-1

2018年7月12日(木)
会場:東京都 恵比寿 LIQUIDROOM

2018年7月14日(土)
会場:東京都 渋谷 CLUB QUATTRO

プロフィール

CHAI
CHAI(ちゃい)

ミラクル双子のマナ・カナに、ユウキとユナの男前な最強のリズム隊で編成された4人組、「NEO - ニュー・エキサイト・オンナバンド」、それがCHAI。誰もがやりたかった音楽を全く無自覚にやってしまった感満載という非常にタチの悪いバンドで、いきなりSpotify UKチャートTOP50にランクイン、2017年SXSW出演と初の全米ツアーも大成功、FUJI ROCK FESTIVAL“ROOKIE A GO GO”超満員を記録など、破天荒な活動を繰り広げる。そして期待値最高潮のなか2017年10月に1stアルバム『PINK』をリリースし、オリコンインディーチャート4位、iTunes Alternativeランキング2位にランクイン。また日本テレビ系『バズリズム02』の「コレはバズるぞ2018」では1位にランクイン、『第10回CDショップ大賞2018』に入賞など、注目度が更に増す中、2月に『PINK』US盤をアメリカの人気インディーレーベルBURGER Recordsよりリリースし、3月にはアメリカ西海岸ツアーと2度目のSXSW出演を大成功に収める!彼女たちに触れた君の21世紀衝撃度No.1は間違いなく『NEOかわいいバンド』、CHAIだよ!

関連チケット情報

2019年6月21日(金)
CHAI
会場:YEBISU YA PRO(岡山県)
2019年6月23日(日)
CHAI
会場:DRUM LOGOS(福岡県)
2019年6月29日(土)
CHAI
会場:STUDIO COAST(東京都)
2019年8月5日(月)
VINTAGE LEAGUE 2019“Summer Addiction”
会場:マイナビBLITZ赤坂(東京都)
2019年8月16日(金)〜8月18日(日)
SUMMER SONIC 2019 OSAKA
会場:舞洲SONIC PARK(舞洲スポーツアイランド)(大阪府)
2019年8月16日(金)〜8月18日(日)
SUMMER SONIC 2019 TOKYO
会場:ZOZO マリンスタジアム&幕張メッセ(千葉県)
2019年9月7日(土)〜9月8日(日)
OTODAMA’18-’19~音泉魂~
会場:泉大津フェニックス(大阪府)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

けもの“ただの夏”

西田修大や石若駿らが参加した、けもの“ただの夏”のMV。日々のよもやまを何となく夏のせいしてみたり、夏ってだけで毎日はどこか特別になってしまうけれど、感傷的な赤い季節の魔力を前に立ち止まってみるのもいいかもしれない。<これはただの夏>のリフレインの合間に歌われる、<好きな人を 好きになってしまう>のラインにハッとした。(山元)

  1. 星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真 1

    星野源&高畑充希がおにぎりを手に見つめ合う、『引っ越し大名!』新写真

  2. 4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店 2

    4万本の薔薇に包まれて食を享受、「喰種レストラン」銀座某所に限定開店

  3. 白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も 3

    白石麻衣が“半額ブギウギ”で踊るソフトバンク新CM スマホ紹介動画も

  4. 志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開 4

    志尊淳が夏帆や伊藤万理華とキス、『潤一』予告編&場面写真が公開

  5. 「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開 5

    「天使」のような南米の連続殺人犯がモデル、『永遠に僕のもの』8月公開

  6. 全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音 6

    全て曝け出したBLUE ENCOUNT 成功を超えたバンドの葛藤と本音

  7. 『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」 7

    『Zipper』1号限りの復活 木村カエラが表紙&巻頭、テーマは「90年代」

  8. ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表 8

    ディアステージとパーフェクトミュージックが経営統合を発表

  9. Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」 9

    Dizzy Sunfistの、夢を貫く力。「仲間に頼れることが強さ」

  10. IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進 10

    IKEA×現代美術作家オラファー・エリアソンがコラボ。太陽光の利用を促進