特集 PR

柳亭小痴楽、瀧川鯉八、神田松之丞が語る、勢い増す古典芸能の魅力

柳亭小痴楽、瀧川鯉八、神田松之丞が語る、勢い増す古典芸能の魅力

『旅成金 ☆ 小痴楽・鯉八・松之丞 九州・近畿・北陸・東海・群馬ツアー2018 夏』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:長谷川健太郎 編集:宮原朋之

「古典芸能は渋くて古いもの」なんて考え方は笑われてしまうくらい、今の落語には勢いがある。熟練のベテラン勢の層の厚さはもちろんだが、30代、40代の若手~中堅勢はそれぞれ独創的なアプローチで落語表現を開拓し、幅広い人気を獲得している。

落語家の格付けでいう「二ツ目」だけで構成されたユニット「成金」のメンバーである柳亭小痴楽と瀧川鯉八は、その代表的なプレイヤーといえるだろう。さらに、同ユニットに参加する神田松之丞は、歴史物を朗々と語り上げる「講談」というジャンルに新風を巻き起こしつつある若手のホープだ。今、落語と講談は、かつてない勢いで成長し、広がりつつある。

柳亭小痴楽、瀧川鯉八、神田松之丞。この3人が組むユニット「旅成金」の全国ツアーが2018年8月1日よりスタートする。都市部の芸能とされる落語・講談の魅力を地方に伝えるこの試みはTwitterを介して伝播し、これまでになかった芸能の潮流を生み出している。同ツアー、九州エリアのオーガナイズに加わる長崎市チトセピアホール館長・出口亮太(前回のインタビュー:地方都市文化の鍵を握るのは公共ホール? 岸野雄一×出口亮太 )を交え、SNSが育む古典芸能の新しい時代を展望する。

旅をそのまま仕事にできたら楽しいし、お金も入るんじゃないか?(松之丞)

—「成金」で検索すると、だいたい「お金持ちになろう!」「成金になれるのはこんな人!」みたいな怪しげなサイトがヒットして、非常に紛らわしいのですが、実際は落語芸術協会に所属する二ツ目の落語家と講談師11人で組んだユニットなんですね。

小痴楽:ほぼ同世代の若い連中で、誰か1人でも真打にあがったら解散だぞ、っていう期間限定ユニットみたいなものですね。

左から:神田松之丞、柳亭小痴楽、瀧川鯉八、出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)
左から:神田松之丞、柳亭小痴楽、瀧川鯉八、出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)

—「旅成金」っていうのは、さらにそのなかにあるユニットですか?

松之丞:名前のとおり、もとはプライベートで旅行に行く3人だったんですよ。気の合う者同士、タイやフィリピンへ遊びに行っていたんですけど、ふと「旅をそのまま仕事にできたら楽しいし、お金も入るんじゃないか?」と思いついてはじめたのがきっかけです。あと、この3人だと古典、新作、講談とバラエティーに富んでいて、ジャンルの被りで食いあうこともない。

小痴楽:ギスギスしない旅なら最高でしょう? まずは飛行機で西に飛んで、新幹線で東に向かいながら1駅ごとに途中下車して公演する、ツアー形式にしちゃおうと。

松之丞:でも、地方在住で落語会を主催してくださるような方が、どこにいるのかわからない。なので、SNSで「誰か主催してくださる人いませんか?」と投げかけたんです。そこで最初に手を挙げてくださったのが、長崎市チトセピアホールの出口館長でした。

神田松之丞
神田松之丞

出口:そのツイートを見たのが2016年の8月16日。そして翌年2017年の2月7日に『千歳公楽座 九州旅成金の会』で来ていただきました。

長崎市チトセピアホール 『千歳公楽座 九州旅成金の会』(2017年2月) / 会場となったのは、ホールのなかではなくロビー。特別に設置した高座で公演が行われた
長崎市チトセピアホール 『千歳公楽座 九州旅成金の会』(2017年2月) / 会場となったのは、ホールのなかではなくロビー。特別に設置した高座で公演が行われた

松之丞:ほとんど馴染みのない土地でしたから、出口さんが手を挙げてくださったのは心強かったですよ。以来、何度もお邪魔させていただいて、今度で4回目。普通、同じ場所に4回も、しかも半年に1回、同じ顔ぶれで行くなんてあり得ないですよね。

出口:長崎は落語の会自体が少ないんです。あったとしても、テレビで顔を見たことのあるような人気噺家をお招きして、ホールで行う大規模なものばかりで、落語の魅力がいちばん伝わる近い距離感の公演は、現実問題不可能だったんです。

だから旅成金のプロジェクトでは、ロビーを会場にしつらえて、小規模な寄席っぽい雰囲気を作ってみたわけです。おかげさまで人気になって、ホール内でないとお客様が収まらなくなっちゃいましたけど(笑)。

出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)
出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)

『千歳公楽座 旅成金 in 長崎』
『千歳公楽座 旅成金 in 長崎』(サイトを見る

生の落語って、映像の100倍、いや1000倍は面白いからね。(小痴楽)

—SNSで呼びかけて、ツアーが実現するっていうのは現代的な現象ですよね。落語家・講談師が発信しているっていうのも面白いのですが、ツイートを最初に目にして、出口さんはどんな風に思いました?

出口:なんか偉そうですみませんが(苦笑)、まずSNSで発信する時点で「信用できるな」って思いました。僕はライブに通い詰める青春期を過ごした人間なので、バンドが各地のオーガナイザーをつないで旅費や経費を折半するかたちで全国ツアーを企画する、っていう慣習をごく当たり前に目にしてきたんですね。

これはインディーシーンでは普通のことですけど、僕の知る限りで落語の人たちでそれをやる人は旅成金以外にありませんでしたから、同世代として強い刺激を受けました。で、そういうことを実現しちゃう人たちならネタも面白いに違いない! とも思ったんです。

松之丞:でも一般的にいって、ネットで知り合ったよくわからない3人を呼ぶとか不安だったでしょう。

神田松之丞
神田松之丞

出口:そこも現代的で、すぐにYouTubeで活動の一部を知ることもできますからね。むしろ、SNSを活用できる人であれば、細かいやりとりもきちんとできるだろうって考えたんです。

出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)
出口亮太(長崎市チトセピアホール館長)

—時代の変化のなかで、表現者のスタンスや発信方法も変わっていますからね。成金や旅成金の活動は、古典芸能の側からのビビッドな反応だなと思います。

小痴楽:でもね、あたしは機械がけっこう苦手なんですよ。だから現代的なつながり方っていうのは個人的にはちょっと無理。なので、旅成金の事務的なことは、松之丞さんと鯉八さんに全部まかっせきり。旅成金に関しては、あたしゃ、金魚のフンです(笑)。明日どこに行くかもわからないんだから!

松之丞:旅の醍醐味ってそういうものでしょ。全部周到に準備するのって気持ち悪いし、1人くらいそういう人がいてもいいんです。

小痴楽:ありがとよ(笑)。まあ、そんな自分なので、YouTubeもちょっと苦手かな。生の落語って、映像の100倍、いや1000倍は面白いからね。

柳亭小痴楽
柳亭小痴楽

Page 1
次へ

イベント情報

『旅成金 ☆ 小痴楽・鯉八・松之丞 九州・近畿・北陸・東海・群馬ツアー2018 夏』

出演:
柳亭小痴楽
瀧川鯉八
神田松之丞

2018年8月1日
会場:長崎 長崎市チトセピアホール

2018年8月2日
会場:佐世保 アルカス SASEBO イベントホール

2018年8月3日
会場:佐賀 願生寺

2018年8月4日
会場:福岡 あじびホール

2018年8月5日
会場:北九州 門司赤煉瓦プレイス 赤煉瓦交流館

2018年8月6日
会場:福井 鯖江公民館

2018年8月7日
会場:大阪 道頓堀 ZAZA HOUSE

2018年8月11日
会場:名古屋 大須演芸場

2018年8月12日
会場:群馬 ながめ余興場

プロフィール

柳亭小痴楽(りゅうていこちらく)

昭和63年生まれ、東京都出身。「旅成金」最年少ながら、芸歴は最も長い。古典落語を得意とする本格派。父も落語家の故・柳亭痴楽。NHK「おはよう日本」、「クローズアップ現代」の特集にも取り上げられる。平成23年 北とぴあ若手落語家競演会 奨励賞受賞。平成27・28年 NHK新人演芸大賞ファイナリスト。

瀧川鯉八(たきがわこいはち)

昭和56年生まれ、鹿児島県出身。新作落語(自作の落語)をメインとする。コムアイ(水曜日のカンパネラ)はじめ、著名人にファンも多く、フジテレビ系「みんなのニュース」の特集にも取り上げられた。平成23年・27年 NHK新人演芸大賞ファイナリスト。平成27年 渋谷らくご大賞受賞。

神田松之丞(かんだまつのじょう)

昭和58年生まれ、東京都出身。「旅成金」唯一の講談師。単独公演で銀座博品館劇場を完売させ、TBS「日立世界ふしぎ発見!」やNHKの「真田丸」関連特番などのTVやラジオなどメディアにも多く出演している。趣味は落語を聴くこと。若くして、連続物といわれる宮本武蔵全17席、慶安太平記全19席などを異例の早さで継承。持ちネタの数は8年で110を超え、講談普及の先頭に立つ活躍をしている。

出口亮太(いでぐち りょうた)

1979年長崎市生まれ。東京学芸大学で博物館学を学び、卒業後は青山・桃林堂画廊の運営、長崎歴史文化博物館の教育普及担当研究員を経て、2015年に若干35歳で長崎市チトセピアホールの館長に就任。これまでに50本あまりの自主事業を実施、先鋭的な企画と自治体予算や助成金に頼らない運営スタイルで注目を集める。2016年にはDOMMUNEにて特集「公共ホールの新たな可能性を探す ~サードプレイスとしての劇場空間」を岸野雄一氏と共同で企画・出演し話題となる。近年では、教育機関や医療機関、地元のNPOとの協働事業も実施しながら、現場での実践をもとにした運営論の講義を全国で行う。また、近隣の公共施設と連携し自主事業を巡回させるネットワークづくりも行っている。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

jizue“grass”Live at Daikanyama UNIT, Tokyo

jizueより、『ビクタージャズ祭り』のライブ映像が公開(CINRA.NETにてレポート記事も掲載中)。撮影を担当したのは、jizueのPVやアーティスト写真、さらにはOvall、Kan Sano、福原美穂などのPVも手掛けるGLOWZ。特に見所は、2:58頃のピアノとドラムだけのミニマルな掛け合いが緊張感もあるなかで続くところから、徐々に熱を上げてエネルギーを溜めていき、4:30あたりで放出させる、そのスリリング且つ気持ちのよい流れ。心のなかに溜め込んだ感情をすべて解放させてくれるかのよう。(矢島)

  1. W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介 1

    W杯を彩る音楽。ロシア大会公式ソングや開会式出演者、中継テーマ曲を紹介

  2. 日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも 2

    日韓アイドル集う『PRODUCE48』放送開始 総選挙控えるHKT宮脇咲良らも

  3. 小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明 3

    小室哲哉作品集に小泉今日子、松田聖子、宮沢りえ、中森明菜ら 全曲判明

  4. 広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役 4

    広末涼子が『LIFE!』初登場 内村光良、中川大志らと共演&ムロと夫婦役

  5. 宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も 5

    宇多田ヒカル『SONGS』『プロフェッショナル』放送決定 又吉直樹と対談も

  6. 『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も 6

    『未来のミライ展』展示構成発表、実際に座れる「黒い新幹線」の座席も

  7. 『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC 7

    『HiGH&LOW』新作スピンオフ、主役は山下健二郎&佐藤寛太&佐藤大樹のDTC

  8. 三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら 8

    三谷幸喜の新作オリジナルミュージカル、キャストに中井貴一、香取慎吾ら

  9. 鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界 9

    鳥居みゆきが接続する、内藤正敏のSF、イタコ、民俗学の写真世界

  10. 名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現 10

    名和晃平がルーヴル美術館ピラミッドに巨大彫刻展示 「空位の玉座」表現