特集 PR

中野雅之が語る、BOOM BOOM SATELLITES終了後も進む音楽観

中野雅之が語る、BOOM BOOM SATELLITES終了後も進む音楽観

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』
インタビュー・テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:中野敬久

BOOM BOOM SATELLITES・中野雅之の初ソロ名義作品『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』を聴いて、心底驚いた。アニメ『PSYCHO-PASS』テーマ曲の「リミックス集」と聞いていたのに、そこには、「リミックス」を超えた創作が施された「中野雅之の音楽作品」があったから。

1990年、BOOM BOOM SATELLITES結成。2016年6月、最後のEPリリース。2016年10月、ボーカル・川島道行逝去。2018年、最後の映像作品リリース。——事実だけを並べると、そういうことになるが、中野が川島とともにBOOM BOOM SATELLITESとしての音楽人生で重ねてきたものは今も続いていて、今作にも、BOOM BOOM SATELLITESにしか持ち得ない音色と技術と感性と知性によるサウンドスケープが表現されている。

中野の新しいスタジオで、インタビューを実施。音楽家としての揺るがない志と、『PSYCHO-PASS』にちなんで、この社会を生きるなかで感じている未来への懸念を聞いた。

川島くんはどんなところに住んでいたんだろう、っていう興味があった。

中野雅之
中野雅之

—CINRA.NETは前のスタジオでも何度かBOOM BOOM SATELLITES(以下、BBS)を取材させてもらっていましたが(参考記事)、2017年6月から、この新しい場所へ移られたんですよね。

中野:そうです。リノベーションして、スタジオと住居を作って。

—今回はどういう理由でこの場所を選ばれたんですか?

中野:ここは、もともと川島くんがすぐ近くに住んでいて。本当に、目と鼻の先なんです。川島くんが亡くなったタイミングで、ここを買い取って、リノベーションしたっていう。ここに住んでみたいなと思って。

—住んでみたい、というのは?

中野:川島くんはどんなところに住んでいたんだろう、っていう興味から。前は川島くんが僕の住んでたところ(自宅兼スタジオ)に通ってたから、その逆パターンというか。そんなに深い意味はないですけど、どんな感じなのかなって。

中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて
中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて
中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて
中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて

—前回の取材(参照記事)からの1年というのは、事実だけを並べると、BBSの最後の作品を出して、バンドとしてのBBSに一区切りをつけて始まった1年と言えるとも思うのですが、中野さんご自身の意識としては、どういう1年でしたか?

中野:今質問されれば、「ああ、あれから1年なんだ」って思うんですけど、新しいことばっかりで、結構がむしゃらにやってきたので、1年という感覚もないくらい慌ただしく時間が過ぎていった感じですね。

プロデュースとか楽曲提供とか、自分の作品じゃないことをやるのがほとんどで、そこには違う責任感があって。そのアーティストのキャリアが正しく積み上がっていくように、という別の緊張感があるんですよね。なんとか今もやっている感じです。

—『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』は「中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)」名義でリリースされるし、内容も「リミックス」の範疇を超えるくらい、中野さんの感性と技術で再構築されている音楽作品だと思うんですけど、これは、「プロデュース・楽曲提供」の意識か、「自分の作品」の意識か、どっちが強いですか?

中野:ああ、半々ですね。もちろんオリジナルの楽曲を作った人の作品であるし、人気アニメーションの作品の楽曲たちではあるので、決して僕のものではないですけど、思いっきりやれた部分は結構ありました。若い頃は、リミックスをやるってなると原曲と勝負している感覚があったんですけど、今はそんな気負いもなく、自分ができそうなアプローチを純粋に音楽的に楽しみながら挑戦するような感じで。

とはいえ、アニメーションのことも、楽曲のことも、アーティストのことも考えてクリアしていかなきゃいけないし、それぞれのファンの人たちが新たに作られた作品を聴いて興奮が蘇ったり、なにかは必ず起きないといけないと思ったから、結構ハードルは高いなと。

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』を聴く(Apple Musicはこちら

—しかも今回もマスタリングまで自分でやられたんですよね。前の取材(参照記事)で、マスタリングは「これが最後にしたいなとは思ってます。本当に大変だったから」とおっしゃっていたのに(笑)。

中野:やむを得ずなんですけど……またなんか上手くいかなくて。結局自分でやってしまったんですけど、難しいんですよ、自分で作ったものを自分でマスタリングするのって。

—でもそれだけ、「この作品はこうあってほしい」という中野さんの意志が強くあったんだろうなって、作品の完成度からも感じました。だからこそ「自分の作品」という意識が中野さん自身でも強いのかな? と思ったんです。「プロデュースワークをやればやるほど、自分の表現をしなければならないと思う」ということも以前話してくれましたけど、その気持ちに変化はありますか?

中野:僕がアーティストとして活動している期間に、ファンというものを育てたところがあるじゃないですか。で、バンドとしての活動が終わったときに、その人たちは置いていかれるわけで。僕がプロデュースとか楽曲提供とかをするなかで、なにか自分が大切にしていたものをつないでいけるかなという期待はあったんですけど、やっぱり、僕の純粋な作品として生み落とすものとは比べものにならないというか。それはそのアーティストの作品であり、僕は基本的に裏方として徹するわけですから。

だから、育ててきたファンはないがしろにされているようなところが、どうしてもあるんじゃないかと思って。そういう気持ちもあって、Tシャツとかパーカーを作ったりしているんですけど(笑)。音楽を作るのは、すごく時間がかかるので。

—そういう意味でいうと、今作はBBSのファンに対して大きいプレゼントであると言えそうですよね。

中野:聴いてほしいな、という気持ちはもちろんあります。そうは言っても、原曲とか、作った当の本人へのリスペクトはある状態で作っているつもりですし。……でも、そうですね、「僕の作品を聴きたい」という気持ちを100%満たせるかって言われたらそうじゃないけど、僕が手を動かして、僕の感性で作った部分はかなり多いです。

中野雅之
Page 1
次へ

リリース情報

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』初回生産限定盤
中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』初回生産限定盤(CD+Blu-ray)

2019年4月3日(水)発売
価格:5,184円(税込)
SRCL-11073~11074
※ 描き下ろしイラスト三方背ジャケット
本編映像を使用した、Special Music Video3本を収録
ティザービジュアル原画を使用した特製ポストカード、場面写真などで構成されたピクチャーブックレット付

[CD]
1 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
2 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
3 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
4 Who What Who What/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
5 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
6 Out of Control/Nothing’s Carved In Stone-Remixed by Masayuki Nakano
7 Enigmatic Feeling/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano Extra track PSYCHO-PASS SS ver.
8 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS OP ver.
9 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.1 ED ver.
10 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.2 ED ver.
11 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.3 ED ver.

[Blu-ray]
「PSYCHO-PASS Sinners of the System Special Music Video チャプタ‐1~3」
1 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano 
2 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
3 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
4「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 」オープニングノンクレジット
5「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」オープニングノンクレジット
6「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__」オープニングノンクレジット
7「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」 予告編
8「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 」スポット
9「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」スポット
10「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__」予告編

  • Apple Musicで聴く
  • 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』通常盤
    中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
    『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』通常盤(CD)

    2019年4月3日(水)発売
    価格:3,132円(税込)
    SRCL-11075
    ※ 描き下ろしイラストの原画を使用したワイドキャップステッカー付

    1 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
    2 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
    3 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
    4 Who What Who What/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
    5 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
    6 Out of Control/Nothing’s Carved In Stone-Remixed by Masayuki Nakano
    7 Enigmatic Feeling/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano Extra track PSYCHO-PASS SS ver.
    8 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS OP ver.
    9 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.1 ED ver.
    10 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.2 ED ver.
    11 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.3 ED ver.

    プロフィール

    名前
    中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)(なかの まさゆき(ぶん ぶん さてらいつ)

    1997年ヨーロッパでデビューした中野雅之、川島道行からなるロックユニット。エレクトロニックとロックの要素を取り入れながら新しい未知の音楽を創造し続ける日本屈指のクリエイター。ヨーロッパでリリースされた12インチシングルをきっかけに、UK音楽誌『Melody Maker』は「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃!」と報じたことをはじめ、多くのメディアに大絶賛される。2016年6月にBOOM BOOM SATELLITESとして最後の音源となる『LAY YOUR HANDS ON ME』を発表。同年10月に川島道行が逝去し、活動停止となる。翌年2017年6月に川島不在の中、ラストライブ『FRONT CHAPTER-THE FINAL SESSIONーLAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE』を敢行。「奇跡のラストセッション」を実現させBOOM BOOM SATELLITES20年間の活動に幕を下ろした。BOOM BOOM SATELLITESの活動停止後、プロデュース、コンポーズ、アレンジ活動を本格的に開始させる。中野ミュージックを立ち上げ、様々なアーティストのプロデュース、アレンジ手がける。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

    ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

    1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

      荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

    2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

      あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

    3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

      曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

    4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

      山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

    5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

      『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

    6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

      星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

    7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

      のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

    8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

      表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

    9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

      シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

    10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

      『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される