特集 PR

中野雅之が語る、BOOM BOOM SATELLITES終了後も進む音楽観

中野雅之が語る、BOOM BOOM SATELLITES終了後も進む音楽観

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』
インタビュー・テキスト・編集
矢島由佳子(CINRA.NET編集部)
撮影:中野敬久

BOOM BOOM SATELLITES・中野雅之の初ソロ名義作品『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』を聴いて、心底驚いた。アニメ『PSYCHO-PASS』テーマ曲の「リミックス集」と聞いていたのに、そこには、「リミックス」を超えた創作が施された「中野雅之の音楽作品」があったから。

1990年、BOOM BOOM SATELLITES結成。2016年6月、最後のEPリリース。2016年10月、ボーカル・川島道行逝去。2018年、最後の映像作品リリース。——事実だけを並べると、そういうことになるが、中野が川島とともにBOOM BOOM SATELLITESとしての音楽人生で重ねてきたものは今も続いていて、今作にも、BOOM BOOM SATELLITESにしか持ち得ない音色と技術と感性と知性によるサウンドスケープが表現されている。

中野の新しいスタジオで、インタビューを実施。音楽家としての揺るがない志と、『PSYCHO-PASS』にちなんで、この社会を生きるなかで感じている未来への懸念を聞いた。

川島くんはどんなところに住んでいたんだろう、っていう興味があった。

中野雅之
中野雅之

—CINRA.NETは前のスタジオでも何度かBOOM BOOM SATELLITES(以下、BBS)を取材させてもらっていましたが(参考記事)、2017年6月から、この新しい場所へ移られたんですよね。

中野:そうです。リノベーションして、スタジオと住居を作って。

—今回はどういう理由でこの場所を選ばれたんですか?

中野:ここは、もともと川島くんがすぐ近くに住んでいて。本当に、目と鼻の先なんです。川島くんが亡くなったタイミングで、ここを買い取って、リノベーションしたっていう。ここに住んでみたいなと思って。

—住んでみたい、というのは?

中野:川島くんはどんなところに住んでいたんだろう、っていう興味から。前は川島くんが僕の住んでたところ(自宅兼スタジオ)に通ってたから、その逆パターンというか。そんなに深い意味はないですけど、どんな感じなのかなって。

中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて
中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて
中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて
中野雅之(BOOM BOOM SATELLLITES)のプライベートスタジオにて

—前回の取材(参照記事)からの1年というのは、事実だけを並べると、BBSの最後の作品を出して、バンドとしてのBBSに一区切りをつけて始まった1年と言えるとも思うのですが、中野さんご自身の意識としては、どういう1年でしたか?

中野:今質問されれば、「ああ、あれから1年なんだ」って思うんですけど、新しいことばっかりで、結構がむしゃらにやってきたので、1年という感覚もないくらい慌ただしく時間が過ぎていった感じですね。

プロデュースとか楽曲提供とか、自分の作品じゃないことをやるのがほとんどで、そこには違う責任感があって。そのアーティストのキャリアが正しく積み上がっていくように、という別の緊張感があるんですよね。なんとか今もやっている感じです。

—『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』は「中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)」名義でリリースされるし、内容も「リミックス」の範疇を超えるくらい、中野さんの感性と技術で再構築されている音楽作品だと思うんですけど、これは、「プロデュース・楽曲提供」の意識か、「自分の作品」の意識か、どっちが強いですか?

中野:ああ、半々ですね。もちろんオリジナルの楽曲を作った人の作品であるし、人気アニメーションの作品の楽曲たちではあるので、決して僕のものではないですけど、思いっきりやれた部分は結構ありました。若い頃は、リミックスをやるってなると原曲と勝負している感覚があったんですけど、今はそんな気負いもなく、自分ができそうなアプローチを純粋に音楽的に楽しみながら挑戦するような感じで。

とはいえ、アニメーションのことも、楽曲のことも、アーティストのことも考えてクリアしていかなきゃいけないし、それぞれのファンの人たちが新たに作られた作品を聴いて興奮が蘇ったり、なにかは必ず起きないといけないと思ったから、結構ハードルは高いなと。

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』を聴く(Apple Musicはこちら

—しかも今回もマスタリングまで自分でやられたんですよね。前の取材(参照記事)で、マスタリングは「これが最後にしたいなとは思ってます。本当に大変だったから」とおっしゃっていたのに(笑)。

中野:やむを得ずなんですけど……またなんか上手くいかなくて。結局自分でやってしまったんですけど、難しいんですよ、自分で作ったものを自分でマスタリングするのって。

—でもそれだけ、「この作品はこうあってほしい」という中野さんの意志が強くあったんだろうなって、作品の完成度からも感じました。だからこそ「自分の作品」という意識が中野さん自身でも強いのかな? と思ったんです。「プロデュースワークをやればやるほど、自分の表現をしなければならないと思う」ということも以前話してくれましたけど、その気持ちに変化はありますか?

中野:僕がアーティストとして活動している期間に、ファンというものを育てたところがあるじゃないですか。で、バンドとしての活動が終わったときに、その人たちは置いていかれるわけで。僕がプロデュースとか楽曲提供とかをするなかで、なにか自分が大切にしていたものをつないでいけるかなという期待はあったんですけど、やっぱり、僕の純粋な作品として生み落とすものとは比べものにならないというか。それはそのアーティストの作品であり、僕は基本的に裏方として徹するわけですから。

だから、育ててきたファンはないがしろにされているようなところが、どうしてもあるんじゃないかと思って。そういう気持ちもあって、Tシャツとかパーカーを作ったりしているんですけど(笑)。音楽を作るのは、すごく時間がかかるので。

—そういう意味でいうと、今作はBBSのファンに対して大きいプレゼントであると言えそうですよね。

中野:聴いてほしいな、という気持ちはもちろんあります。そうは言っても、原曲とか、作った当の本人へのリスペクトはある状態で作っているつもりですし。……でも、そうですね、「僕の作品を聴きたい」という気持ちを100%満たせるかって言われたらそうじゃないけど、僕が手を動かして、僕の感性で作った部分はかなり多いです。

中野雅之
Page 1
次へ

リリース情報

中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』初回生産限定盤
中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』初回生産限定盤(CD+Blu-ray)

2019年4月3日(水)発売
価格:5,184円(税込)
SRCL-11073~11074
※ 描き下ろしイラスト三方背ジャケット
本編映像を使用した、Special Music Video3本を収録
ティザービジュアル原画を使用した特製ポストカード、場面写真などで構成されたピクチャーブックレット付

[CD]
1 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
2 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
3 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
4 Who What Who What/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
5 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
6 Out of Control/Nothing’s Carved In Stone-Remixed by Masayuki Nakano
7 Enigmatic Feeling/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano Extra track PSYCHO-PASS SS ver.
8 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS OP ver.
9 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.1 ED ver.
10 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.2 ED ver.
11 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.3 ED ver.

[Blu-ray]
「PSYCHO-PASS Sinners of the System Special Music Video チャプタ‐1~3」
1 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano 
2 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
3 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
4「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 」オープニングノンクレジット
5「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」オープニングノンクレジット
6「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__」オープニングノンクレジット
7「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System」 予告編
8「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰 」スポット
9「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.2 First Guardian」スポット
10「PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.3 恩讐の彼方に__」予告編

  • Apple Musicで聴く
  • 中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』通常盤
    中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)
    『PSYCHO-PASS Sinners of the System Theme songs+ Dedicated by MASAYUKI NAKANO』通常盤(CD)

    2019年4月3日(水)発売
    価格:3,132円(税込)
    SRCL-11075
    ※ 描き下ろしイラストの原画を使用したワイドキャップステッカー付

    1 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
    2 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
    3 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
    4 Who What Who What/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano
    5 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano
    6 Out of Control/Nothing’s Carved In Stone-Remixed by Masayuki Nakano
    7 Enigmatic Feeling/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano Extra track PSYCHO-PASS SS ver.
    8 abnormalize/凛として時雨-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS OP ver.
    9 Fallen/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.1 ED ver.
    10 All Alone With You/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.2 ED ver.
    11 名前のない怪物/EGOIST-Remixed by Masayuki Nakano PSYCHO-PASS SS Case.3 ED ver.

    プロフィール

    名前
    中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)(なかの まさゆき(ぶん ぶん さてらいつ)

    1997年ヨーロッパでデビューした中野雅之、川島道行からなるロックユニット。エレクトロニックとロックの要素を取り入れながら新しい未知の音楽を創造し続ける日本屈指のクリエイター。ヨーロッパでリリースされた12インチシングルをきっかけに、UK音楽誌『Melody Maker』は「ケミカル・ブラザーズ、プロディジー以来の衝撃!」と報じたことをはじめ、多くのメディアに大絶賛される。2016年6月にBOOM BOOM SATELLITESとして最後の音源となる『LAY YOUR HANDS ON ME』を発表。同年10月に川島道行が逝去し、活動停止となる。翌年2017年6月に川島不在の中、ラストライブ『FRONT CHAPTER-THE FINAL SESSIONーLAY YOUR HANDS ON ME SPECIAL LIVE』を敢行。「奇跡のラストセッション」を実現させBOOM BOOM SATELLITES20年間の活動に幕を下ろした。BOOM BOOM SATELLITESの活動停止後、プロデュース、コンポーズ、アレンジ活動を本格的に開始させる。中野ミュージックを立ち上げ、様々なアーティストのプロデュース、アレンジ手がける。

    SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    突然少年“火ヲ灯ス”

    教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

    1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

      『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

    2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

      ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

    3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

      『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

    4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

      Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

    5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

      椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

    6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

      光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

    7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

      『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

    8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

      王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

    9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

      福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

    10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

      tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ