特集 PR

高山明が抱く作家の使命。思考が硬化する時代の中でいかに乱すか

高山明が抱く作家の使命。思考が硬化する時代の中でいかに乱すか

金沢21世紀美術館『現在地:未来の地図を描くために』展
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:奥祐司 編集:宮原朋之、中田光貴(CINRA.NET編集部)

あなたが「アート」という言葉から思い浮かべるのはどんなイメージだろうか? ひと昔前であれば、絵画や彫刻といった古くからある美術品のかたちだったかもしれないが、おそらく現在では、思い浮かべる人の数だけ、アートの種類も多様であるはずだ。写真、工芸、インスタレーション、パフォーマンス……。時代が多様性への許容を求めるように、アートも多様に拡張していく。

そんな現在を踏まえ、金沢21世紀美術館で始まったのが『現在地:未来の地図を描くために』展だ。同館の15年の歩みを振り返りつつ、アートのいる現在地を示そうとする同展において、ひときわ異彩を放つのが高山明 / Port Bの『マクドナルドラジオ大学』だ。美術館内のオープンスペースには、あのマクドナルドそっくりのカフェスペースがあり、店員が商品を販売している。しかしそこで売られているのはハンバーガーやポテトではない。買えるのは、ヨーロッパにたどり着いた難民や、東京で生きる中国残留孤児らが教えるラジオ講座である。

この奇妙な作品を、高山は「演劇」であると強く言う。では、彼が考える演劇とはどのようなものだろうか? 今話題の『あいちトリエンナーレ2019』に参加し、同芸術祭を巡る表現の自由の議論や、政治団体による脅迫の対策にも関わる彼に話を聞いた。

検閲って悪いものを作るだけじゃなくて、よいものを作るために必要になることもある。

―金沢21世紀美術館にはさまざまなコレクションが収蔵されていますが、高山さんの『マクドナルドラジオ大学』のような演劇作品が購入されるのはかなり稀なことだと思います。

高山:そうかもしれません。この作品はドイツのフランクフルト市でのプロジェクトから始まったもので、移民や難民と呼ばれる人たちが放送大学の「教授」となって、観客にそれぞれの生存のための技術や知をラジオ越しに伝えるというものです。その舞台として選んだのが、人々が日常的に使っているマクドナルド。マクドナルドが教室になる、という感じです。

高山明(たかやま あきら)<br>1969年生まれ。2002年、演劇ユニットPort B(ポルト・ビー)を結成。実際の都市を使ったインスタレーション、ツアーパフォーマンス、社会実験プロジェクトなど、現実の都市や社会に介入する活動を世界各地で展開している。近年では、美術、観光、文学、建築、都市リサーチといった異分野とのコラボレーションに活動の領域を拡げ、演劇的発想・思考によって様々なジャンルでの可能性の開拓に取り組んでいる。
高山明(たかやま あきら)
1969年生まれ。2002年、演劇ユニットPort B(ポルト・ビー)を結成。実際の都市を使ったインスタレーション、ツアーパフォーマンス、社会実験プロジェクトなど、現実の都市や社会に介入する活動を世界各地で展開している。近年では、美術、観光、文学、建築、都市リサーチといった異分野とのコラボレーションに活動の領域を拡げ、演劇的発想・思考によって様々なジャンルでの可能性の開拓に取り組んでいる。

―今日、そのお披露目がありましたが金沢にまつわる3つの新作が加わっています。そのうちの1本、小坂保行さんのエピソードがとても面白かったです。どこでスカウトしてきたのですか?

高山:金沢はフィリピンの人が多いこともあって、初めはこの街に住む外国の人を探していたんです。スカウトの田中沙季さんという方が教会前で待ち伏せしていたなかで出会ったのが、『ビッグイシュー』(ホームレス自立支援のために作られた雑誌。路上生活する人たち自ら同誌を販売し、自立を目指す)を売りにやって来た小坂さんでした。

―小坂さん、『ビッグイシュー』を売っているだけでなく、個人でZINEも作っているそうですから、編集者みたいですよね。

高山:作っている本も相当にユニークなんです。流行とか関係なく、思いつきだけで作る「自家中毒」みたいな本作りを大事にしたいと小坂さんは授業で言っていて。僕は大学院(東京藝術大学映像研究科)で学生に教えていますから、彼の話を学生に聞かせたかった。

学生の中には、技術はありますけど、このぐらいの基準があってこの辺のラインに合わせれば、よい作品が作れると無意識に思っている人もいる。それとはまったく逆で、小坂さんは初期衝動だけがすべてみたいな作り方を選びつつ、しかし僕らにとっても「なるほど」と共有できるテーマを選んでいる。彼自身が作った独自の論理があって、そこに感動するんです。

―マニュアル化されないクリエイティビティがある。

高山:例えば「演劇」みたいな共通の基盤に乗っかって、その基準に合わせた「忖度」みたいな作品づくりを僕らはけっこうやってしまいがち。そこには「検閲」に似た構造があります。ただ、そうした検閲に似た視点があることによって、逆に自分の価値観を超えた価値観やよいものを作れることもある。つまり、検閲って悪いものを作るだけじゃなくて、よいものを作るために必要になることもあると思うんです。

そもそも、人が学んでいくプロセス自体を、僕はある種の「検閲」だと思っていますから。自分のなかに自分よりもっとよい価値観を入れて、自分を否定していかないとよいものは作っていけない。だから、よい面と悪い面が同居しちゃっている検閲ってあらゆる物事において根深いものだと思うんです。

これは宗教も同様で、「神様が見ているから自分は悪いことはしない」っていうのは、自分への検閲。でもそれは悪い行いを正すことでもあるから、宗教では肯定される。このようにあらゆる場所で、暴力を含めたある種の力と検閲は結びついているわけです。ちょっとうまく言えないんだけれど、小坂さんの雑誌の作り方って、そこにも非常に批評的に絡んでいると思うんです。

Page 1
次へ

美術館情報

金沢21世紀美術館
『開館15周年記念 現在地:未来の地図を描くために』

会期

現在地[1]
2019年9月14日(土)~12月19日(木)

現在地[2]
2019年10月12日(土)~2020年4月12日(日)

※会期中に展示替えあり
前期:2019年10月12日(土)~12月19日(木)
後期:2020年2月4日(火)~4月12日(日)

プロフィール

高山明(たかやま あきら)

1969年生まれ。2002年、演劇ユニットPort B(ポルト・ビー)を結成。実際の都市を使ったインスタレーション、ツアー・パフォーマンス、社会実験プロジェクトなど、現実の都市や社会に介入する活動を世界各地で展開している。近年では、美術、観光、文学、建築、都市リサーチといった異分野とのコラボレーションに活動の領域を拡げ、演劇的発想・思考によって様々なジャンルでの可能性の開拓に取り組んでいる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

  1. 金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」 1

    金ローで『IT/イット』1作目が地上波初放送。R15+の「ファミリー映画」

  2. WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ 2

    WANIMAが歌う「綺麗じゃなくてもいい」。傷も曝け出して前へ

  3. 堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』 3

    堤幸彦監督×佐藤二朗主演のドラマ『翔べ!工業高校マーチングバンド部』

  4. 『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く 4

    『縄文族 JOMON TRIBE2』展が開催 タトゥーから人類史を読み解く

  5. 有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送 5

    有村架純&浜辺美波が姉妹役、いきものがかり楽曲提供 JA共済の新CM放送

  6. 舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開 6

    舞台『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨、我妻善逸、冨岡義勇、珠世らのビジュアル公開

  7. 小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす 7

    小沢健二が『SONGS』に登場、焼き鳥屋で率直な思いを明かす

  8. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 8

    ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

  9. 玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真 9

    玉城ティナが制服姿&橋本マナミが見下す表情 映画『地獄少女』場面写真

  10. 大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催 10

    大西晃生、たなかかなめ、カワムラシュウイチの展覧会『孤独と連帯』開催