特集 PR

Licaxxxとなみちえが『ヨコトリ』を通して向き合う「毒的」なもの

Licaxxxとなみちえが『ヨコトリ』を通して向き合う「毒的」なもの

『ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOWー光の破片をつかまえる」』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:八田政玄 編集:川浦慧(CINRA.NET編集部)

人は、「毒」的なるものとどのように付き合ってきたのか? 困難な状況や偏見・差別と対峙したとき、それを打破する術をいかに「独学」で獲得するのか? 既成概念に縛られない「発光」するような生を送るには、何が必要なのか? 7月17日に開幕した『ヨコハマトリエンナーレ2020』は、そんな、現代を生きるヒントが詰まった国際展だ。

インドのアーティスト集団「ラクス・メディア・コレクティヴ」をアーティスティック・ディレクターに迎えた本展では、ひとつのテーマを設けることなく、思考の出発点となる「ソース」と称する資料を出品作家と共有。そこから導かれた「独学」「発光」「ケア」「友情」「毒」という5つのキーワードに呼応した、65組 / 67名の作品が並んだ。

今回は本展を、言葉の多義性を駆使したリリックが魅力のラップや、着ぐるみを用いた美術作品の制作で注目される着ぐるみクリエイター / ラッパーのなみちえさん、ラジオパーソナリティーやエディターなど多彩な活動で知られ、社会問題にも積極的な発信を続けているDJのLicaxxxさんの2人に鑑賞してもらった。他者にまったく媚びることなく、自らの歩みを切り拓いてきた両者は、この展覧会の体験を通してどのような言葉を紡ぐのか?

(メイン画像:ニック・ケイヴ 『回転する森』 2016(2020年再制作)©Nick Cave)

「毒にも薬にもならないものが一番つまらないと思います」(Licaxxx)

左:なみちえ<br>1997年生まれ、東京芸大卒。ラッパー / 着ぐるみ作家 / 美術家。ソロ活動の他、グローバルシャイやTAMURAKINGでも表現をしている。その表現は単純に二分化されている知覚にグラデーションを起こすための装置である。<br>右:Licaxxx(りかっくす)<br>東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー。2016年に出演したBOILER ROOM TOKYOのYoutube再生回数が約50万回再生を記録。DJとして国内外のビッグフェスやクラブに出演する他、世界各国のラジオにDJMIXを提供しメゾンブランドのコレクションやCM等、幅広い分野への楽曲提供を行う。世界中のDJとの交流の場を目指しているビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。
左:なみちえ
1997年生まれ、東京芸大卒。ラッパー / 着ぐるみ作家 / 美術家。ソロ活動の他、グローバルシャイやTAMURAKINGでも表現をしている。その表現は単純に二分化されている知覚にグラデーションを起こすための装置である。
右:Licaxxx(りかっくす)
東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー。2016年に出演したBOILER ROOM TOKYOのYoutube再生回数が約50万回再生を記録。DJとして国内外のビッグフェスやクラブに出演する他、世界各国のラジオにDJMIXを提供しメゾンブランドのコレクションやCM等、幅広い分野への楽曲提供を行う。世界中のDJとの交流の場を目指しているビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。

会場は、横浜美術館と、そこから徒歩7分のプロット48。従来、ゲストとともに展覧会をまわるこの手の取材では、作品を順に回りながら、その場でゲストの話を聞いてきた。

しかし、今回のコロナ禍だ。感染防止の観点から、まずは2会場をそれぞれ鑑賞。その後、部屋に移って話を聞いた。会場の至るところには手の消毒液。多くの芸術祭が中止や延期に追い込まれるなか、この渦中で開催に漕ぎ着けた、関係者の切なる思いが感じられた。

会場で、鑑賞者の多くがまず目を引かれるであろう作品が、横浜美術館の巨大なエントランスを占めるニック・ケイヴの『回転する森』だ。天井から吊るされているのは、アメリカの家庭で使われる装飾品「ガーデン・スピナー」。

一見、キラキラと楽しげだが、回転するオブジェの中心に目をやると、ピースマークなどに紛れて銃や弾丸の形状も見え、印象が変わる。銃問題や暴力という暗部を潜ませながら、それでも輝かしさを誇るアメリカ社会への皮肉なのか。あるいは、そんな暗さを抱えながらも、輝きを忘れない世界への賛歌なのか。

ニック・ケイヴ 『回転する森』 2016(2020年再制作)©Nick Cave を鑑賞中
ニック・ケイヴ 『回転する森』 2016(2020年再制作)©Nick Cave を鑑賞中

「めちゃくちゃインスタ映えしそうな作品なのに、近寄るとメッセージが強い。溶け込ませ方が上手いな、と。こういういろんな側面がある作品はいいですね」とLicaxxxさん。

社会に潜在するリスク。ときに誰かを傷つけてしまう可能性のある力を持ったもの。そうしたものを一種の「毒」と呼んでいいならば、人間、とくにゲストの2人のような表現者にとって、その存在はどういうものなのか。会場には、そんな問いに連なる作品も多い。

そこで思い出されたのが、Licaxxxさんが以前、自身の中心的な活動拠点であるクラブにこびりついた「危険な場所」というイメージに対して、「そのステレオタイプは完全になくならなくていい。クラブは公園でも学校でもない」と語っていたことだ(参考記事:Licaxxxと、音楽と、「リラックス」の関係。境界を壊すDJの音楽観)。

Licaxxx:やっぱり気持ちのいいことばかりだと、創作の意欲も沸かないと思う。いわゆる平和ボケの状態。

ある種の制限とか、環境とか、みんな、それぞれ何かを抱えていて、それに対する思いから強い作品が生まれるということはある。その意味で、あるときには毒的な部分は必要だし、毒にも薬にもならないものが一番つまらないと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『ヨコハマトリエンナーレ2020「AFTERGLOW―光の破片をつかまえる」』

2020年7月17日(金)~10月11日(日)
会場:神奈川県 みなとみらい 横浜美術館、プロット48、日本郵船歴史博物館
時間:10:00~18:00(金、土曜、10月11日は20:00まで、10月2日、10月3日、10月8日~10月10日は21:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休場日:木曜(10月8日は開場)
チケット:日時指定予約制。料金など詳細は下記をご覧ください

プロフィール

Licaxxx(りかっくす)

東京を拠点に活動するDJ、ビートメイカー、編集者、ラジオパーソナリティ。2010年にDJをスタート。マシーンテクノ / ハウスを基調にしながら、ユースカルチャーの影響を感じさせるテンションを操る。2016年に『Boiler Room Tokyo』に出演した際の動画は40万回近く再生されており、『Fuji Rock Festival』など日本国内の大型音楽フェスや、『CIRCOLOCO』などヨーロッパを代表するイベントにも多数出演。日本国内ではPeggy Gou、Randomer、Mall Grab、DJ HAUS、Anthony Naples、Max Greaf、Lapaluxらの来日をサポートし、共演している。さらに、NTS RadioやRince Franceなどのローカルなラジオにミックスを提供するなど幅広い活動を行っている。ビデオストリームラジオ「Tokyo Community Radio」の主宰。若い才能に焦点を当て、日本のローカルDJのレギュラー放送に加え、東京を訪れた世界中のローカルDJとの交流の場を目指している。

なみちえ

1997年生まれ、東京芸術大学先端芸術表現科卒。在学時に平山郁夫賞、買い上げ賞を受賞。ラッパー/着ぐるみ作家/美術家。文藝 2019年冬季号に寄稿したりクローズアップ現代+に出演するなど多岐にわたり活動を行なっている。ソロ活動の他、バンド:グローバルシャイやクリエイティブユニットTAMURAKINGでも表現をしている。その表現は単純に二分化されている知覚にグラデーションを起こすための装置である。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持 1

    Ken Yokoyama、個の力強さが問われる時代に示す音楽家の矜持

  2. 三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開 2

    三浦春馬が日本の未来を切り開いた五代友厚役 映画『天外者』12月公開

  3. 相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も 3

    相葉雅紀と松本潤が新聞の見開き広告で向かい合う オリジナル壁紙も

  4. 『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介 4

    『保健教師アン・ウニョン』Netflixで配信。キャストや見どころ紹介

  5. STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に 5

    STUTSがマイクをとる 数々の音楽家から受けた刺激と経験を武器に

  6. 機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200 6

    機材で聴くヒップホップ。90年代の音を支えたSP-1200

  7. 伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開 7

    伊藤万理華が主演、青春SF映画『サマーフィルムにのって』2021年公開

  8. MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開 8

    MONOEYES、新アルバム『Between the Black and Gray』本日リリース&PV公開

  9. 安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔 9

    安斉かれんというアーティスト。『M』で注目された21歳の真の顔

  10. Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会 10

    Dos Monosからの挑戦状に、自由な発想で表現。リミックス座談会