特集 PR

売野機子が語るエリック・ロメール。自分の気持ちに素直な自由さ

売野機子が語るエリック・ロメール。自分の気持ちに素直な自由さ

ザ・シネマメンバーズ
インタビュー・テキスト
羽佐田瑶子
撮影:前田立 編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)

恋愛に価値を置く、とも言われるフランス人。フランス映画でも必ずといっていいほど恋愛が描かれ、これ以上ないほどロマンチックだった2人が突如道端で泣き怒り喧嘩をするなど、色彩豊かな映像とともに繊細な感情を表出させた恋愛模様が描かれる作品が多くあります。

「人生や哲学を描こうとすると、自然と恋愛の話が組み込まれてしまう」と語るのは、漫画家の売野機子さん。自身も、恋愛を扱った漫画を描かれていますが、それは自然発生的なことだと話します。売野さんは過去にフランス語を5年以上学び、フランス人の価値観や文化、すべてに恋をしている熱烈なフランスラバー。古典作品やミニシアター系など幅広い作品を配信するストリーミングサービス『ザ・シネマメンバーズ』が巨匠エリック・ロメールを特集するにあたって、フランス映画の魅力をたっぷりと伺いました。「恋愛映画」と一括りにしてはもったいない。人間の機微がつぶさに描かれる美しい作品たちを、もう一度見つめ直す機会になりました。

日本に住みながらフランス成分を少しでも摂取したい。辛いときは、Googleストリートビューでフランスを見ます

―売野さんがそもそもフランスをお好きになったきっかけは、どういった理由だったのでしょうか?

売野:昔は私も、多くの日本人と同じように、フランス映画は漠然としていて終わり方もふわっとしていると思っていました。その価値観が変わったきっかけは、フランス語を学んだこと。私が幼少期に日本の教育や生活に馴染めず苦労したので、自分の子どもは日本以外で育てるつもりで移住できる国を探していたんです。

その中で、唯一移住できそうだった国がフランス。フランスなら私のような職業でもビジタービザで住めることがわかって、「今からフランス語か……」と躊躇しましたが、腹を決めて語学学校に通い始めました。ただ、あくまでもフランス語は移住するための手段であって、フランスのことをなにも知らなかった。

ですが、そのフランス語学校で、完全に恋に落ちました。5年ほど真面目に通って勉強をしていく過程で、フランス人の価値観や文化など、すべてひっくるめて好きになってしまったんです。

売野機子(うりの きこ)<br>漫画家。東京都出身。乙女座、O型。2009年「楽園 Le Paradis」(白泉社)にて、『薔薇だって書けるよ』『日曜日に自殺』の2作品で同時掲載デビュー。『薔薇だって書けるよ―売野機子作品集』(白泉社)、『ロンリープラネット』(講談社)、『MAMA』全6巻(新潮社)、『かんぺきな街』(新書館)、『売野機子のハート・ビート』(祥伝社)、『ルポルタージュ』(幻冬舎)ほか、著書多数。
売野機子(うりの きこ)
漫画家。東京都出身。乙女座、O型。2009年「楽園 Le Paradis」(白泉社)にて、『薔薇だって書けるよ』『日曜日に自殺』の2作品で同時掲載デビュー。『薔薇だって書けるよ―売野機子作品集』(白泉社)、『ロンリープラネット』(講談社)、『MAMA』全6巻(新潮社)、『かんぺきな街』(新書館)、『売野機子のハート・ビート』(祥伝社)、『ルポルタージュ』(幻冬舎)ほか、著書多数。

―入りは前向きではなかったのに、どんどんフランスの虜になっていったんですね。

売野:フランスに夢中でしたね。日本に住みながらフランス成分を少しでも摂取するために、フランス映画を観たり、本を読んだり、フランス料理を作ったり。本当に辛いときは、最終手段として現地のバスの時刻表やGoogleのストリートビューでフランスの街を見ることもあります(笑)。

―それは、相当ぞっこんですね(笑)。売野さんが惹かれたフランスの価値観や文化というのは具体的にどういったところなんでしょうか?

売野:私が好きなフランス人の性質は、そのひと懐っこさです。そこに居合わせただけの人が、ぐいぐいと人生に関わってくる。たとえば、娘と2人でフランス旅行をしていると、こちらがフランス語を喋れるとわかれば道端でもガンガン話しかけられる。さまざまな人がお節介をしてきます。

動物園に行けば、突然後ろから警備員の人が走ってきて「正規のルートじゃなくて、鳥のコーナーから回ったほうがいい。途中にコウモリの小屋がある。子どもは絶対にそっちのほうが驚くから」ってわざわざ耳打ちしたり。レストランへの道に迷って、歩いていた女性に尋ねたら、「その店は高すぎる、もっと安くて美味しい店がある」と別の店に誘導されたり。服を買うときにも、聞いてもいないのに店員さんは平気で「その色は似合わない!」と叫んで別の色を持ってきました。

売野機子

―知らない人だろうと、伝えたいことがあるならば他人でも身内でも関係ないんでしょうね。

売野:しゃべることが好きですよね。他人に話しかける権利があると誰もが思っているし、勿論それに対し反論する権利もある。それは相手を個人として認めていることの証左だと思っています。この議論の文化が、自分には合っていました。日本だとルールが絶対で、理不尽なことに対して訴えても、ルールに則っていなければ基本的は認めてもらえないですよね。でも、フランスはいい意味でも悪い意味でも話し合いが通用する。自分の意見をはっきりと伝えれば、それがたとえルールから外れていても「たしかにそうだね」と言ってすんなり認めてもらえることがよくあります。

身近なことでも、たとえば飛行機の座席の裏で誰かが大声で喋り始めたら「私は眠りたいよ」と伝えるだけでサッと解散してくれる。「ここは静かにしなきゃいけない場所です」とルールで説明しても伝わりません。本来人間とはこうあるべきなんじゃないかというコミュニケーションがとれるように思います。

―レギュレーションではなく、そのときの相手の状況や気持ちに即して対応することが求められているんですね。

売野:悪い側面としては、各々の機嫌で決まることでしょうか。どれだけ自分が悪くても、イライラしていれば負けを認めませんし、ひどい言葉を吐きます。早くバカンスに行きたい先生がすぐに授業を終わらせたり、郵便局や宅配が遅かったり、よくないこともありますよ(笑)。フランス人にもいろんな人がいるので一概には言えないですけど、喜怒哀楽を平気で他人に見せる姿は本当に愛おしいなと思います。

どうしようもない人はどうしようもないまま。そうしたことにフランス映画の愛おしさを感じます

―フランス映画でも、しょっちゅうカップルが喧嘩したり泣いたりしていますよね。理由は些細なことなんですが、2人にとっては大小関係なく、自分の気持ちを思い切りさらけ出しているシーンをよく見かけます。

売野:ありますね。生きていく上ではカロリーが高い国だと思いますけど、そういうやりとりに心を感じます。きっと、私が求めていることなんだと思うんです。だから、フランス映画を観て、その文化や価値観を浴びる時間が大好きです。

―たしかにフランス映画には、そうした文化や価値観のエッセンスがつまっていますね。文化的な背景や彼らの習慣を知っていると、より楽しんで観ることができそうです。

売野:昔はフランス映画を観ても疑問に思うことが多かったのですが、今はどこが疑問だったのかわからないくらい、フランス文化が身体に馴染んでしまいました。なるべくエッセンスがたっぷり反映されている作品だと見終わった後に嬉しくなりますね。

―フランス映画はどのくらいの頻度で観られますか?

売野:今年はこの状況でしたので中々観られていないのですが、普段は月に1~2回劇場に行きます。上映されているフランス映画の中から、観たいものを絞って。ミニシアターも好きなので、ジャンルは幅広いと思います。最近は配信でも大量に観ています。

―お好きな監督はいますか?

売野:アルノー・デプレシャンが、やっぱり好きですね。本当に好きで……彼の作品は、いいところしかないです。特に『そして僕は恋をする』(1996年)という映画は、私の好きなフランス文化が凝縮されています。思ったことをそのまま言って相手を傷つけたりして、全員ダメな人しか出てこない。

でも、そこにはフランス人の青春の輝きがおさめられていて、決して綺麗事にしないんですよね。どうしようもない女性は、どうしようもないままなんですが、そこが私は大好きだし、愛おしいと感じます。3時間という長編映画ですが、没入できるんですよね。あと突然、カメラに向かって始まる独白シーンは、デプレシャンの醍醐味だと思います。『あの頃のエッフェル塔の下で』(2015年)という続編も最高です。

―ルールや社会の規範といった観点から見たらダメな人間かもしれませんが、過剰に美談にされていない人間らしくて愛すべき人たちがたくさん出てきますよね。

売野:そう思います。フランスを舞台にした作品はたくさんありますけど、私が好きなのはどちらかと言えば他国の製作陣がパリを舞台に作るタイプの作品ではなく、フランスの文化や価値観を知っている内側の人間が作っている作品ですね。

Page 1
次へ

リリース情報

『ザ・シネマメンバーズ』

ミニシアター・単館系作品を中心に、 大手配信サービスでは見られない作品を「映画が本当に好きな人」へお届けする配信サービス。毎月お届けする作品は、 ごく限られた本数だが、 しっかりとセレクトした作品のみを提供。 500円(税別)で1カ月、 好きな時に好きな場所で見られる、 デジタル上のミニシアター。

プロフィール

売野機子(うりの きこ)

漫画家。東京都出身。乙女座、O型。2009年「楽園 Le Paradis」(白泉社)にて、『薔薇だって書けるよ』『日曜日に自殺』の2作品で同時掲載デビュー。『薔薇だって書けるよ―売野機子作品集』(白泉社)、『ロンリープラネット』(講談社)、『MAMA』全6巻(新潮社)、『かんぺきな街』(新書館)、『売野機子のハート・ビート』(祥伝社)、『ルポルタージュ』(幻冬舎)ほか、著書多数。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録 1

    cero高城晶平×折坂悠太 10年代のインディ音楽の萌芽と開花の記録

  2. 『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘 2

    『鬼滅の刃』オリジナルアイテム第4弾 全13キャラクターのアウター&傘

  3. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 3

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  4. 大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得 4

    大滝詠一『A LONG VACATION』40周年記念盤がオリコンデイリー1位獲得

  5. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 5

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  6. 『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら 6

    『森、道、市場』第1弾でアジカン、cero、折坂悠太、カネコアヤノら

  7. 中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る 7

    中国Z世代を虜にする漢服ブーム。愛好者やデザイナーが語る

  8. 『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演 8

    『そして、バトンは渡された』映画化 永野芽郁、田中圭、石原さとみ共演

  9. 松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送 9

    松坂桃李、菅田将暉、賀来賢人が共演 花王「アタックZERO」新CM放送

  10. GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」 10

    GU×UNDERCOVERが初コラボ キーワードは「FREEDOM/NOISE」