特集 PR

Ken Yokoyamaが意識する、死と感謝。挫折や抑うつからの生還

Ken Yokoyamaが意識する、死と感謝。挫折や抑うつからの生還

Ken Yokoyama『4Wheels 9Lives』
インタビュー・テキスト
金子厚武
撮影:横山マサト 編集:矢島由佳子

Ken Yokoyamaの5年半ぶりとなるフルアルバム『4Wheels 9Lives』が遂に完成した。2018年12月に加入が発表された新メンバーEKKUNのタイトなビートと、深みを増した横山健の歌を軸とした全12曲は、世の中の閉塞感を突き破るような非常に抜けのいい仕上がり。4人のメンバーを表す「4Wheels」と、「簡単には死なない」という意味を表す「9Lives」を組み合わせたタイトルは、メンバーチェンジ、横山の体調不良、コロナ禍といったさまざまな困難を乗り越え、図太く転がり続けるバンドの今を明確に示している。

一方、歌詞には横山のパーソナルな心情が綴られ、「死」に関連する言葉が並んでいるのは、誰もが自らと向き合わざるを得なかったこの1年の反映だと考えられる。しかし、横山の音楽はただ重苦しいものではなく、「死」を見つめることによって、「生」の実感を得ることができるもの。ライブでユナイトすることが難しく、SNSを開けば心無い言葉が溢れている時代だからこそ、僕らには生活に寄り添う人生のサウンドトラックが必要だ。そして、Ken Bandの4人の人生が投影された『4Wheels 9Lives』は、誰かにとってのそんな作品になるだろう。アルバムが完成するまでの道のりについて、横山とJun Grayに話を聞いた。

「今はテクノロジーが進化してるから、なんでも作ろうと思えば作れちゃうんです。でも僕らはアナログな感じを残したレコーディングをしてる」(横山)

Ken Yokoyama(けん よこやま)<br>Hi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリストである横山健が2004年に始動させたバンド。2004年、アルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。現在のメンバーは横山健(Vo,Gt)、南英紀(Gt)、Jun Gray(Ba)、EKKUN(Dr)。2021年5月26日に7thフルアルバムをリリースする。
Ken Yokoyama(けん よこやま)
Hi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリストである横山健が2004年に始動させたバンド。2004年、アルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。現在のメンバーは横山健(Vo,Gt)、南英紀(Gt)、Jun Gray(Ba)、EKKUN(Dr)。2021年5月26日に7thフルアルバム『4Wheels 9Lives』をリリースする。

―『4Wheels 9Lives』はじつに5年半ぶりのフルアルバムとなります。非常に抜けのいい仕上がりで、EKKUNのビートが推進力となり、今のメンバー4人の新しいグルーヴが構築された作品でもあると思うのですが、健さんとJunさんは今作におけるバンドの音楽的な進化や変化をどのように感じていますか?

Jun(Ba):EKKUNのスキルは当然FACT(2015年に解散。EKKUNはもともとFACTでドラムを叩いていた)にいた頃から知っていて、だからこそメンバーに選んだので、音源を作るにあたってもビートは常に意識してました。昨年出した『Bored? Yeah, Me Too』もそうですけど、単純に今までの音源よりもドラムがデカいんですよ。前まではギターで引っ張る曲が多かったけど、ドラムのレベルを上げられるようになったんです。

横山(Vo,Gt):ドラムキットを叩いて、マイクで拾うのって、誰がやってもあんまり変わらないと思うじゃないですか? 手数が明らかに違えば違う人が叩いてるってわかるけど、そうじゃないとあんまりわからない気がする。でも、やっぱり、人間がやってることって数値化できなくて。

EKKUNのドラムは粒立ちがすごくいいから、ミックスでも自然と「これドラムと歌がちゃんと聴こえてればいいじゃん」ってなるんですよね。そうすると、レベル的には下げたはずの弦楽器部隊も、なぜかうわものとしてしっかり輝きを放つんです。

―音量のレベルは下がっても、全体のバランスによって存在感は消えることなく、むしろ増しているくらいの印象を受けます。

横山:不思議なもんですよね。今はレコーディングのテクノロジーが進化してるから、なんでも作ろうと思えば作れちゃうんです。スネアを一発叩いて、音色をいじれば抜けのいい音は作れるけど、僕らはやっぱり生音を生かす方向のバンドなので、レコーディングでどう録るのかが大事で、そのためにはもちろん演奏者の技術が必要。実際のレコーディングはデジタルですけど、アナログな感じを残したレコーディングをしていて、EKKUNはそこにすごくハマってますね。

Ken Yokoyama『4Wheels 9Lives』トレイラー

Ken Yokoyama最新アーティスト写真。<br>左から:EKKUN(Dr)、Jun Gray(Ba)、横山健(Vo,Gt)、南英紀(Gt)
Ken Yokoyama最新アーティスト写真。
左から:EKKUN(Dr)、Jun Gray(Ba)、横山健(Vo,Gt)、南英紀(Gt)

―今の4人のメンバーのあるべきバランスが見えたからこそ、アルバムタイトルに「4Wheels」という言葉を使ったわけですか?

横山:そうです。ここにきてやっと、本当の意味で「四輪」と言っていいんじゃないかなって気がしました。

Jun:でも、タイトル自体はずいぶん前からあったんですよ。

―いつ頃からですか?

横山:当然EKKUNが入った後ではありますけど、アルバムの構想を考える前から、この言葉だけポンッと思いついて。

―最初に目標を掲げて、ようやくそこに辿り着いたというか。

横山:うん、そんな感触はあるかもしれないですね。

左から:横山健、Jun Gray
Page 1
次へ

リリース情報

Ken Yokoyama
『4Wheels 9Lives』(CD+DVD)

2021年5月26日(水)発売
価格:3,850円(税込)
PZCA-91

[CD]
1. I'm Going Now , I Love You
2. 4Wheels 9Lives
3. Spark Of My Heart
4. Have Hope
5. Helpless Romantic
6. Cry Baby
7. MyParadise
8. Angel
9. Forever Yours
10. On The Sunny Side Of The Street
11. Without You
12. While I'm Still Around

[DVD]
1. I'm Going Now , I Love You
2. Cry Baby
3. Out Alone
4. Still I Got To Fight
5. Angel
6. Forever Yours
7. Woh Oh
8. Helpless Romantic
9. While I'm Still Around

Ken Yokoyama
『4Wheels 9Lives』(CD)

2021年5月26日(水)発売
価格:2,750円(税込)
PZCA-92

1. I'm Going Now , I Love You
2. 4Wheels 9Lives
3. Spark Of My Heart
4. Have Hope
5. Helpless Romantic
6. Cry Baby
7. MyParadise
8. Angel
9. Forever Yours
10. On The Sunny Side Of The Street
11. Without You
12. While I'm Still Around

イベント情報

『SATANIC CARNIVAL 2021』

2021年6月5日(土)、6日(日)
会場:山梨県 富士急ハイランド・コニファーフォレスト

6月5日出演:
バックドロップシンデレラ
The BONEZ
Dizzy Sunfist
Fear, and Loathing in Las Vegas
マキシマム ザ ホルモン
NAMBA69
Northern19
ROTTENGRAFFTY
SiM
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
Survive Said The Prophet
Suspended 4th
WANIMA

6月6日出演:
04 Limited Sazabys
10-FEET
Age Factory
Coldrain
G-FREAK FACTORY
ハルカミライ
HAWAIIAN6
HEY-SMITH
Ken Yokoyama
MONGOL800
NOISEMAKER
SHADOWS
TOTALFAT
Paledusk(O.A.)

プロフィール

Ken Yokoyama
Ken Yokoyama(けん よこやま)

Hi-STANDARD、BBQ CHICKENSのギタリストである横山健が2004年に始動させたバンド。2004年、アルバム『The Cost Of My Freedom』でKen Yokoyamaとしてバンド活動を開始。現在のメンバーは横山健(Vo,Gt)、南英紀(Gt)、Jun Gray(Ba)、EKKUN(Dr)。2021年5月26日に7thフルアルバム『4Wheels 9Lives』をリリースする。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで