特集 PR

東京で揺れる演出家・関美能留。エラーに寛容な世の中になれ

東京で揺れる演出家・関美能留。エラーに寛容な世の中になれ

千葉市
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:前田立 編集:佐々木鋼平(CINRA.NET編集長)

誰の人生にも挫折はあるが、千葉を拠点に演劇を続けてきた演出家・関美能留にも挫折があった。

『利賀演出家コンクール最優秀演出家賞』(2001年)、『千葉市芸術文化新人賞』(2005年)など、気鋭の演出家として注目を浴びつつ、劇団「三条会」を続けてきたものの、ここ10年は、専用アトリエからの退去、俳優の退団などが重なり、現在は千葉を離れ、東京で暮らしている。すっぱり演劇を辞めたわけではなかったが、それでも小さくない変化があったはずだ。

それから10年、久しぶりに関と三条会は千葉で公演を行う。いくつかの転機を経験した関にとって、千葉という街、千葉で行う演劇はどんな意味を持っているのだろうか。上演を間近に控えた彼に話を聞いた。

東京から千葉に人を呼べるくらい面白い作品を、というモチベーションだった。

―関さんは埼玉生まれとのことですが、大学で千葉に移住されたんですよね。しかも千葉大学の園芸科に入学されたと。

:演劇もそうなんですけど、おおむねは自分の浅はかさとトライ&エラーのためにいろいろやってきたというか(苦笑)。

千葉を選んだのは一人暮らしをするためで、東京の大学だと実家から通うことになりそうとか、園芸科に入ったのもずっと男子校だったから女子のいそうなところ……くらいの動機で。そんな意識で入ったので、やっぱり中退しちゃいましたよね。

―ははは(笑)。

:もっと勉強を楽しめたらよかったんですけどね。友だちもできないし孤独感もあって。でも演劇サークルにはずっと通っていて、中退した後も25歳くらいまで出入りしていたんです。

謎のOBがいるわけで、後輩からしたら本当に迷惑だったと思います。モラトリアム期間ですよ。適当に本とか読んで「俺はなにをしたいんだろう?」とぐちぐち悩む。

関美能留
関美能留

―でも、そこから三条会に至る演劇のつながりが生まれたわけですよね。

:高校生ぐらいのときから当時の小劇場ブームには興味があって、面白いなと思っていたんです。それでやっと25歳くらいのときに「劇団をやりたいんだ! 劇団やろうぜ!」と宣言したら、「やろう」と言ってくれる後輩たちにたまたま恵まれて。

―それで千葉を拠点に演劇活動をはじめる。

:そうですね。普通だったら東京でやろう! って感じでしょうけど、ぼくも後輩たちも「東京に出てなにかやるのは怖い」と思っちゃったんですよね。

かといって千葉で小劇場系の演劇をやろうにも、身の丈に合った劇場もないし観客もいない。でも競合がいないってことは、特別な位置に自分たちが立てるんじゃないかと思っちゃったんですよね。そこも浅はかでした(笑)。

関美能留

―「東京怖い」っていうのはわかります。なんとなくおっかないんですよね。

:これは言い過ぎかもしれないけど、千葉大学に入学する人って、ぼくみたいに東京は怖いけど東京周辺にはいたい、地方の出身者が多い気がするんですよ。上京はしたけれど、東京そのものは避けて千葉、みたいな。ただ、そのぶん多様で面白い人たちがいますよ。

―千葉で劇団をはじめてみてどうでしたか?

:「本当に観客がいない!」ってびっくりしました(笑)。でも、そもそものモチベーションが東京から千葉に人を呼べるくらい面白い作品を上演しよう、というものだったから、東京ではなかなかできないような野外劇を上演したりしていました。自分たちらしく、マイペースに活動するには千葉が合っていた、ということだと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』
『楽屋~流れ去るものはやがてなつかしき~』

2021年8月8日(日)16:00開演
会場:千葉県 千葉市生涯学習センター2階 ホール

作:清水邦夫
演出:関美能留
出演:
大倉マヤ
大谷ひかる
立崎真紀子
伊藤紫央里
照明:加藤悦子
イメージ画:ふるやまなつみ

プロフィール

関美能留(せき みのる)

三条会主宰・演出。千葉大学在学中に演劇活動を開始し、1997年に三条会を結成、以後すべての作品の構成・演出をおこなう。演出作に武田泰淳『ひかりごけ』、三島由紀夫『近代能楽集』『サド侯爵夫人』、エウリピデス『メディア』、寺山修司『レミング』、唐十郎『秘密の花園』、前田司郎『いやむしろわすれて草』、シェイクスピア『ヴェニスの商人』、曲亭馬琴『八犬伝』、平田オリザ『S高原から』、スウィフト『ガリバー 旅行記』(以上三条会)、ザ・スズナリ開場30周年記念公演『うお傳説』、いわき総合高校第15期生アトリエ公演『失われた時を与えて』などがある。2001年、第2回利賀演出家コンクール最優秀演出家賞、2005年、第3回千葉市芸術文化新人賞受賞。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性