ニュース

『FREEDOMMUNE』トークに37組追加で全出演者出揃う、タイムテーブルも発表

7月13日に千葉・幕張メッセで開催されるオールナイトチャリティーイベント『FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013』の追加出演者が発表された。

今回発表されたのは、トークプログラムに出演する東浩紀、金子勝、津田大介、牧村憲一、都築響一、玉袋筋太郎(浅草キッド)、坂口恭平、磯部涼、九龍ジョー、柳下毅一郎、中野貴雄、根本敬、岸野雄一、大友良英、伊藤千枝(珍しいキノコ舞踊団)、アサノコウタ、古川日出男、開沼博、小川直人、PENNY RINBOUD(co-founder of CRASS)、前田毅、成田圭祐、TAKAMORI K.、高須光聖、福田雄一、杉本達、三宅洋平、初音ミク、JOJO広重、T.美川、笠島久嗣、齋藤精一、若林恵、野田努、三田格、松村正人、五所純子ら37組。当日はDOMMUNEのレギュラー番組を中心に、12時間30分のノンストップトークプログラムが繰り広げられるとのこと。

また、出演ステージとタイムテーブルが同イベントのオフィシャルサイトであわせて発表された。

イベント情報

『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』

2013年7月13日(土)OPEN 17:00 / CLOSE 5:00
会場:千葉県 幕張メッセ
出演:
Penny Rimbaud co-founder of CRASS
瀬戸内寂聴
BOREDOMS presents 7×13 BOA DRUM
大友良英&あまちゃんスペシャルビッグバンド
Z-MACHINES
灰野敬二
ISAO TOMITA "PLANET ZERO" ensemble Dawn Chorus feat. STEVE HILLAGE
ZAZENBOYS
にせんねんもんだい
OPEN REEL ENSEMBLE
初音階段
CLAUDIO PRC
MILTON BRADLEY
RODOLPHE COSTER
DJ NOBU
MOODMAN
EP-4 unit3+伊東篤宏
TOWA TEI
GOTH-TRAD
NHK'koyxen
KYOKA
Shhhhh
Chris SSG
HARUKA
KURUSU
KURI
RYOSUKE
KABUTO
CMT
GONNO
GORGE.IN(Hanali+HiBiKi MaMeShiBa+Dubstronica)
KENSHU
展示:手塚治虫『OSAMU TEZUKA / AVEND of GOD』(EXHIBITION:手塚治虫 CURATOR:手塚るみ子)
トーク&パフォーマンス:
東浩紀(哲学者、作家)
金子勝(経済学者)
津田大介(ジャーナリスト、メディアアクティビスト)
牧村憲一(音楽プロデューサー)
都築響一(編集者、写真家)
玉袋筋太郎(浅草キッド / 芸人)
坂口恭平(建築家、作家)
磯部涼(音楽ライター)
九龍ジョー(ライター、編集者)
柳下毅一郎(特殊翻訳家、映画評論家)
中野貴雄(国際秘宝監督)
根本敬(特殊漫画家大統領)
岸野雄一(スタディスト)
大友良英(音楽家)
伊藤千枝(振付家、演出家、ダンサー)
アサノコウタ(建築家)
古川日出男(小説家)
開沼博(社会学者)
小川直人(せんだいメディアテーク)
PENNY RINBOUD(co-founder of CRASS / 音楽家、哲学者、活動家)
前田毅(編集者)
成田圭祐(IRA / アナキズム文献センター運営委員)
TAKAMORI K. (クリエイティブディレクター、通訳・翻訳)
高須光聖(放送作家)
福田雄一(劇作家、放送作家)
杉本達(演出家、テレビディレクター)
三宅洋平(音楽家)
初音ミク(ボーカロイド)
JOJO広重(ノイズミュージシャン)
T.美川(ノイズミュージシャン)
笠島久嗣(イアリンジャパン)
齋藤精一(Rhizomatiks)
若林恵(WIRED編集長)
野田努(ele-king編集長)
三田格(音楽評論家、編集者)
松村正人(編集者、文筆家)
五所純子(文筆家)
宇川直宏(DOMMUNE / 現在美術家)
3D PROJECTION MAPPING:Rhizomatiks
VJ & STREAMING:
DOMMUNE
TYMOTE
Maxilla
Yasuhiro Kobari
yasuda takahirio
ogaooooo
DOMMUNE FUKUSHIMA!
BENZENE by VMTT
NOISE ELEMENT
KRAK
rokapenis
SphinkS
visual and echo japan
DOMMUNE VIDEO SYNDICATE
DOMMUNE:宇川直宏
料金:無料(入場の際に1口1,000円からの募金が必要)

(画像上から:『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<TALKING DOME>DOMMUNEロゴ、『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<MAKUHARI BUDOKAN>ロゴ、『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<BOREDOMS presents 7×13 BOA DRUM>ロゴ、『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<GALLERY TEZUKA>ロゴ、『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<FLOOR DOPENESS> ロゴ)

『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<TALKING DOME>DOMMUNEロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<TALKING DOME>DOMMUNEロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<MAKUHARI BUDOKAN>ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<MAKUHARI BUDOKAN>ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<BOREDOMS presents 7×13 BOA DRUM>ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<BOREDOMS presents 7×13 BOA DRUM>ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<GALLERY TEZUKA>ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<GALLERY TEZUKA>ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<FLOOR DOPENESS> ロゴ
『FREEDOMMUNE 0<ZERO> ONE THOUSAND 2013』<FLOOR DOPENESS> ロゴ
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『永遠に僕のもの』本予告

8月16日に公開される映画『永遠に僕のもの』の予告編が公開された。アルゼンチン犯罪歴史の中で最も有名な連続殺人犯でありながらも、その美しさから「ブラック・エンジェル」「死の天使」と称された少年・カルリートスの美しくも儚い青春を描いた実話。美、孤独、愛、欲望、青春、犯罪……。これらが渾然一体となっているような少年の衝動がポップに描かれ、疾走感のあるエッジの効いた映像となっている。(野々村)

  1. 実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素 1

    実写『アラジン』、王女が歌う“スピーチレス”などアニメ版と異なる新要素

  2. 『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント 2

    『バチェラー・ジャパン』シーズン3、女性参加者20人一挙発表&コメント

  3. 燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する 3

    燃え殻×長久允 イジメを受けた僕らは人生をゲームにして謳歌する

  4. 『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち 4

    『いだてん』に菅原小春演じる人見絹枝も。歴史を変えた女性アスリートたち

  5. なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る 5

    なぜあいみょんはブレイクしたのか? 大谷ノブ彦×柴那典が語る

  6. ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない 6

    ビッケブランカ×佐藤千亜妃対談 まだまだ音楽はやめられない

  7. 杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに 7

    杉咲花がNHK『LIFE!』に登場、「毒サソリレディ」に改造されそうに

  8. 大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾 8

    大竹伸朗、加賀美健、Nulbarichが「靴下」とコラボ、「TabioARTS」第2弾

  9. みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに 9

    みうらじゅんがトム・クルーズに忠告。命知らずもほどほどに

  10. 相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告 10

    相葉雅紀が「おいしい牛乳」、松本潤が「きのこの山」 読売新聞に全面広告