ニュース

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2013』、幅広いアートとパフォーミングアーツが集結

国際芸術祭『あいちトリエンナーレ2013』が、8月10日から愛知の各地で開催されている。

2010年に続く2度目の開催となる同祭。「揺れる大地―われわれはどこに立っているのか:場所、記憶、そして復活」をテーマに掲げ、「東日本大震災後のアート」を意識しながら、世界各地の社会変動と共振する国内外の先端的な現代美術、ダンスや演劇などのパフォーミングアーツ、オペラなどを紹介。参加作家には、岡崎市を拠点に活動する栗原健太郎と岩月美穂による建築家ユニット「studio velocity」や、ダンススタイルを繋ぐ振付と動きのシステムを追求する日本初演作品『4. temporal pattern』などを発表する梅田宏明らが名を連ねている。芸術監督は五十嵐太郎(東北大学大学院教授)が務める。

また、同祭では美術館だけでなく、名古屋や岡崎の市街地にも会場を設置するほか、愛知の各地にアートを届ける仕掛けも導入。さらに会場間を移動する途中、目に入る建築を鑑賞するためのガイドを提供するほか、普段一般公開されていない建築物などを特別に公開するガイドツアー形式のプロジェクト「オープンアーキテクチャー」も実施されるなど、ジャンルや空間を横断する芸術祭になる。プログラムなどの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。


イベント情報

『あいちトリエンナーレ2013』

2013年8月10日(土)~10月27日(日)
会場:
愛知県 名古屋 愛知芸術文化センター、名古屋市美術館、長者町会場、納屋橋会場、中央広小路ビル
愛知県 岡崎 東岡崎駅会場、康生会場、松本町会場

出展作家(アルファベット順):
青木淳
青木野枝
青野文昭
荒井理行
ブラスト・セオリー
ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー
ステファン・クチュリエ
ミッチ・エプスタイン
ニナ・フィッシャー&マロアン・エル・サニ
藤森照信
藤村龍至
マーロン・グリフィス
ゲッラ・デ・ラ・パス
ハン・フェン
彦坂尚嘉
平川祐樹
平田五郎
トーマス・ヒルシュホルン
池田剛介
インヴィジブル・プレイグラウンド
伊坂義夫、大坪美穂、岡本信治郎、小堀令子、清水洋子、白井美穂、松本旻、山口啓介、王舒野、PYTHAGORAS³(覆面作家)
石上純也
アルフレッド・ジャー
ミハイル・カリキス&ウリエル・オルロー
片山真理
國府理
レッド・ペンシル・スタジオ
イ・ブル
ニッキ・ルナ
バシーア・マクール
アンジェリカ・メシティ
アーノウト・ミック
宮本佳明
Nadegata Instant Party(中崎透+山城大督+野田智子)
名和晃平
新美泰史
西岳拡貴
丹羽良徳
クリスティナ・ノルマン
岡本信治郎
オノ・ヨーコ
打開連合設計事務所
コーネリア・パーカー
ニラ・ペレグ
ダン・ペルジョヴスキ
ウィット・ピムカンチャナポン
ニコラス・プロヴォスト
ワリッド・ラード
フィリップ・ラメット
リアス・アーク美術館
アリエル・シュレジンガー
リゴ23
キャスパー・アストラップ・シュレーダー+BIG
ソ・ミンジョン
志賀理江子
下道基行
シュカルト
フロリアン・スロタワ
ソン・ドン
studio velocity/栗原健太郎+岩月美穂
菅沼朋香
杉戸洋
ミカ・ターニラ
高橋匡太
竹田尚史
ブーンスィ・タントロンシン
THE WE-LOWS/ザ・ウィロウズ(奈良美智+森北伸+青木一将+小柴一浩+藤田庸子+石田詩織+酒井由芽子)
渡辺豪
和田礼治郎
リチャード・ウィルソン
ケーシー・ウォン
山下拓也
やなぎみわ
ヤノベケンジ
横山裕一
米田知子

パフォーミングアーツ:
ARICA+金氏徹平
サミュエル・ベケット
藤本隆行+白井剛
ほうほう堂
イリ・キリアン
ままごと
マチルド・モニエ
向井山朋子+ジャン・カルマン
アルチュール・ノジシエル
プロジェクトFUKUSHIMA!(総合ディレクション:大友良英)
清水靖晃+カール・ストーン
ジェコ・シオンポ
梅田宏明
ペーター・ヴェルツ+ウィリアム・フォーサイス
やなぎみわ

プロデュース・オペラ:
カルロ・モンタナーロ
田尾下哲
安藤赴美子
カルロ・バッリチェッリ
ガブリエーレ・ヴィヴィアーニ
田村由貴絵
晴雅彦
豊島雄一
清水良一
塩入功司
大須賀園枝

映像プログラム:
ポール・コス
ミケランジェロ・フランマルティーノ
福井琢也
濱口竜介+酒井耕
姫田真武
ひらのりょう
細江英公
加藤秀則
川口恵里
久保田成子
三宅唱
ビル・モリソン
室谷心太郎
ぬQ
パールフィ・ジョルジ
アリソン・シュルニック
SjQ++
エマ・ドゥ・スワーフ+マーク・ジェイムス・ロエルズ
土本典昭
チャオ・イエ
※チケットの詳細はオフィシャルサイト参照

(画像上から:『あいちトリエンナーレ2013』メインビジュアル、studio velocity『Wind Scape』2013, photo by artist、梅田宏明『Holistic Strata』 courtesy of Yamaguchi Center for Arts and Media photo: 丸尾隆一(YCAM)、藤村龍至 中央広小路ビル2階 参考作品『海市2.0』2010 提供:藤村龍至建築設計事務所)

『あいちトリエンナーレ2013』メインビジュアル
『あいちトリエンナーレ2013』メインビジュアル
studio velocity『Wind Scape』2013, photo by artist
studio velocity『Wind Scape』2013, photo by artist
梅田宏明『Holistic Strata』 courtesy of Yamaguchi Center for Arts and Media photo: 丸尾隆一(YCAM)
梅田宏明『Holistic Strata』 courtesy of Yamaguchi Center for Arts and Media photo: 丸尾隆一(YCAM)
藤村龍至 中央広小路ビル2階 参考作品『海市2.0』2010 提供:藤村龍至建築設計事務所
藤村龍至 中央広小路ビル2階 参考作品『海市2.0』2010 提供:藤村龍至建築設計事務所
画像を拡大する(9枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

突然少年“火ヲ灯ス”

教室でも放課後でも負け続けたこと、弱さ故に大事な友達も傷つけてきたことーー振り返るほど情けなさでズタズタになってきた自分達の青春を全部吐き出しながら、だからこそ今まで裏切らず側にいてくれた人を離さず抱き締めて生きていきたいのだと表明する1stアルバムが『サンキュー・マイ・フレンド・アンド・マイ・ファミリー』だ。ブッチャーズ、eastern youth、NUMBER GIRLを抱き締めて離さない号泣ファズは変わらぬまま、アルバムタイトルの通り「誰に何を歌いたいのか」に重心を置いた結果としてバンドサウンドが撚られ、歌がグッと前に出た。汗と唾を撒き散らす激情の成分はやや減ったが、あなたと友達になりたい、友達との絆を目一杯歌いたい、だからまずは自分達が素っ裸になってあなたと向き合いたいという意志がスウィートなメロディに乗って突き抜けている。「たったそれだけ」をたったひとりに伝えるためにもんどり打つ、バンドの核心がそのまま映し出されたMV。端からライブの中核を担ってきた名曲がさらに躍動している。(矢島大地)

  1. 『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化 1

    『天空の城ラピュタ』ムスカのサングラス&パズーのゴーグル型眼鏡、商品化

  2. ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ 2

    ワンピース麦わらの一味が高校生に、カップヌードル新CM 楽曲はバンプ

  3. 『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組 3

    『ロッキン』第4弾でスピッツ、くるり、あいみょん、Juice=Juiceら51組

  4. Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る 4

    Vampire Weekendを紐解く6つの視点 オロノ、角舘健悟らが綴る

  5. 椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一 5

    椎名林檎、新AL『三毒史』収録曲“鶏と蛇と豚”PV公開 監督は児玉裕一

  6. 光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組 6

    光石研&松重豊&鈴木浩介が故郷の福岡をノープランでドライブする旅番組

  7. 『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開 7

    『スパイダーマン』新作、トムホやゼンデイヤら4人のキャラポスター公開

  8. 王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う 8

    王舟と夏目知幸のフレンドシップ。アドバイスで心の花を咲かせ合う

  9. 福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら 9

    福山雅治×石田ゆり子 映画『マチネの終わりに』に伊勢谷友介、桜井ユキら

  10. tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ 10

    tofubeatsが音楽を続けてきたわけ。その道を極めることの面白さ