ニュース

舞台芸術の祭典『F/T13』全プログラム判明、今年のテーマは「物語を旅する」

11月9日から約1か月間にわたって開催される舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー13(F/T13)』の全プログラムが発表された。

6回目の開催となる今回は「物語を旅する」をコンセプトに据え、演劇の基本要素であるドラマやフィクションを問い直し、同時代の物語の新しいあり方を探求していく。また、これまでの「主催プログラム」「公募プログラム」「連携プログラム」に加え、フェスティバルならではの祝祭と出会いを生み出す「オープンプログラム」が新設される。

主催プログラムは、レバノン出身の劇作家・演出家のラビア・ムルエにスポットをあてる連続上演をはじめ、東京の人口統計にもとづいて集められた100人の市民の声をもとにしたドイツのリミニ・プロトコルによる演劇作品『100%トーキョー』など海外作品をはじめ、エルフリーデ・イェリネク『光のない。』シリーズの最新作『光のない。(プロローグ?)』を宮沢章夫(遊園地再生事業団)と美術作家・小沢剛がそれぞれ演出するF/T13イェリネク連続上演など、多彩なラインナップとなっている。

また、同フェスティバル初の試みとなるオープニングイベントが11月9日に東京芸術劇場、池袋西口公園ほかで開催。いとうせいこうと宮沢章夫のリーディングライブや、椿昇による巨大オブジェのお披露目イベントやトークなどが開催される。全プログラムの詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

イベント情報

『フェスティバル/トーキョー13(F/T13)』

2013年11月9日(土)~12月8日(日)
会場:
東京都 池袋 東京芸術劇場
東京都 東池袋 あうるすぽっと
東京都 東池袋 シアターグリーン
東京都 西巣鴨 にしすがも創造舎
東京都 吾妻橋 アサヒ・アートスクエア

[主催プログラム]
シアタースタジオ・インドネシア『オーバードーズ:サイコ・カタストロフィー』(演出:ナンダン・アラデア)
Port B『東京へテロトピア』(演出:高山明)
『四谷雑談集』+『四家の怪談』(演出:中野成樹、ドラマトゥルク:長島確)
『ラビア・ムルエ連続上演 ピクセル化された革命』(監督:ラビア・ムルエ)
木ノ下歌舞伎『東海道四谷怪談 ―通し上演―』(監修・補綴:木ノ下裕一、演出:杉原邦生)
『ラビア・ムルエ連続上演 33rpmと数秒間』(作・演出:リナ・サーネー、ラビア・ムルエ)
『ラビア・ムルエ連続上演 雲に乗って』(作・演出:ラビア・ムルエ)
サンプル『永い遠足』(作・演出:松井周)
フォースド・エンタテインメント『The Coming Storm─嵐が来た』(演出:ティム・エッチェルス)
『100%トーキョー』(作・構成:リミニ・プロトコル、演出:ダニエル・ヴェッツェル)
チェルフィッチュ『現在地』(作・演出:岡田利規)
『F/T13イェリネク連続上演 光のない。(プロローグ?)』(演出:小沢剛)
『F/T13イェリネク連続上演 光のない。(プロローグ?)』(演出:宮沢章夫)
バック・トゥ・バック・シアター『ガネーシャ VS. 第三帝国』(演出:ブルース・グラッドウィン)
『石のような水』(作:松田正隆、演出・美術:松本雄吉)
『F/Tシンポジウム』
[公募プログラム]
Q『いのちのちQII』(作・演出:市原佐都子)
劇団子供鉅人『HELLO HELL!!!』(作・演出:益山貴司)
『ダンシング・ガール』(振付:ゴーヤル・スジャータ)
sons wo:『野良猫の首輪』(作・演出:カゲヤマ気象台)
『たのもしいむすめ』(構成:柴田聡子)
シャインハウス・シアター『真夏の奇譚集』(作・演出:ジョン・ボーユエン)
薪伝実験劇団『地雷戦 2.0』(作・演出:ワン・チョン)
『地の神は不完全に現わる』(構成・振付:ソ・ヨンラン)
『クラウド』(構成・振付:タン・タラ)

『F/T13オープニング・イベント』
2013年11月9日(土)12:00~
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場、池袋西口公園ほか
出演:
いとうせいこう×宮沢章夫
椿昇
近藤良平
古家優里
三浦康嗣
矢内原美邦
ほか

(画像:『フェスティバル/トーキョー13(F/T13)』ロゴ)

『フェスティバル/トーキョー13(F/T13)』ロゴ
『フェスティバル/トーキョー13(F/T13)』ロゴ
画像を拡大する(1枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. 荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは 1

    荘子itが執筆 『スパイの妻』の「軽さ」が持つ倫理的な意味とは

  2. あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催 2

    あがた森魚が引退を発表、渋谷CLUB QUATTROで100人限定ワンマンライブ開催

  3. 曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか? 3

    曽我部恵一と語る、個に還れない時代のリアル 人はなぜ踊るのか?

  4. 山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開 4

    山崎賢人&土屋太鳳W主演 Netflix『今際の国のアリス』場面写真公開

  5. 『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施 5

    『ハリー・ポッターと賢者の石』初の3D上映が全国の4D劇場82館で実施

  6. 星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM 6

    星野源、長谷川博己、新田真剣佑、橋本環奈、浜辺美波が先生役 ドコモ新CM

  7. のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開 7

    のん×橋本愛が7年ぶり共演『私をくいとめて』予告編&ビジュアル公開

  8. 表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活 8

    表層的なのは嫌。市川渚が重んじる本質と、こだわり抜かれた生活

  9. シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔 9

    シム・ウンギョンが日本映画に挑戦したわけ。韓国人気女優の素顔

  10. 『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される 10

    『アングスト/不安』の怖さ。殺人が論理的答えとして導き出される