ニュース

『ヨコハマトリエンナーレ2014』の参加作家が新たに判明、国内外の50組超が追加

8月1日から神奈川・横浜の横浜美術館と新港ピア(新港ふ頭展示施設)を主会場に開催される『ヨコハマトリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」』の新たな参加アーティストが明らかになった。

今年は森村泰昌をアーティスティックディレクターに迎えて開催される同イベント。メイン会場となる横浜美術館と新港ピアでの展示は、2つの「序章」と11の「挿話」から成る本のように構成される。

また、様々な方角から流れ着いた漂流物が同イベントという場に一時的に漂着し、やがて離散していくことをコンセプトに、横浜に漂着した芸術祭として開催時期が重なる『札幌国際芸術祭2014』と『福岡アジア美術トリエンナーレ』が同イベントと連動。さらに、会期中は主会場周辺の5会場で多様なアートプログラムを開催する『創造界隈拠点連携プログラム』も行われる。

今回追加発表されたアーティストは、カジミール・マレーヴィチ、アグネス・マーティン、木村浩、イザ・ゲンツケン、フェリックス・ゴンザレス=トレス、中平卓馬、アリギエロ・ボエッティ、毛利悠子、サイモン・スターリング、ジョゼフ・コーネル、アナ・メンディエータ、大竹伸朗、日埜直彦ら50組超。既に発表されている釜ヶ崎芸術大学、マイケル・ランディ、メルヴィン・モティ、グレゴール・シュナイダー、高山明、和田昌宏、やなぎみわとあわせて計60組を超えるアーティストが明らかになった。参加アーティストは今後も追加される予定。

イベント情報

『ヨコハマトリエンナーレ2014「華氏451の芸術:世界の中心には忘却の海がある」』

2014年8月1日(金)~11月3日(月・祝)
会場:神奈川県 横浜 横浜美術館、新港ピア(新港ふ頭展示施設)ほか周辺地域
時間:10:00~18:00(入場は閉場の30分前まで、8月9日、9月13日、10月11日、11月1日は20:00まで開場)
アーティスティックディレクター:森村泰昌
参加作家・イベント:
バス・ヤン・アデル
エリック・ボードレール
カルメロ・ベルメホ
アリギエロ・ボエッティ
マルセル・ブロータース
ヴィヤ・セルミンス
ジョゼフ・コーネル
ヴィム・デルボア
福岡アジア美術トリエンナーレ
福岡道雄
ドラ・ガルシア
イザ・ゲンツケン
ギムホンソック
ジャック・ゴールドスタイン
フェリックス・ゴンザレス=トレス
イライアス・ハンセン
日埜直彦
釜ヶ崎芸術大学
笠原恵実子
葛西絵里香
エドワード&ナンシー・キーンホルツ
キム・ヨンイク
木村浩
マイケル・ランディ
ルネ・マグリット
カジミール・マレーヴィチ
アグネス・マーティン
松井智恵
松本竣介
松澤宥
アナ・メンディエータ
三嶋安住+三嶋りつ恵
Moe Nai Ko To Ba
毛利悠子
ピエール・モリニエ
メルヴィン・モティ
村上友晴
中平卓馬
奈良原一高
大竹伸朗
大谷芳久コレクション
ブリンキー・パレルモ
マイケル・ラコウィッツ
坂上チユキ
札幌国際芸術祭2014
グレゴール・シュナイダー
ジョシュ・スミス
サイモン・スターリング
アリーナ・シャポツニコフ
高山明
殿敷侃
トヨダヒトシ
土田ヒロミ
ヤン・ヴォー
和田昌宏
アンディ・ウォーホル
イアン・ウィルソン
やなぎみわ
吉村益信
アクラム・ザタリ
張恩利(ザン・エンリ)
休場日:第1・3木曜
料金:
前売 連携セット券 一般2,000円 大・専門学生1,500円 高校生1,100円
前売 単体券 一般1,400円 大・専門学生900円 高校生500円
当日 連携セット券 一般2,400円 大・専門学生1,800円 高校生1,400円
当日 単体券 一般1,800円 大・専門学生1,200円 高校生800円
※連携セット券は『ヨコハマトリエンナーレ2014』と『創造界隈拠点連携プログラム』の『BankART Life IV』および『黄金町バザール2014』に入場可
※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表 1

    東京スカイツリー天望デッキから配信されるライブ『天空の黎明』全演目発表

  2. 常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ” 2

    常田大希提供曲に隠れたジャニーズらしさ SixTONES“マスカラ”

  3. 異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生 3

    異才スティールパン奏者、電子音楽家の2つの顔 小林うてなの半生

  4. 在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介 4

    在宅ワークを快適に。コロナ禍でさらに注目の音声メディアを紹介

  5. お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん 5

    お父さんはユーチューバー / 美術のトラちゃん

  6. シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』 6

    シンセと女性たちの奮闘物語『ショック・ドゥ・フューチャー』

  7. カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く 7

    カンヌ4冠『ドライブ・マイ・カー』の誠実さ 濱口竜介に訊く

  8. 「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載 8

    「ドラえもんサプライズ誕生日会」の「招待状」広告が朝日新聞朝刊に掲載

  9. 「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る 9

    「千葉=無個性」への反抗。写真展『CHIBA FOTO』を語る

  10. ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで 10

    ROGUEが語る、半身不随になってから再びステージに上がるまで