ニュース

『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』全参加アーティスト36組が出揃う

3月7日から京都・京都市美術館全館、京都府京都文化博物館ほか市内の各会場で開催される『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』の全参加アーティストと展示内容の詳細が発表された。

アーティスティックディレクターに元京都国立近代美術館学芸課長の河本信治を迎え、今年初開催される同イベント。今回参加が明らかになったのは、ヘトヴィヒ・フーベン、ブラント・ジュンソー、ラグナル・キャルタンソン、倉智敬子+高橋悟、アフメド・マータル、森村泰昌、グシュタヴォ・シュペリジョン、ジャン=リュック・ヴィルムート、徐坦、アレクサンダー・ザルテンの10組。これまでに発表されていた蔡國強、サイモン・フジワラ、ドミニク・ゴンザレス=フォルステル、石橋義正、ウィリアム・ケントリッジ、ピピロッティ・リスト、高嶺格、田中功起、やなぎみわ、ローズマリー・トロッケルらとあわせて全36組の参加アーティストが出揃った。

同イベントは、京都市美術館全館、京都府京都文化博物館をメイン会場に開催。京都市美術館の入口にはやなぎみわによる巨大な移動舞台車が登場するほか、1階の大陳列室には蔡國強が手掛けた高さ15メートルにおよぶ竹製の塔に、京都の子どもたちが制作した大量のオブジェを飾った大型作品が展示される。また、重要文化財に指定されている京都府京都文化博物館別館には森村泰昌、ドミニク・ゴンザレス=フォルステルの作品が展示。さらに、1950年代初頭に建設された堀川団地には、ピピロッティ・リスト、笹本晃、ブラント・ジュンソーの作品が展示されるほか、鴨川デルタにスーザン・フィリップスによる音の作品、書店のショーウィンドウにリサ・アン・アワーバックの作品が出現するなど、京都市内の様々な場所で作品の展示が行われる。

イベント情報

『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』

2015年3月7日(土)~5月10日(日)
会場:京都府 京都市美術館、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地、鴨川デルタ、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店
参加作家:
リサ・アン・アワーバック
ナイリー・バグラミアン
蔡國強
ヨースト・コナイン
スタン・ダグラス
サイモン・フジワラ
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル
ヘフナー/ザックス
ヘトヴィヒ・フーベン
石橋義正
ブラント・ジュンソー
笠原恵実子
ウィリアム・ケントリッジ
ラグナル・キャルタンソン
倉智敬子+高橋悟
アン・リスレゴー
眞島竜男
アフメド・マータル
アーノウト・ミック
森村泰昌
スーザン・フィリップス
フロリアン・プムヘスル
ピピロッティ・リスト
アリン・ルンジャーン
笹本晃
グシュタヴォ・シュペリジョン
高嶺格
田中功起
アナ・トーフ
ローズマリー・トロッケル
ジャン=リュック・ヴィルムート
ヤン・ヴォー
王虹凱
徐坦
やなぎみわ
アレクサンダー・ザルテン
料金:一般1,800円 大学生1,200円 70歳以上1,200円
※高校生以下および18歳未満は無料

『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』チラシビジュアル
『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』チラシビジュアル
蔡國強『農民ダ・ヴィンチ』2013 サンパウロ、ブラジル銀行文化センター屋外での展示風景 Photo by Joana França
蔡國強『農民ダ・ヴィンチ』2013 サンパウロ、ブラジル銀行文化センター屋外での展示風景 Photo by Joana França
『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』オープンリサーチプログラム03[レクチャー/パフォーマンス]ドミニク・ゴンザレス=フォルステル『M.2062 (Scarlett)』京都府京都文化博物館別館 2013年9月6日 写真:林直 提供:PARASOPHIA事務局
『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』オープンリサーチプログラム03[レクチャー/パフォーマンス]ドミニク・ゴンザレス=フォルステル『M.2062 (Scarlett)』京都府京都文化博物館別館 2013年9月6日 写真:林直 提供:PARASOPHIA事務局
Susan Philipsz, The Distant Sound, 2014. Three-channel sound installation. Installation view, Moss, Norway, 2014. Photo by Eoghan McTigue. ©Susan Philipsz
Susan Philipsz, The Distant Sound, 2014. Three-channel sound installation. Installation view, Moss, Norway, 2014. Photo by Eoghan McTigue. ©Susan Philipsz
森村泰昌『侍女たちは夜に甦るV:遠くの光に導かれ闇に目覚めよ』2013
森村泰昌『侍女たちは夜に甦るV:遠くの光に導かれ闇に目覚めよ』2013
画像を拡大する(16枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察