『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』全参加アーティスト36組が出揃う

3月7日から京都・京都市美術館全館、京都府京都文化博物館ほか市内の各会場で開催される『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』の全参加アーティストと展示内容の詳細が発表された。

アーティスティックディレクターに元京都国立近代美術館学芸課長の河本信治を迎え、今年初開催される同イベント。今回参加が明らかになったのは、ヘトヴィヒ・フーベン、ブラント・ジュンソー、ラグナル・キャルタンソン、倉智敬子+高橋悟、アフメド・マータル、森村泰昌、グシュタヴォ・シュペリジョン、ジャン=リュック・ヴィルムート、徐坦、アレクサンダー・ザルテンの10組。これまでに発表されていた蔡國強、サイモン・フジワラ、ドミニク・ゴンザレス=フォルステル、石橋義正、ウィリアム・ケントリッジ、ピピロッティ・リスト、高嶺格、田中功起、やなぎみわ、ローズマリー・トロッケルらとあわせて全36組の参加アーティストが出揃った。

同イベントは、京都市美術館全館、京都府京都文化博物館をメイン会場に開催。京都市美術館の入口にはやなぎみわによる巨大な移動舞台車が登場するほか、1階の大陳列室には蔡國強が手掛けた高さ15メートルにおよぶ竹製の塔に、京都の子どもたちが制作した大量のオブジェを飾った大型作品が展示される。また、重要文化財に指定されている京都府京都文化博物館別館には森村泰昌、ドミニク・ゴンザレス=フォルステルの作品が展示。さらに、1950年代初頭に建設された堀川団地には、ピピロッティ・リスト、笹本晃、ブラント・ジュンソーの作品が展示されるほか、鴨川デルタにスーザン・フィリップスによる音の作品、書店のショーウィンドウにリサ・アン・アワーバックの作品が出現するなど、京都市内の様々な場所で作品の展示が行われる。

イベント情報

『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』

2015年3月7日(土)~5月10日(日)
会場:京都府 京都市美術館、京都府京都文化博物館、京都芸術センター、堀川団地、鴨川デルタ、河原町塩小路周辺、大垣書店烏丸三条店
参加作家:
リサ・アン・アワーバック
ナイリー・バグラミアン
蔡國強
ヨースト・コナイン
スタン・ダグラス
サイモン・フジワラ
ドミニク・ゴンザレス=フォルステル
ヘフナー/ザックス
ヘトヴィヒ・フーベン
石橋義正
ブラント・ジュンソー
笠原恵実子
ウィリアム・ケントリッジ
ラグナル・キャルタンソン
倉智敬子+高橋悟
アン・リスレゴー
眞島竜男
アフメド・マータル
アーノウト・ミック
森村泰昌
スーザン・フィリップス
フロリアン・プムヘスル
ピピロッティ・リスト
アリン・ルンジャーン
笹本晃
グシュタヴォ・シュペリジョン
高嶺格
田中功起
アナ・トーフ
ローズマリー・トロッケル
ジャン=リュック・ヴィルムート
ヤン・ヴォー
王虹凱
徐坦
やなぎみわ
アレクサンダー・ザルテン
料金:一般1,800円 大学生1,200円 70歳以上1,200円
※高校生以下および18歳未満は無料

  • HOME
  • Art/Design
  • 『PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭2015』全参加アーティスト36組が出揃う

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて