ニュース

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー』、今年の開催概要発表

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー15』の開催概要および参加アーティストが発表された。

2009年の初開催以来、国内外の先鋭的なアーティストによる多彩な作品を上演している『フェスティバル/トーキョー』。8回目を迎える今回は、10月31日から12月6日の期間で、都内の複数会場や埼玉・彩の国さいたま芸術劇場などを舞台に行われる。

今回参加が明らかになったアーティストやプロジェクトは、オープニングを飾る「プロジェクトFUKUSHIMA!」、国内初招聘となるスペインのアンジェリカ・リデルをはじめ、飴屋法水、地点×空間現代、ギンタースドルファー/クラーセン、岡田利規、SPAC‐静岡県舞台芸術センター、ソン・ギウン×多田淳之介、パリ市立劇場、安野太郎×渡邊未帆×危口統之、『アジアシリーズ vol.2』ミャンマー特集に参加するター・ソーら11組。今後も追加のラインナップが発表される。チケットの発売は9月下旬を予定している。

なお、リデルは同イベントに先駆けて7月24日から東京・池袋の東京芸術劇場でワークショップを開催。聖書の創世記を題材に6日間で小作品を制作・発表する内容になるという。参加申込は6月15日まで受付中だ。また、プロジェクトFUKUSHIMA!は10月31日、11月1日に行われる本番公演に参加する「盆踊り隊」と「盆踊り隊」が着用する法被を制作する「はっぴ作り隊」の参加者を募集中。各プログラムの参加方法についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『フェスティバル/トーキョー15』

2015年10月31日(土)~12月6日(日)
会場:
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、にしすがも創造舎、アサヒ・アートスクエア、池袋西口公園
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場
ほか
参加アーティスト・団体:
飴屋法水
地点×空間現代
ギンタースドルファー/クラーセン
アンジェリカ・リデル
岡田利規
プロジェクトFUKUSHIMA!
SPAC - 静岡県舞台芸術センター
ソン・ギウン×多田淳之介
パリ市立劇場
ター・ソーほか(『アジアシリーズ vol.2』ミャンマー特集)
安野太郎×渡邊未帆×危口統之

『フェスティバル/トーキョー15』ロゴ
『フェスティバル/トーキョー15』ロゴ
「プロジェクトFUKUSHIMA!」昨年の様子 ©Ryosuke Kikuchi
「プロジェクトFUKUSHIMA!」昨年の様子 ©Ryosuke Kikuchi
アンジェリカ・リデル
アンジェリカ・リデル
飴屋法水 ©Megumi Nakaoka
飴屋法水 ©Megumi Nakaoka
岡田利規 ©Nobutaka Sato
岡田利規 ©Nobutaka Sato
画像を拡大する(10枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)