舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー』、今年の開催概要発表

舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー15』の開催概要および参加アーティストが発表された。

2009年の初開催以来、国内外の先鋭的なアーティストによる多彩な作品を上演している『フェスティバル/トーキョー』。8回目を迎える今回は、10月31日から12月6日の期間で、都内の複数会場や埼玉・彩の国さいたま芸術劇場などを舞台に行われる。

今回参加が明らかになったアーティストやプロジェクトは、オープニングを飾る「プロジェクトFUKUSHIMA!」、国内初招聘となるスペインのアンジェリカ・リデルをはじめ、飴屋法水、地点×空間現代、ギンタースドルファー/クラーセン、岡田利規、SPAC‐静岡県舞台芸術センター、ソン・ギウン×多田淳之介、パリ市立劇場、安野太郎×渡邊未帆×危口統之、『アジアシリーズ vol.2』ミャンマー特集に参加するター・ソーら11組。今後も追加のラインナップが発表される。チケットの発売は9月下旬を予定している。

なお、リデルは同イベントに先駆けて7月24日から東京・池袋の東京芸術劇場でワークショップを開催。聖書の創世記を題材に6日間で小作品を制作・発表する内容になるという。参加申込は6月15日まで受付中だ。また、プロジェクトFUKUSHIMA!は10月31日、11月1日に行われる本番公演に参加する「盆踊り隊」と「盆踊り隊」が着用する法被を制作する「はっぴ作り隊」の参加者を募集中。各プログラムの参加方法についてはオフィシャルサイトをチェックしよう。


イベント情報

『フェスティバル/トーキョー15』

2015年10月31日(土)~12月6日(日)
会場:
東京都 東京芸術劇場、あうるすぽっと、にしすがも創造舎、アサヒ・アートスクエア、池袋西口公園
埼玉県 彩の国さいたま芸術劇場
ほか
参加アーティスト・団体:
飴屋法水
地点×空間現代
ギンタースドルファー/クラーセン
アンジェリカ・リデル
岡田利規
プロジェクトFUKUSHIMA!
SPAC - 静岡県舞台芸術センター
ソン・ギウン×多田淳之介
パリ市立劇場
ター・ソーほか(『アジアシリーズ vol.2』ミャンマー特集)
安野太郎×渡邊未帆×危口統之

  • HOME
  • Stage
  • 舞台芸術の祭典『フェスティバル/トーキョー』、今年の開催概要発表

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて