ニュース

村上虹郎が舞台初出演、藤田貴大が寺山修司に捧げる『書を捨てよ町へ出よう』

藤田貴大(マームとジプシー)演出の舞台『書を捨てよ町へ出よう』が、12月5日から東京・池袋の東京芸術劇場シアターイーストで上演される。

寺山修司による評論集、戯曲、映画をもとにした同作。寺山は1967年に評論集『書を捨てよ、町へ出よう』を発表し、翌年に天井桟敷の第7回公演として上演。1971年には自身が監督と脚本を手掛けた映画版が公開されているが、評論集、戯曲、映画はそれぞれ異なる内容になっている。藤田が上演台本と演出を手掛ける今回の舞台版は、映画版に依拠しながら寺山を彷彿とさせる登場人物を配することで、評論、戯曲、映画を集大成した、寺山に捧げる作品になるという。

物語は、都電沿線の廃墟のような長屋で、万引き常習犯の祖母、無職の父親、ウサギを偏愛する引きこもりの妹と暮らす21歳のフリーターである「私」が主人公。人力飛行機によって抑圧された環境からの脱出を夢見る「私」の鬱屈した青春を、音楽と実験的な映像を交えて描く。

主演を務めるのは、UAと村上淳の長男であり、同作で初の舞台出演を果たす村上虹郎。さらに、青柳いづみ、川崎ゆり子、斎藤章子、召田実子、吉田聡子らが出演する。また、名久井直子、穂村弘、又吉直樹、山本達久が参加予定アーティストに名を連ねている。

村上は舞台初出演にあたって「まだ実感が湧いていません、というのが正直な気持ちです。実際に舞台に立っている自分をまだ想像できません。貴重な体験、時間をスタッフのみなさん、観客のみなさんと共有できると思うと、今から楽しみです」とコメント。また、「本のジャンルの中では詩が今まで一番多く触れてきました。偉大な寺山さんの生誕80年記念という特別な企画に参加できる興奮はあります。上手に言えないのですが、寺山さんの刺々しい刺激を、現代においてどうやって、どこまで表現できるか未知数です。そこを劇場に足を運んでくださる方々と一緒に期待している僕がいます」と意気込みを語っている。チケットの一般発売日は10月17日を予定している。

なお同作は、日本の1960年代から1980年代の戯曲を若手演出家が手掛ける東京芸術劇場のシリーズ『Roots』の第3弾作品。第1弾作品は2013年に上演されたつかこうへい作、三浦大輔演出の『ストリッパー物語』、第2弾作品は今年2月に上演された清水邦夫作、熊林弘高演出の『狂人なおもて往生をとぐ』となる。

イベント情報

開館25周年/芸劇フェスティバル
Roots vol.3
『書を捨てよ町へ出よう』

2015年12月5日(土)~12月27日(日)
作:寺山修司
上演台本・演出:藤田貴大
会場:東京都 池袋 東京芸術劇場 シアターイースト
出演:
村上虹郎
青柳いづみ
川崎ゆり子
斎藤章子
召田実子
吉田聡子
石井亮介
尾野島慎太朗
中島広隆
波佐谷聡
船津健太
参加予定アーティスト:
名久井直子
穂村弘
又吉直樹
山本達久

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 1

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  2. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 2

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  3. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 3

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  4. カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て 4

    カネコアヤノが歌う、変わっていく覚悟 中野サンプラザ公演を観て

  5. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 5

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  6. 音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表 6

    音楽イベント『森、道、市場 2021』タイムテーブル発表

  7. Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う 7

    Homecomings福富が語る原点 寂しさを手放さず、優しさで戦う

  8. 東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック 8

    東京事変が『ガッテン!』『笑う洋楽展』『ムジカ・ピッコリーノ』ジャック

  9. 木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由 9

    木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

  10. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 10

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」