ニュース

『札幌国際芸術祭2017』参加作家に灰野敬二、原田郁子ら 全77組判明

『札幌国際芸術祭2017』メインビジュアル
『札幌国際芸術祭2017』メインビジュアル

『札幌国際芸術祭2017』の参加アーティストとプログラムの最終発表が行なわれた。

8月6日から北海道・札幌の札幌芸術の森、モエレ沼公園など市内各所で開催される『札幌国際芸術祭2017』。ゲストディレクターに大友良英を迎え、「芸術祭ってなんだ?」をテーマに据えている。

今回の発表では、「ガラクタの星座たち」がサブテーマになることが明かされたほか、これまでに発表されていたアーティストも含め、全77組の参加作家が出揃った。参加作家はEYヨ、五十嵐淳、イサム・ノグチ、宇川直宏、梅田哲也、OKI、岸野雄一、クリスチャン・マークレー、クワクボリョウタ、Sachiko M、さわひらき、テニスコーツ、ナムジュン・パイク、灰野敬二、原田郁子、毛利悠子、指輪ホテル、吉増剛造ら。

モエレ沼公園で行なわれる『RE/PLAY/SCAPE』では、大友良英+青山泰知+伊藤隆之による100台以上のレコードプレーヤーを使った『without records』の新作を中心に、様々な作家がコラボレーション。札幌芸術の森では、クリスチャン・マークレー、EYヨらが参加する『NEW LIFE:リプレイのない展覧会』を開催する。さらに大友が2004年にスタートさせた『アジアン・ミーティング・フェスティバル』の特別編や、『DOMMUNE UNIVERSITY OF THE ARTS THE 100 JAPANESE CONTEMPORARY ARTISTS season 5』といったプログラムも展開。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

冠木佐和子『夏のゲロは冬の肴』

『アヌシー国際アニメーション映画祭』学生部門で審査員賞に輝いた『夏のゲロは冬の肴』。ビビッドな色使いと繰り返される嘔吐音が印象的な(けれどなぜか愛らしい)アニメはもちろん、受賞の際にステージで「I wanna fuck everyone.」とスピーチしたという90年生まれの監督・冠木佐和子にも注目。仲條正義の『忘れちゃってEASY 思い出してCRAZY』展を思い出させるタイトルも好み。(井戸沼)