特集 PR

何が日本を作ってるの? 『BODY/PLAY/POLITICS』から考える

何が日本を作ってるの? 『BODY/PLAY/POLITICS』から考える

横浜美術館『BODY/PLAY/POLITICS』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:永峰拓也 編集:野村由芽

あらためて言うまでもないが、私たちの身体はそれぞれ、個別の歴史を生きてきた。しかし私たちはときとして、あまりに無自覚に「典型的な日本人」「ふつうの身体」などという表現を使って、その個別性を無視してしまう。そこで言う「典型的」「ふつう」の範囲とは何なのか? じつはその取捨選択こそ、ある時代、ある社会の産物なのではないか?

10月1日から横浜美術館で開催されている『BODY/PLAY/POLITICS』は、そんな個人の思考や身体性と、それを取り巻く環境との関係性を、あらためて考えさせる展覧会だ。ヨーロッパとアフリカ、東南アジア、そして日本から集まった6名の作家は、彼らが生きてきた地域の人々の考える「当たり前」にメスを入れ、それをある歴史が構築したものとして分析してみせる。横並び思考がいまだ強く、同質性が高いと言われる日本社会で、本展を開催する狙いとは何か? 担当キュレーターの木村絵理子に訊いた。

私たちは何気なく「典型的な日本人」などと言ってしまいがちですが、その「典型的」って何だろう? と。

―美術にとって身体(BODY)をどう表現するかは古典的なテーマですが、なぜいま身体という問題を取りあげようと考えたのでしょうか?

木村:今回の展示の源流は、2007年に企画した『GOTH -ゴス-』展という展覧会にあります。その展覧会は、私がずっと抱いていた当時のパーソナルな身体への関心から生まれたもの。もともと、中世ヨーロッパの建築や美術のスタイルを指す言葉であった「ゴシック」は、18世紀以降にゴシック・リバイバルとして再燃し、リバイバルとしてのゴシックが、現代文化におけるゴス的なるものの源流になっています。展覧会は直接的にファッションや音楽、小説などのゴス文化を扱うものではなく、より広く病や死、あるいはタトゥー、ピアッシングといった身体改造、自分の皮膚やジェンダーといったものを通して、死生観や病などに言及するような作品を国内外の6作家に出品してもらいました。

ピュ~ぴる《純白》2007年、ミクストメディア(布、毛髪、針金など)、約200×500×500cm、横浜美術館寄託 photo: masatoshi sakamoto
ピュ~ぴる《純白》2007年、ミクストメディア(布、毛髪、針金など)、約200×500×500cm、横浜美術館寄託 photo: masatoshi sakamoto

木村:この展覧会は、ネガティブに捉えられがちな身体の側面に、よりリアルな生を感じる傾向を「ゴス」と位置づけて、現代社会における生きるためのスタイルとして提示しようとしたものでした。今回の展示は、自分の中ではこの『GOTH -ゴス-』展の第2弾と考えています。

―第2弾をやろうと思ったのは、どうしてでしょうか?

木村:『GOTH -ゴス-』展で取り上げたようなパーソナルな身体の問題にはずっと関心がありますが、一方この10年間で、「国」のような大きな枠組みから個人を捉える傾向が強くなったと感じています。「BODY」という単語には、個人の身体という意味のほかにも、「集団」や「かたまり」といった意味があります。今回はそれらの意味も含めた「BODY」が、「社会的な役割を演じる(PLAY)」場合の政治性「POLITICS」について考えたいと思っていて。たとえばいまは、10年前に比べて「人種」や「国民性」という話題が公の場で話されることが増えましたよね。

木村絵理子
木村絵理子

―そんな印象はありますね。

木村:なぜか大勢の人が、驚くほどにそうした話題に興味を持ち始めて、表立って話すようになってきた。そしてそのとき、私たちは何気なく「典型的な日本人」などと言ってしまいがちですが、その「典型的」って何だろう? と。自分の社会的な言動は、いったい何に基づいているのか? という疑問を持ち、今回の展示では自分を取り巻く「集団的な身体」に注目した作品を発表している作家たちを選びました。

『BODY/PLAY/POLITICS』展ポスター
『BODY/PLAY/POLITICS』展ポスター

―日本社会は、同質性が高いと言われますよね。つまり、何となく「みんな同じ」という感覚が強い。一方、木村さんは小さい頃、アメリカに住んでいたとお聞きしたのですが、アメリカは「みんな違う」ことを前提にした社会というイメージがあります。

木村:小学校時代にカリフォルニアに住んでいたのですが、仲が良かった友人はルーマニア、トルコ、メキシコ、イスラエル、中国、韓国系と、非常に多様でした。象徴的なのは給食の時間で、お弁当を持ってきても、カフェで食べてもいいんです。というのも、宗教的に食事に制限がある子も多いし、身体の大きさも違うから食べられる量も違う。それが日本に帰ったら、みんな同じものを同じ量で食べないといけないのがつらくて、疑問でした。

木村絵理子

―日本の子どもも、一人ずつ違うはずですよね。

木村:日本人でも身体の大きさは違うし、アレルギーのある子もいる。いまは給食のシステムもだいぶ変わりましたが、まだ選択の幅は狭いですよね。

日本全国で多様なバックグラウンドを持つ人たちが共存することが増えていく中で、これまで以上に重要なのは、「自分が何者か」を歴史的な文脈で知っておくことだと思います。そうしないと、「私はムスリムだから豚肉は食べられない」というような選択の理由を説明することもできません。

―今回の展示は、そんな時代に向けた一種のレッスンにもなりそうですね。

木村:そう思います。とは言っても、出品作品はどれもそんなに堅苦しいものではありません。タイトルにある「PLAY」という言葉どおり、表現の仕方としては「遊び」の要素があったり、パッと見ただけでも美しいと感じられるものが多いですよ。

Page 1
次へ

イベント情報

『BODY/PLAY/POLITICS』

2016年10月1日(土)~12月14日(水)
会場:神奈川県 横浜美術館
時間:10:00~18:00(10月29日、10月28日は20:30まで、入館は閉館の30分前まで)
出展出品作家:
インカ・ショニバレMBE
イー・イラン
アピチャッポン・ウィーラセタクン
ウダム・チャン・グエン
石川竜一
田村友一郎
休館日:木曜(11月3日は無料開館)、11月4日
料金:一般1,500円 大・高校生1,000円 中学生600円
※小学生以下無料

プロフィール

木村絵理子(きむら えりこ)

横浜美術館主任学芸員。主な展覧会に『GOTH -ゴス-』展(2007-08 / 横浜美術館)『森村泰昌:美の教室、静聴せよ』展(2007 / 熊本市現代美術館・横浜美術館)『金氏徹平:溶け出す都市、空白の森』展(2009 / 横浜美術館)『束芋:断面の世代』展(2009-2010 / 横浜美術館・国立国際美術館)『高嶺格:とおくてよくみえない』(2011 / 横浜美術館・広島市現代美術館・鹿児島県霧島アートの森)『奈良美智:君や 僕に ちょっと似ている』(2012 / 横浜美術館・青森県立美術館・熊本市現代美術館)『Welcome to the Jungle 熱々!東南アジアの現代美術』展(2013 / シンガポール美術館との共催企画/ 横浜美術館・熊本市現代美術館)『BODY/PLAY/POLITICS』展(2016 / 横浜美術館)など。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Teen Daze“First Rain with S. Carey”

今年2月に発表されたアルバム『Themes for Dying Earth』より新たなPVが公開。Bon IverのバンドメンバーS・キャリーをフィーチャーした同曲。自然が発する壮大なエネルギーと、見知らぬ男女が出会い、互いの心に触れようとする様子が美しく紡ぎ出されている。(飯嶋)