特集 PR

日本の巨匠・奈良原一高を知ってる? 宮沢章夫と観る強烈な写真展

日本の巨匠・奈良原一高を知ってる? 宮沢章夫と観る強烈な写真展

内田伸一
撮影:相良博昭

写真家の構えるカメラに正対し、しかし両目を閉じて神と交信するような修道僧。あるいは、女子刑務所の扉の穴から厳しいまなざしを室内へと向ける人物。「ふつうの日常」とはかけ離れたように見えて、これらの写真はセンセーショナルというより、観る側に内省的な問いを喚起させます。『王国』という謎めいたタイトルで同シリーズを世に送り出したのは、1931年生まれの写真家、奈良原一高。この『王国』の全体像を紹介する、東京ではじつに56年ぶりの展覧会が東京国立近代美術館で開催中です。そこで今回、日常と幻想のあわいで世界の複雑さを描き出す『遊園地再生事業団』の劇作家・演出家の宮沢章夫さんと展覧会を体験。宮沢流の読み解きと、彼の研究対象でもあるサブカルチャーの視点からの解釈も交え、『王国』に足をふみいれます。

男子修道院と女子刑務所、2つの極限世界で見る「王国」

待ち合わせの東京国立近代美術館に現れた宮沢さんは、カーディガンにデニムというカジュアルな出で立ち。宮沢さんの名作エッセイ『カーディガンを着る悪党はいない』を思い出し、そのことをお伝えすると苦笑いしていました。

今回の取材にあたり、宮沢さんは事前にメールでこんなことを綴ってくれていました。

「正直、奈良原さんの写真を前にすると言葉を失います。特に、『王国』の一連の写真はすごい。どんな言葉も凡庸になってしまいそうです。それに僕は当然、写真が専門ではないので、むしろ、演劇の身体として観てしまう。でも、とても魅力的な作品です」

奈良原一高『「王国」より沈黙の園』 ©Narahara Ikko Archives
奈良原一高『「王国」より沈黙の園』 ©Narahara Ikko Archives

『王国』は、写真家・奈良原一高が、デビュー作『人間の土地』に続き1958年に発表した初期の代表的シリーズの1つ。北海道にある男子修道院と和歌山県の女子刑務所の様子をとらえた2部構成によるものです。両者は対照的ながら、いずれも外界と隔絶された場所。前者は自らの意思で一生をその敷地内で、後者は社会的な裁きを受けて長期間を塀の中で、それぞれ外界から隔絶してすごす人々が写っています。

宮沢:奈良原さんのことを初めて知ったのは、大学生の頃だったかな。単純な感想だけど、まず名前の字面がね(笑)、不思議な感じを持ったのと、やっぱり初期の代表作『王国』は強烈な印象がありました。作品作りにおいて、やはり初期衝動というのは強烈で、作家はそれを乗り越えるべく試行錯誤する面もあると思う。奈良原さんもそういうことはあったと思うんだけど、『王国』については発表以降も何度か再構成してるんですよね。それだけ思い入れのあるシリーズなのかもしれないですね。

「未知の修道院や刑務所だから恐いのではなく、僕らが考える『現世』と違うものを見る恐さがあるように思います」

今回展示されている87点は、1978年にあらためて編集された写真集『王国―沈黙の園・壁の中―』の構成をほぼ踏襲したもの。前半の「沈黙の園」では、北海道のトラピスト修道院での営みをとらえています。建物を背景に大写しした牛に始まり、カメラは生涯を神への祈りに捧げる修道僧たちの姿に迫ります。会場を歩く宮沢さんは、修道士たちが敷地内を静かに歩く様や、その足元のみをとらえた写真に惹かれたようです。

奈良原一高『「王国」より沈黙の園』 ©Narahara Ikko Archives
奈良原一高『「王国」より沈黙の園』 ©Narahara Ikko Archives

宮沢:この人たちはどういうスピードで歩いてたんだろう? っていう不思議な感覚を抱きます。ヨーロッパの映画なんかでこういうシーンを見ると、わりとスタスタ歩いている。でもこの写真を前にすると、どこか能の世界のような、ごくゆっくりとした時間の流れを感じる。いわゆる「よくこの瞬間を撮れたな」という意味での「いい写真」ってわかりやすいじゃないですか。だけど、奈良原さんの写真を観ていると、そんな浅薄さだけじゃないとあらためて思います。いい写真というより「いい時間」かな。どこか謎めいたところもあり、こちらの想像力が喚起されます。

宗教といえば、演劇の世界でも聖書の物語が引用されることは多いそうです。それは、クリスチャンではない宮沢さんのような方を含めてそうだとのこと。

宮沢:個人的には、ある時期まで、付き合う彼女がなぜかほぼ全員クリスチャンかそこに関係のある人だった、という不思議な縁はあるんですけど(笑)。ともあれ、演劇で宗教書の引用が行われるのは、1つには劇性を生みやすいというのがあって、だからこそ安易に使ってはだめだと思いますね。でもそこでは、普遍的で正直な言葉から喚起されるものが多いのも確か。奈良原さんもキリスト教徒ではないようだし、この作品も特定の宗教に焦点をあてたわけではないでしょう。さらに演劇で言えば、寺山修司に近い世界観も感じました。寺山の作品は詩も短歌も演劇も、ごくあたりまえの日常を揺るがすような幻想性があり、少し見方を変えると恐い側面がある。奈良原さんの写真も、単に未知の修道院や刑務所だから恐いのではなく、僕らが考える「現世」と違うものを見る恐さがあるように思います。

宮沢章夫
宮沢章夫

未知の世界の一端を覗くような好奇心もそそられますが、やがてこれらの写真からは、それだけではない何かが迫ってきます。

宮沢:修道僧はフードで顔がよく見えなかったり、そうでなくても目線はけしてこちらに向いていなかったりして、じつは彼らの表情は結局よくわからないですよね。でもだからこそ、その内面に想像力を掻き立てられるところがあります。厳しい規律のもとで暮らす彼らを前に、時間にだらしない自分が「申し訳ない」と思ったりもしつつ(苦笑)、同時にどこかで僕自身を投影しながら観るような写真でもある。

会場には、1958年に『王国』が初掲載された論壇誌『中央公論』などの資料も展示。当初は奈良原自身のテキストも添えられ、ルポルタージュとしての性格も強い作品として発表されました。しかし、2度の写真集化のなかで説明的な要素は削ぎ落とされてゆき、より抽象度を高めていったようです。また奈良原はこうした自身の写真を「パーソナルドキュメント」と呼んだそうで、彼にとって撮ることとは、自らの生を考え、とらえ直すことでもあったのでしょう。彼が『王国』を撮影したのは、美術史を学ぶ大学院生時代、20代後半でした。

Page 1
次へ

イベント情報

『奈良原一高 王国』

2014年11月18日(火)~2015年3月1日(日)
会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館2F ギャラリー4
時間:10:00~17:00(金曜は20:00まで、入館は閉館の30分前まで)
休館日:月曜(1月12日は開館)、12月28日~2015年1月1日、1月13日
料金:一般430円 大学生130円
※高校生以下および18歳未満、65歳以上、キャンパスメンバーズ、MOMATパスポートをお持ちの方、障害者手帳などをご提示の方とその付添者1名は無料
※2015年1月2日、1月4日、2月1日、3月1日は無料観覧日

書籍情報

『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』
『NHKニッポン戦後サブカルチャー史』

2014年10月10日(金)発売
編著者:宮沢章夫、NHK『ニッポン戦後サブカルチャー史』制作班
価格:1,944円(税込)
発行:NHK出版

プロフィール

宮沢章夫(みやざわ あきお)

1956年、静岡県生まれ。劇作家・演出家・作家。「遊園地再生事業団」主宰。1980年代半ばに竹中直人、いとうせいこうらとともに「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」を結成。作・演出を手がける。1990年「遊園地再生事業団」の活動を開始し、1993年『ヒネミ』で『岸田國士戯曲賞』、2010年『時間のかかる読書』で『伊藤整文学賞評論部門』を受賞。主な著書に『サーチエンジン・システムクラッシュ』(文藝春秋)、『ボブ・ディラン・グレーテスト・ヒット第三集』(新潮社)、『東京大学「80年代地下文化論」講義』(白夜ライブラリー)などがある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

君島大空“遠視のコントラルト”

屈折したイノセンスが爆発するような、君島大空の“遠視のコントラルト”のMV。『The Bends』の頃のRadioheadのようなギターとセンシティブに揺ぐボーカルが描き出す、ピュアでまばゆい楽曲世界にクラっとくる。松永つぐみが手がけた映像も素晴らしく、実験映像的なカットを重ね、儚く消え入りそうな繊細で美しい才能を見事に切り取っている。爆音で凝視してほしい。
(山元)

  1. あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る 1

    あいみょんから年下の子たち&大人へ 直感と瞬間の大切さを語る

  2. NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも 2

    NUMBER GIRLがオリジナルメンバーで再結成、向井秀徳のコメントも

  3. 宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一 3

    宮本浩次が感情を露わに車を運転する“冬の花”PV公開 監督は児玉裕一

  4. エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由 4

    エロか、フェチか。外林健太と青山裕企が、女性ばかりを撮る理由

  5. 多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM 5

    多部未華子が猫の「にゃらん」と妄想旅 「じゃらん」新CM

  6. 『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組 6

    『RISING SUN ROCK FES』第1弾でナンバガ、スカパラ、King Gnuら8組

  7. Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察 7

    Eveとは何者か? MVの総再生回数2億2千万回を誇る彼の歩みを考察

  8. CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように 8

    CHAIは世の中にPUNKを掲げる。皆がなりたい自分になれるように

  9. 椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」 9

    椿昇がバッサリ斬る、社会とアートの関係「京都の街に革命を」

  10. ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』 10

    ビル・エヴァンス生誕90周年 生涯辿る記録映画『タイム・リメンバード』