特集 PR

『クリエイターのヒミツ基地』 Volume12 セミトランスペアレント・デザイン

流行り廃りの激しいウェブ業界にあって、常にトップランナーであり続けているのがセミトランスペアレント・デザインです。グラフィック、プログラミング、デバイスディベロッパーを担当する4人によって設立された「セミトラ」は、ウェブとリアルとが連動するインタラクティブなデザインで注目を集め続けています。そのデザインはいかにして生み出されているのか? それをさぐるべく、グラフィックを担当されている田中良治さんに話を伺ってみました。

テキスト:橋本倫史
撮影:CINRA編集部

『クリエイターのヒミツ基地』 Volume12 セミトランスペアレント・デザインをdel.icio.usに追加 このエントリーをはてなブックマークに追加 『クリエイターのヒミツ基地』 Volume12 セミトランスペアレント・デザインをlivedoorクリップに追加 『クリエイターのヒミツ基地』 Volume12 セミトランスペアレント・デザインをlivedoorクリップに追加
 
 

セミトランスペアレント・デザイン
田中良治(たなか りょうじ)
1975年生まれ、三重県出身。2003年、セミトランスペアレント・デザインを設立。黎明期よりネットとリアルを連動するような独自のデザイン手法を確立し多くのウェブ広告を制作。TIAA、カンヌ国際広告祭、クリオ賞、One Show、LIAA、New York ADC、D&ADなど国内外の広告賞を多数受賞している。

田中良治(たなか りょうじ)

ネットで起きていることがヴァーチャルではなくなる

田中さん

田中良治さんが上京したのは2000年、25歳のときのことでした。志していたのはウェブデザインではなく、グラフィックデザイン。大学時代に物理化学を学んでいた田中さんは、IAMASというメディア・アートの学校に進学。理系の学生と芸術系の学生が半々ずついたこの学校で、田中さんはグラフィックに興味を持ったのだと言います。

上京してみたものの、グラフィックデザインの仕事は多くありませんでした。プログラミングも教育として受けていた田中さんはウェブ制作会社に就職し、グラフィックと対等に勝負できるウェブデザインを手がけ始めます。しかし、ウェブデザイナーに対する世間のイメージは「メシの種」というイメージが強かったそう。

「当時、ウェブデザイナーは社会と接点がなかったんです。『ウェブの制作やってます』と言うと、『ああ、IT系ね』みたいな雑な分類をされてましたから(笑)。最初は『ウェブデザイナー』に変わる名前を考えようかとも思ったんですけど、他のウェブデザイナーと差をつけることが目的になっちゃうとまずいなと思って。世間からそう見えているのは、自分たちの努力が足りないからだと思ったんです」

3年間のウェブ制作会社勤務を経て、田中さんはセミトランスペアレント・デザインを立ち上げて独立します。きっかけとなったのは、前の職場で携わったセレクトショップ・Adam et Ropeのデザインでした。ウェブサイトで生成されたグラフィックが、プリントアウトしてセール用のグラフィックとして利用される——ウェブとリアルとが連動したコマーシャル・ワークに、田中さんは手応えを感じていました。

「僕はずっと、『インターネットの面白さ』みたいなことを考えていたんです。当時は言葉にできなかったんですけど、インターネットで起きていることがヴァーチャルではなくなっているという感覚はあって。ネットとリアルが繋がる——今でこそ当たり前になってますけど、Adam et Ropeの仕事をさせてもらって、それを直感したんです。当時はネットとウェブの連動をコマーシャル・ワークとしてやっているところも少なかったので、自分で会社を立ち上げて、事例みたいなものを作っていきたいと思ったんですね」

事務所風景

ウェブのポテンシャルを引き出すデザインを

『tFont/tTime』

独立当初は「プレゼンしても、ポカーンとされることが多かった」というウェブとリアルが連動するインタラクティブなコマーシャル・ワークも、今ではすっかりマーケティング用語になりつつあります。その盛り上がりのなかで、田中さんはある壁を感じていました。それは、田中さんがかつて志していたグラフィックとウェブデザインとの関係が対等ではなく、従属関係にあるということです。

「ウェブの評価軸っていうのは広告しかなかったのですが、もっと違う視点から評価する仕方もあるだろうと思ってたんです。ただ、グラフィック的な手法でウェブサイトを作るだけじゃ見向きもされない。もっとこう、考え方はウェブに基づいていて、アウトプットがグラフィックのコンテキストを含んでいるものはないか——それを考えていたときに、『tFont』が思い浮かんだんです」

グラフィックになくてウェブにあるものとして、田中さんが目をつけたのは時間軸でした。一見でたらめな光の点滅に見える映像が文字の軌跡を描画し、シャッタースピードを落としたカメラなどで撮影することによって初めて読むことができるフォント——『tFont/tTime』と名づけられたこのインスタレーションは2009年に山口情報芸術センターで好評を博し、2010年には銀座にあるグラフィックデザインを中心としたギャラリー・G8でも「セミトラ展」として展示がされています。

ウェブデザインからインスタレーションまで。仕事の幅は広がっても、田中さんは一貫して「ウェブデザイナー」を名乗っています。では田中さんにとって、ウェブとはいったい何なのでしょうか?

「たとえば映像作品だと、はじまりと終わりがありますよね。でもウェブにはそれがない。そういう環境のためかツイッターみたいなものが爆発的に広がったり、すごい勢いでスタンダードが書き換わったりする。ウェブの持っているポテンシャルはまだまだ引き出され切っていないと思っているので、僕もウェブの発想にさらにこだわって、そのポテンシャルをもっと引き出せるようなデザインをしていきたいですね」

アイデアよりも、クリエイターのひらめきを

変化の激しいウェブの世界にあって、田中さんが大切にしているのは、シンプルに考えること。

事務所風景

「『仕事』っていうと侮って考える人もいますけど、依頼された仕事から発見することって多いんですよ。自分たちの考えも及ばないこともたくさんありますし、『アイデアなんて、そんなに重要かな』とふと思ったりします。アイデアを重ねることで、遊びの部分がなくなっちゃうと思うんです。理詰めでモノが出来上がっていくよりは、作り手のさじ加減一つで出来上がったもののほうが面白くなると思いますね」

最近田中さんが興味があるのは宮崎駿だそう。それまであまりジブリ作品に触れてこなかったものの、『崖の上のポニョ』を観て衝撃を受けたと言います。

「あの作品について『整合性が取れてない』って揶揄する人もいますよね。たしかに、整合性は取れてないんですよ。だって海から拾い上げたポニョを、いきなり真水に入れてましたから(笑)。話もぶっ飛んでるんだけど、そんなものを超えたアニメーションの面白さが伝わってくる。ストーリーという制約を超えてアニメーションの力で畳み掛けてくる感じ。作り手の情熱をとても感じました。そのやりきり具合に感動しちゃって。ああいうのを観ると、すごく励まされますね(笑)」

セミトランスペアレント・デザイン
PAGE 1 > 2

「クリエイターのヒミツ基地」連載もくじへ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 1

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  2. 桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役 2

    桂正和原作『I”s』磯崎泉役は萩原みのり、主人公にアプローチする後輩役

  3. ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』 3

    ジャニー喜多川製作総指揮、東西ジャニーズJr.が集結 『映画 少年たち』

  4. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 4

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  5. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 5

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  6. 映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら 6

    映画『空母いぶき』追加キャストに佐藤浩市、村上淳、玉木宏、戸次重幸ら

  7. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 7

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  8. 太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像 8

    太賀に森崎ウィンらが寄り添う『母さんがどんなに僕を嫌いでも』本編映像

  9. 新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など 9

    新宿爆音映画祭に『ボヘミアン・ラプソディ』『バッド・ジーニアス』など

  10. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 10

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー