特集 PR

宮沢賢治が『グスコーブドリの伝記』に託した最後の賭け

宮沢賢治が『グスコーブドリの伝記』に託した最後の賭け

インタビュー・テキスト
小林英治
撮影:佐々木鋼平

富士山の麓、地方都市の静岡にありながら、専用の劇場や稽古場を拠点として世界と直結した舞台芸術作品を発信し続けているSPAC-静岡県舞台芸術センター。今年は『マハーバーラタ~ナラ王の冒険~』が、世界最高峰の舞台芸術祭『アヴィニョン演劇祭』のメイン会場に招聘されるなど、その活動はさらに注目を集めている。

そして、SPAC芸術総監督を務める宮城聰が、2015年最初の作品として選んだのが、日本の「国民的作家」と考える宮沢賢治の『グスコーブドリの伝記』だ。小説家の山崎ナオコーラが初めて舞台脚本を手がけることでも注目されている今作品、稽古の始まった静岡芸術劇場を訪れて、二人の出会いから脚本を依頼した経緯、宮沢賢治の作品を今舞台化することの意味を聞いた。

(メイン画像:絵:清川あさみ(絵本『グスコーブドリの伝記』リトルモア刊より))

若い作家は自意識過剰な人が多いっていう先入観があったんですけど、山崎さんは全然そういうこともなくて、とても話がしやすいんです。(宮城)

―『グスコーブドリの伝記』は、お二人にとって初めてのコラボレーション作品になりますが、そもそも知り合ったきっかけから教えていただけますか。

宮城:初めてお会いしたのは、富山県の利賀村で行なわれた『利賀演劇人コンクール2013』でしたね。二人とも審査員として呼んでいただき、他には平田オリザさんや、写真家の石川直樹さんもいました。若手演出家たちの作品を10本以上観ながら批評したり、演出家本人を交えてディスカッションするんです。

宮城聰 ©新良太
宮城聰 ©新良太

山崎:小説の仕事では、作家同士で厳しい話し合いをしたり、自分の作品が目の前で誰かに批評されたりといったことがほとんどないので、貴重な経験をさせてもらえてありがたいのと同時に、演劇って怖いなとびびりもしました(笑)。宮城さんの第一印象は、とにかく話が面白い人。若手の作品を批評するときも、比喩を交えて、とてもわかりやすく説明されていました。審査員は10日間くらい合宿みたいに、利賀村に泊まり込んで過ごすんですが、ご飯食べながら話すような、ちょっとした雑談も、エッセイみたいにものすごく面白いんですよ。

宮城:若い作家というと、どうしても自意識過剰になってしまいがちな人が多いという勝手な先入観があったんですけど、山崎さんはそういうことも全然なくて、とても話がしやすかったですね。こんなにすんなり話ができる作家の人もいるんだなって思ったのを覚えています。

―実際に『グスコーブドリの伝記』を上演しようと思い始めたのは、いつぐらいだったんですか。

宮城:そのコンクールの1か月後くらいに、鈴木忠志さん(静岡県舞台芸術センター前芸術監督)の芝居を観に、また利賀村へ行ったんですけど、ちょうど同じ日に山崎さんも観に来られていて再会したんです。その頃、静岡県舞台芸術センター(以下SPAC)の2014年度公演プログラムを考えていて、その中の1つとして、宮沢賢治の作品をやろうかなと考えていました。

山崎:そういった年間のプログラムは、どういった基準で選ばれるのですか?

宮城:今度はどこの国の劇団を呼ぼうかとか、年代とか、シェイクスピアの何をやろうとか、全体のバランスを考えて作るんですけど、自分でも上演できずにたまっている作品リストがあって、今ならできるかもしれないと思ったり。それで新作をやるには何がいいかな? と考えたとき、宮沢賢治だと思ったんですね。たしか山崎さんに再会したとき、『グスコーブドリの伝記』って面白いかなぁ? って聞いたんだよね。

『グスコーブドリの伝記』稽古場風景 提供:SPAC-静岡県舞台芸術センター
『グスコーブドリの伝記』稽古場風景 提供:SPAC-静岡県舞台芸術センター

山崎:偶然でしたが、私はその少し前に岩手県の花巻に行って、宮沢賢治の足跡をたどるような旅をしてきたばかりで。いろんな作品を読み返していた時期だったんです。

宮城:『グスコーブドリの伝記』は童話で、わりと地の文が多いので、脚本化するには脚色が必要になるんです。で、どういう人が向いているのかなって考えていたんですけど、いわゆる賢治の言葉を脚色しているようで、結局自分のことを書いちゃうタイプの人ではないほうがいいかなと。有名な原作をやるときって、あえて内容をひねったり、どこかに「『私』がやりました」っていう刻印を残したくなる欲望が、作家に沸き起こりやすいと思うんですけど、そういうスタンスの人じゃないほうがいいと。

―たしかに「自分がやるからには」って、独自のカラーを出すことが現代演劇なんだという風潮もありますよね。

宮城:『グスコーブドリの伝記』って、あらためて読むと問題のある作品というか、すべての点ですっきりしてなくて、火山を爆発させて気候を暖かくするという結末からして、「それって正しいの!?」って思いますよね。でも、そういった原作が持っている問題性をそのまま、観客が受け取れるほうがいいと思ったんです。で、そういう脚本を書ける人は誰だろう? って考えていたときに、鈴木さんの芝居を観ながら、ふと「あれ? 山崎ナオコーラさんがすごくいいかもしれない!」って思ったんです。

山崎:じゃあ、オファーをいただく直前に思いつかれたんですね(笑)。

宮城:そう(笑)。それで、次の演目を観る前の休憩時間にお蕎麦を食べながらオファーしたんですよね。

Page 1
次へ

イベント情報

『グスコーブドリの伝記』一般公演

2015年1月17日(土)、1月18日(日)、1月24日(土)、1月31日(土)、2月1日(日)全5公演
会場:静岡県 静岡芸術劇場
演出:宮城聰
作:宮沢賢治
脚本:山崎ナオコーラ
出演:
美加理
阿部一徳
池田真紀子
大内米治
木内琴子
大道無門優也
本多麻紀
森山冬子
山本実幸
吉植荘一郎
渡辺敬彦
主催:SPAC‐静岡県舞台芸術センター
料金:一般4,100円 SPACの会会員割引3,400円 大学生・専門学校生2,000円 高校生以下1,000円
※その他割引プランあり

『グスコーブドリの伝記』中高生鑑賞事業公演

2015年1月13日(火)、1月14日(水)、1月15日(木)、1月16日(金)、1月19日(月)、1月21日(水)、1月22日(木)、1月23日(金)、1月26日(月)、1月27日(火)、1月28日(水)、1月29日(木)、1月30日(金)全13公演
会場:静岡県 静岡芸術劇場
※鑑賞事業公演の一般販売は限定数のみ、取り扱いは電話と窓口のみ。
※1月13日、1月16日、1月23日、1月28日、1月29日は一般販売なし。

※一般公演初日の1月17日(土)は、片道1,000円の渋谷からの劇場往復バスを運行。

プロフィール

宮城聰(みやぎ さとし)

1959年東京生まれ。演出家。SPAC-静岡県舞台芸術センター芸術総監督。東京大学で小田島雄志・渡辺守章・日高八郎各師から演劇論を学び、1990年ク・ナウカ旗揚げ。国際的な公演活動を展開し、同時代的テキスト解釈とアジア演劇の身体技法や様式性を融合させた演出は国内外から高い評価を得ている。2007年4月SPAC芸術総監督に就任。自作の上演と並行して世界各地から現代社会を鋭く切り取った作品を次々と招聘、また、静岡の青少年に向けた新たな事業を展開し、「世界を見る窓」としての劇場づくりに力を注いでいる。2014年7月アヴィニョン演劇祭から招聘されブルボン石切場にて『マハーバーラタ』を上演し絶賛された。その他の代表作に『王女メデイア』『ペール・ギュント』など。2004年第3回朝日舞台芸術賞受賞。2005年第2回アサヒビール芸術賞受賞。

山崎ナオコーラ(やまざき なおこーら)

作家。1978年生まれ。2004年「人のセックスを笑うな」で第41回文藝賞を受賞してデビュー。他、著書に『浮世でランチ』『カツラ美容室別室』『論理と感性は相反しない』『男と点と線』『この世は二人組ではできあがらない』『ニキの屈辱』『昼田とハッコウ』などがある。最新作は『太陽がもったいない』。

  • 山崎ナオコーラのオフィシャルサイト | 新刊情報や最新の執筆情報を発信。
  • SPECIAL PR 特集

    もっと見る

    BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

    もっと見る

    PICKUP VIDEO 動画これだけは

    LUMINE ART FAIR - My First collection / Art of New York City

    10月12日、13日にルミネ新宿で開催する『LUMINE ART FAIR -My First Collection』のために制作された動画。現地アーティスト2名の言葉と、リアルな空気感とともにNYのアートシーンを紹介している。「NY、かっこいい!」という気持ちがムクムク膨れ上がってくるはずだし、アートに触れるきっかけはそれくらいがちょうどいいと思う。(石澤)

    1. ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く 1

      ドラマ『まだ結婚できない男』。新キャスト迎えて13年後を描く

    2. 中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開 2

      中山美穂がダンサーに恋 松尾スズキ監督・脚本・主演『108』本編映像公開

    3. セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現 3

      セクゾ中島健人&菊池風磨が「ガルボ」のキニナル食感を70種の表情で表現

    4. 『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け 4

      『全感覚祭』が10月13日に渋谷複数会場で急遽開催、千葉会場中止を受け

    5. 宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら 5

      宮藤官九郎の新作舞台『もうがまんできない』に阿部サダヲ、松尾スズキら

    6. フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が 6

      フレデリックの表現がユニークな理由 双子の関係と想像力に秘密が

    7. 『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載 7

      『水曜どうでしょう』漫画化、『週刊少年チャンピオン』で連載

    8. 宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真 8

      宮沢氷魚と藤原季節が額をくっつける、今泉力哉『his』ポスター&場面写真

    9. 細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場 9

      細野晴臣『NO SMOKING』特別映像公開 坂本龍一、高橋幸宏、星野源ら登場

    10. 小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも 10

      小沢健二の新アルバム『So kakkoii 宇宙』11月発表、新曲配信&ライブも