特集 PR

クラムボン・原田郁子&伊藤大助、歌詞に迷った20年目を語る

クラムボン・原田郁子&伊藤大助、歌詞に迷った20年目を語る

インタビュー・テキスト
宇野維正
撮影:永峰拓也

僕は音楽ってリスナーの方にそのまま渡して、そこで育っていくものだと思っているから。(伊藤)

―クラムボンがデビューした当時、自分は日本のロック雑誌の編集をしていたんですけど、アルバムを作って、それをメディアで積極的にプロモーションして、そのアルバムのツアーをして回るっていう、いわゆる当時のルーティンなバンド活動から、クラムボンはある時期を境にちょっと距離を置くようになったという実感があるんですね。「今だから言える」じゃないですけど、その頃、バンドの中ではどんな変化があったんでしょう?

伊藤:もちろん、最初はただ音楽がやりたくてバンドを始めたわけですけど、それを仕事として意識するようになってからは、バンドとして「もっとこうありたい」「こういうことをしたい」っていういろんな思いが出てきて、わりと正直にそれを実行してきたと思います。この三人の体制はずっと変わらないですけど、バンドとして何か無理が生じる前に、バンドそのもののかたちを変えてきたというか。

伊藤大助

―音楽シーンの変化に対応していく、という意識ではなく、あくまでその都度その都度の自分たちの思いを正直にかたちにしていってたと。

伊藤:そうですね。それがその当時の音楽シーンの主流であるか傍流であるかということは、あまり考えてこなかったです。バンドの中で誰かから新しい提案があったら、「じゃあ、やってみよう」ってやってきただけで。バンドの方向性についてガッツリ話し合ったような記憶はほとんどなくて、三人で出した音を通して会話をして、そこから自ずとバンドの方向性が決まっていった感じだと思います。

原田:デビューしてから、雑誌の取材やラジオに出て、写真を撮られたりメイクをしたり。いわゆるプロモーションと言われることを初めてやるんですけど、あまりにも不慣れで。「どうしてクラムボンなんですか?」「どうしてギターがいないんですか?」「どうしてこのタイトルになったんですか?」って次々と訊かれるんですけど、なんにもうまく答えられない。ぱっと思いついたり、たまたまそうなったり、そんなに考えてなかったんですよね。自分たちのことを把握してなかった。今にしてみると、「わかりにくかったんだろうな」と思うんですけど、当時は余裕がないから、インタビューを受けては落ち込んで、しょっちゅう体調を崩してたんですよね。

―そうだったんですね。

原田:レコード会社は「こういうふうに売り出したい」っていうイメージが明確にあったみたいなんですけど。

―それは、例えば?

原田:まさに『JP』(1999年)のジャケットのような。女の子ボーカルで、男子二人はそのバックでという。

―あぁ、それこそ当時三人体制だったドリカムとかがものすごく売れていた時代ですもんね(笑)。

原田:その違和感……「三人は対等である」という、たったそれだけのこと、自分たちにとってはあまりに普通のことを、どうやったら伝えられるか。でもそれは、一生懸命こういう場で言ってるだけじゃダメで、最初の1音目が鳴った時に、バンドごと伝わるくらいの音を鳴らせなきゃダメだろうって。それで、まずは音楽だけに集中する環境を整えようと、小淵沢のスタジオに籠るようになったんです。だから、最初から今みたいな活動をしていたわけじゃなくて、何度も翻弄されながら。そう言えば、インタビュアーの方に「すみません……」って泣かれたことがありました。

原田郁子

―え?(笑) それは、みなさんの受け答えが素っ気なさすぎてってことですか?

原田:いや、想定してきたようなことを私たちが全然言わないから、困らせてしまったみたい。逆に、「こっちがすみません」なんですけど(笑)。

―わかりやすく近寄りがたくて尖ってるバンドとかでは、そういうことってたまにあったりしますけど、クラムボンって音楽的に温かくて優しいイメージがあるから、ビックリしたのかもしれませんね。

原田:ああ、そういう印象の向こうでは、めちゃくちゃ尖ってたと思います(笑)。

伊藤:自分たちが把握しきれていない要素がたくさんあったと思います。一人で作っているわけではないし、音を出す前に三人の中でコンセンサスのようなものがとれているものでもなかったりするから。一人じゃわからないものができるからこそ、この三人でやっている意味があると思ってきたし。それが作品を通して広がっていくことがおもしろいんですよね。僕は音楽ってリスナーの方にそのまま渡して、そこで育っていくものだと思っているから。


周りが凍りつくような瞬間はもちろんあります。特にミトくんと私は、しょっちゅうぶつかってきたし。でもそれは「喧嘩」とは違うんですよね。(原田)

―そういう話を聞いてつくづく思うのは、クラムボンって、バンドを20年間運営してきたというよりも、三人が出す音に導かれた結果としてここまでやってきたってことなんですね。

原田:うん。でも三人だけでここまでこれたとは思ってないです。豊岡さんというマネージャーであったり、SUPER BUTTER DOG、ハナレグミをはじめとする、学生時代から近かった人たち、たくさんのミュージシャンとの出会いがあったから、切磋琢磨してこれました。

―途中、三人の関係がギクシャクしたようなことは一度もなかったんですか?

原田:ギクシャク? って何だろうね?(笑)

伊藤:わからないよね(笑)。

―今日はここにいらっしゃらないミトさんも含め、みなさん個々でも非常に精力的に活動をされているわけですよね。そういう意味で、「もうバンドとしての活動には戻らないかも」みたいなことが頭をよぎったこととか?

原田:周りが凍りつくような瞬間はもちろんあります。特にミトくんと私は、しょっちゅうぶつかってきたし。でもそれは真剣だからで、「喧嘩」とは違うんですよね。「自分のことを押し通す」っていうのとも違う。うーん……あえて言葉にするなら、「いつ終わってもいい」と「ここで終わってたまるか」が、両方ある。ずっと。

原田郁子

伊藤:いい時も悪い時も、「クラムボンをやる」っていうのはみんなどこかにあったと思うんですよ。自分自身も、「クラムボンをやるために、今の自分はどうすればいいのか?」っていう考え方をするようになっているし。「もういいや」って思ったことはないし、クラムボンの活動はしんどければしんどいほど、そこに続けていく意味があると思っているから。

原田:いろいろな活動をやってきた中で、クラムボンの現場が一番過酷なんですよ。また次に三人で集まって一緒に音を出すまでに、修行の必要があるというか。ソロをやったり、他のミュージシャンの方とセッションをしたりして、個人的にちゃんと筋力をつけておかないと太刀打ちできないというか。三人の中には常に闘いみたいなところがあるんです。

Page 2
前へ 次へ

リリース情報

クラムボン『triology』初回限定盤(CD+DVD)
クラムボン
『triology』初回限定盤(CD+DVD)

2015年3月25日(水)発売
価格:4,104円(税込)
COZP-1035/6

[CD]
1. Lightly!
2. アジテーター
3. the 大丈夫
4. Rough & Laugh
5. agua
6. noir
7. Scene 3
8. はなさくいろは -bon bori ver.-
9. バタフライ
10. yet -triology ver.-
11. Re-ある鼓動
12. Lightly...
[DVD]
『2015.02.11〝クラムボン 祝!結成20周年スペシャルフリーライブat 代々木公園〟』
1. Re-ある鼓動
2. シカゴ
3. パンと蜜をめしあがれ
4. 茜色の夕日
5. 波よせて
6. アジテーター
7. yet
8.サラウンド

クラムボン『triology』通常盤(CD)
クラムボン
『triology』通常盤(CD)

2015年3月25日(水)発売
価格:3,240円(税込)
COCP-39059

1. Lightly!
2. アジテーター
3. the 大丈夫
4. Rough & Laugh
5. agua
6. noir
7. Scene 3
8. はなさくいろは -bon bori ver.-
9. バタフライ
10. yet -triology ver.-
11. Re-ある鼓動
12. Lightly...

クラムボン『triology』(Blu-ray audio)
クラムボン
『triology』(Blu-ray audio)

2015年3月25日(水)発売
価格:4,104円(税込)
COXP-1127

1. Lightly!
2. アジテーター
3. the 大丈夫
4. Rough & Laugh
5. agua
6. noir
7. Scene 3
8. はなさくいろは -bon bori ver.-
9. バタフライ
10. yet -triology ver.-
11. Re-ある鼓動
12. Lightly...

クラムボン『triology』(LP)
クラムボン
『triology』(LP)

2015年3月25日(水)発売
価格:4,104円(税込)
COJA-9292

1. Lightly!
2. アジテーター
3. the 大丈夫
4. Rough & Laugh
5. agua
6. noir
7. Scene 3
8. はなさくいろは -bon bori ver.-
9. バタフライ
10. yet -triology ver.-
11. Re-ある鼓動
12. Lightly...

イベント情報

『clammbon 20th Anniversary「tour triology」』

2015年6月11日(木)
会場:宮城県 仙台 Rensa

2015年6月12日(金)
会場:新潟県 LOTS

2015年6月19日(金)
会場:愛知県 名古屋市公会堂

2015年6月21日(日)
会場:石川県 金沢 EIGHT HALL

2015年6月26日(金)
会場:大阪府 オリックス劇場

2015年7月2日(木)
会場:福岡県 福岡市民会館

2015年7月4日(土)
会場:香川県 高松 オリーブホール

2015年7月11日(土)
会場:北海道 札幌 PENNY LANE 24

2015年8月1日(土)
会場:広島県 広島CLUB QUATTRO

2015年11月6日(金)
会場:東京都 九段下 日本武道館

プロフィール

クラムボン

1993年、福岡出身の原田郁子(Vo,Pf)と東京で育ったミト(Ba)、そして札幌出身の伊藤大助(Dr)の三人が、同じ専門学校で出会う。95年にクラムボンを結成。99年、シングル『はなれ ばなれ』でメジャーデビュー。当初より、ライブバンドとして高い評価を得ながら、ライブやレコーディングなどにおいて他のアーティストとのコラボレーションや楽曲提供、プロデュースなど多岐に渡る活動を続けてきている。2015年3月25日には、8枚目のアルバム『2010』以来、5年ぶりとなるオリジナルアルバム『triology』をリリース。前作から今日に至るまで、各種リリースや、会場募集型の『ドコガイイデスカツアー』、両国国技館、よみうりランド2Daysといった大規模なワンマン公演、全国でのフェス出演など、精力的な活動を継続。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る