特集 PR

NOSIGNER×地元中小企業。ビジネスを変えるデザイン戦略って?

NOSIGNER×地元中小企業。ビジネスを変えるデザイン戦略って?

インタビュー・テキスト
内田伸一
撮影:豊島望

いきなり流通し得るものを目指すより、面白いアイデアに出会いたい、自分たちも何か提案できたら、という思いで参加を決めました。(大久保)

―それでは、NOSIGNERとACMのコラボレーションについて伺います。まずACMの大久保社長、CFRPという素材について教えていただけますか?

大久保:CFRPはCarbon Fiber Reinforced Plasticsの略で、つまり炭素繊維(カーボンファイバー)で強化した合成樹脂ですね。軽くて強靭なので、スポーツ用品から建築資材まで、また宇宙研究から海底探査まで広い領域で活かし得る、希有な新素材です。実は、まだかなり高価なことでも有名なのですが(笑)、私は「優れた素材は、単に高いという理由では廃れない」という信条を持っています。これは歴史をふり返っても明らかで、CFRPも時代により求められるときが必ずやってくるはず。

CFRPを用いた模型
CFRPを用いた模型

―そのための実験的な試みとして、今回『ヨコハマの家』に参加を?

大久保:最初は正直、どんなものだろうな? という気持ちもありました。新素材の可能性開拓は、いわばマニアのような人たちが夢中になって工夫する中で生まれてくることも多い。まだ使い方を知らない人も多いCFRPで、短期間にどこまでのことができるのか懸念もありました。でも、まずは太刀川さんのようなユニークな方々と「お友達」になってもの作りを楽しむことも、長い目で見れば大切かもしれないと思ったんです。いきなり流通し得るものを目指すより、面白いアイデアに出会いたい、また自分たちも何か提案できたら、という思いで参加を決めました。

大久保茂
大久保茂

太刀川:僕の場合、横浜は出身地で今の拠点でもあるので「ヨコハマ絡みならとにかくやろう」と引き受ける枠が自分の中にあり、今回もそちら寄りです(笑)。一方、僕らはこれまで、デザインで新たな関係性や可能性を紡ぎ出すことをテーマに活動しています。そこは今回も通じるので、いろいろ未知数でもやってみようと思ったんです。

太刀川英輔
太刀川英輔

―CFRPでの作品制作は、今どんなふうに進んでいるのですか?

太刀川:最初は、CFRPでダイヤモンドの結晶の形をした照明を作ろうと考えました。ダイヤもまたCFRPの鍵となる炭素の集まりなことから生まれたアイデアです。次の案は書道用の毛筆。CFRPは繊維をバラバラにでき、細くて強靭なので「現代版の竹」のような印象を持ったことが発想源です。書に使う墨も炭素と関わるので、1本の筆が根本から先までつながるイメージも湧きました。単純な棒状ではなく、細くテープ状にしたCFRPをランダムに交差させて円筒状にしたデザインを考えました。

CFRPを用いた毛筆のデザイン
CFRPを用いた毛筆のデザイン

CFRPを用いた照明のデザイン
CFRPを用いた照明のデザイン

―どちらも、もし日常に使えたら楽しそうですね。大久保さんが仰っていた、アイデアとの出会いが予想以上にいくつも生まれたとも言えそうです。

太刀川:これらは展示全体のバランスなども踏まえた紆余曲折から実現はしなかったのですが(苦笑)、最終案まで思考がつながっている点では意味があった。採用されたのは、やはりテープ状にしたCFRPを縦横に編み込んだ屏風作りです。屏風は装飾であると同時に、いわば和のパーティション(仕切り)で、いまの暮らしで使われるパーティションの多くがとても重いのに対し、木と紙でできているので軽くて強い。ならばその長所を拡張したような新素材であるCFRPで作ってみようと考えました。

―その模型がいま、お手元にありますね。屏風で連想したのですが、前衛書のような意匠としての面白さも感じます。

太刀川:屏風には自然の風景が描かれることも多いですよね。今回は屏風を自立させる構造そのものが、木陰など自然の要素を感じるデザインにもなればと考えています。

CFRPを用いた屏風の模型
CFRPを用いた屏風の模型

大久保:屏風といえば、文化財の修復における補強材としてもCFRPは使われているんですよ。軽くて丈夫なのに加え、美術品の大敵である熱膨張がほとんどないのも理由です。ちなみに、CFRPをはじめとして、私たちが扱う素材の多くは「設計が必要な材料」なんです。

―というと?

大久保:「CFRPください」と言ったら世界中どこでも同じものが供給される、というものではないということです。わかりやすい例でいえば「金属」という言葉は日常的に使われますが、そんな名前の材料は実際にはない。求める特性に応じた様々な素材やその配合から、個々の材料になるわけです。だから今回も太刀川さんの「どういうCFRPが欲しいか?」という希望に基づいて材料を設計し、実現させるわけです。

太刀川:まさにいま、それを一緒にやっている最中ですね。「これ、厚さは削っても4mmくらいですかね……?」と相談すると、「1mmでもいけますよ」とかお返事がくる(笑)。

大久保:今回はごく薄い屏風ですが、鉄の10倍のひっぱり強度を持たせた素材を使用しています。カーボン素材の設計は、強度や剛性、圧縮度などを分けて語れる点も特徴です。強度を上げるならこう、薄くした上で自立もさせるならこう、という感じで。さらに電気を通すか、通さないかなども調整できる。私たちからすると、どんな形になるかだけでなく、そうした物性の調整過程も面白いんです。

Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『YOKOHAMA CREATIVE WEEK』

2015年11月4日(水)~11月8日(日)
会場:神奈川県 横浜 YCC ヨコハマ創造都市センター
時間:11:00~22:00(最終日は20:00まで)
料金:無料

プロフィール

太刀川英輔(たちかわ えいすけ)

NOSIGNER株式会社代表取締役。ソーシャルデザインイノベーションを生み出すことを理念に活動中。その手法は世界的にも評価され、Design for Asia Award大賞、PENTAWARDS PLATINUM、SDA 最優秀賞、DSA 空間デザイン優秀賞など国内外の主要なデザイン賞にて50以上の受賞を誇る。災害時に役立つデザインを共有する「OLIVE PROJECT」代表。内閣官房主催「クールジャパンムーブメント推進会議」コンセプトディレクターとして、クールジャパンミッション宣言「世界の課題をクリエイティブに解決する日本」の策定に貢献。

大久保茂(おおくぼ しげる)

株式会社ACM代表取締役社長。炭素繊維の優れた特性を生かし、設計から成形、機械加工、接合、組立までを一貫して行う。その用途はロケット衛星、自動車部品、半導体デバイスなど多岐に渡る。

さわだいっせい / ウエスギセイタ

YADOKARI株式会社 代表取締役。2012年「YADOKARI」始動。世界中の小さな家やミニマルライフ事例を紹介する「未来住まい方会議」を運営。2015年3月、250万円のスモールハウス「INSPIRATION」発表。全国の遊休不動産・空き家のリユース情報を扱う「休日不動産」、空き部屋の再活用シェアドミトリー「点と線」、北欧ヴィンテージ雑貨店「AURORA」を運営。また名建築の保全・再生の一環で黒川紀章設計「中銀カプセルタワー」の一室をサポーターとともにソーシャルリノベーションし、シェアオフィスとして運営。著書に「アイム・ミニマリスト(三栄書房 / 2015年11月末発売)」がある。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

映画『サラバ静寂』予告編

1月27日公開の映画『サラバ静寂』予告編が届いた。音楽が無料で手に入ったり音楽フェスが溢れる音楽飽和時代に、なぜ「音楽が禁止された世界」を描くのか? 現代から考えれば、ある意味ではSFともいえる作品かもしれないけど、現代だからこそ、たくさんの人が見る意味のある作品だと思う。SUMIREの初演技にも要注目。(川浦)

  1. 「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定 1

    「娼夫」松坂桃李が女性とまさぐりあう 映画『娼年』特報公開&初日決定

  2. ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会 2

    ラッパーのUZIが大麻取締法違反で逮捕、『フリースタイルダンジョン』司会

  3. 宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信 3

    宇多田ヒカルがプロデュース 小袋成彬がメジャーデビュー、コラボ曲が配信

  4. サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN 4

    サマソニにBECK、ノエル、CHANCE THE RAPPERら、ソニマニにマイブラ、NIN

  5. 高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開 5

    高橋一生が激しく「ヲタ芸」を打つ、「氷結」新CM ドキュメント映像も公開

  6. 真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化 6

    真木よう子、井上真央、桜庭ななみ、大泉洋が共演 『焼肉ドラゴン』映画化

  7. 空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察 7

    空前のヒップホップブームのなか、バンド音楽の魅力を改めて考察

  8. 映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開 8

    映画『ドラえもん』、星野源が歌う主題歌“ドラえもん”入り予告編が公開

  9. 小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント 9

    小沢健二が「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場、90年代の写真にコメント

  10. 映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆 10

    映画『ママレード・ボーイ』両親Sに中山美穂、檀れい、谷原章介、筒井道隆