特集 PR

寒川晶子×山下洋輔 現代音楽の入門編「聴いて爆笑したっていい」

寒川晶子×山下洋輔 現代音楽の入門編「聴いて爆笑したっていい」

『ロームシアター京都セレクション 寒川晶子ピアノコンサート~未知ににじむド音の色音(いろおと)~』
インタビュー・テキスト
黒田隆憲
撮影:moco.(kilioffice) 編集:矢島由佳子

現代音楽家の寒川晶子が、9月24日に、『ロームシアター京都セレクション 寒川晶子ピアノコンサート~未知ににじむド音の色音(いろおと)~』を開催する。彼女が演奏するのは、「ド音ピアノ」と呼ばれる特別なピアノ。88あるすべての鍵盤を「ド」の音に調律し、「ド」から「ド#」までのグラデーションだけを使って、音が空間の中に滲んでいくような演奏を行う。

今回CINRA.NETでは、日本にいち早くフリージャズを持ち込み、一柳慧ら現代音楽家とも深く交流してきた山下洋輔と、寒川の対談を実現。なんとなく堅苦しいイメージを持たれがちな「現代音楽」が、いかに楽しく面白く、驚きのある分野であるかをたっぷりと語り合ってもらった。

ピアノを全部同じドの音に調律したっていうから、「なんて人だ!」と思って(笑)。(山下)

―まずは、お二人の交流のきっかけを教えてください。

山下:粟津潔先生(グラフィックデザイナー、2009年に死去)の追悼会で、初めて聴いたんです。一柳慧先生(1933年生まれ、作曲家・ピアニスト)の超難曲と言われている“タイム・シークエンス”を見事に弾かれた。軽やかで、僕の感覚では「スウィング」していた(笑)。実際、ちょっとジャズに似ているというか、低音でずっと同じことを繰り返しながら、右手がどんどん展開していく。素晴らしかったです。びっくりして、演奏が終わるなり飛んで行って話しかけたんです。それが寒川さんでした。しかも、こんなに可愛らしい方だったので二度びっくりでしたよ。

左から:寒川晶子、山下洋輔
左から:寒川晶子、山下洋輔

寒川:私の方はもう、山下さんのことは存じ上げていましたので、出会えたことがとても嬉しかったです。そのあとも何度かお見かけして。2010年に初めて「ド音ピアノ」の演奏会を行なったときに、山下さんにお越しいただいたんですよね。あの演奏会は奇跡が起きたのか、一柳先生含め、西江雅之先生(文化人類学者。2015年に死去)や山下さんと、他にも私が尊敬する方が何人もお越しくださっていました。

山下:そのときのこともはっきり覚えていますね。僕はその頃、「寒川さんはすごい!」と何度も一柳先生に話していましたから。「どんなことをするのだろう?」と思って観に行ったら、ピアノを全部同じドの音に調律したっていうから、「なんて人だ!」と思って(笑)。忘れられない存在となりました。

―当時の「ド音ピアノ」はまだ、試行錯誤の段階だったのですか?

寒川:そうですね。「このまま続けられるのかな」なんて、ちょっと半分背中に冷や汗をかきながら演奏していた覚えがあります(笑)。でも、その場にいらしてくださった多くの方から「これ、面白いよ」と言っていただいて。中でも特に背中を押してくださったのが、一柳先生や西江先生でした。西江先生も変わった方ですよね?(笑)

山下:それは奇遇だ! 西江先生は、僕にとってはものすごく前からお付き合いのある方です。文化人類学者、言語学者としては異端で正統な方なんですね(笑)。アフリカの村に住んじゃって、そこでトーキングドラムを習得したり。きっと西江先生は、文化人類学者の視点で寒川さんを面白がってたんじゃないかな。「新種が出てきた!」って(笑)。

寒川:他の方から聞いたのですが、西江先生は私のこと、「せっかく彼女が持っている『芽』を潰すようなことをしてしまってはもったいない」とおっしゃってくださっていたそうです。目指すべき目標に近づこうとして鍛え続けていると、「芽」まで潰してしまうことがある。もしかしたら、その「芽」をなくした方が、社会には適応しやすいのかもしれない。でも、「芽」は個性なんだって。

私は不器用だったが故に、クラシック作品を弾こうとすると、ときに呼吸のバランスを崩す部分があって思うように演奏できず、「芽」が残っていたみたいなのですが(笑)。

寒川晶子

―自分の中の「芽」を大事に育てていけば、唯一無二の花が咲くのかもしれない。現代音楽は、そういう「芽」を大事にしてくれる場所なんですね。

寒川:西江先生はアフリカ諸語やピジン・クレオール語の研究の先駆者として知られていて、様々な言語が混ざり合う文法が定まらない土地で、ほぼ解読不可能な言語を耳と感性で理解し、現地の人と会話できてしまう方でした。だから西江先生には、私自身も知らない自分と潜在的なイントネーションを見抜かれた気がしています。

山下:「芽」というのは、面白いことを面白がれる心、驚くことを喜べる心のことじゃないでしょうか。「自分にはジャズしかない」と思って一心不乱に進んでいた二十歳くらいの僕に、現代音楽の面白さを教えてくれたのは一柳先生や、僕にとってジャズの師匠である相倉久人さん(ジャズ評論家)でした。

―今日はお二人に、「現代音楽の面白さとはなにか?」について聞いてみたいと思っていたんです。

山下:例えばジョン・ケージの“4分33秒”。ピアノの前に4分33秒間座ったまま、なにも弾かないで帰っていく。それを「音楽」と主張しているのだから、まず爆笑ですよ。「なんだそれ?」って思うじゃないですか(笑)。

相倉さん経由で聞いた一柳先生のコンサートのエピソードもあります。ステージの袖からバイオリンを持った女性が現れて。蓋の開いたグランドピアノの中に潜り込み、足をぶらぶらさせたかと思ったら、そのままなにも演奏しないで帰っちゃった。それも「音楽」だって(笑)。しかもあとからわかったことですが、その女性がオノ・ヨーコさん(オノ・ヨーコの最初の結婚相手が一柳慧)だったんです。

Page 1
次へ

イベント情報

『ロームシアター京都セレクション 寒川晶子ピアノコンサート~未知ににじむド音の色音(いろおと)~』

2016年9月24日(土)
会場:京都府 ロームシアター京都 サウスホール
出演:
寒川晶子(ド音ピアノ)
檜垣智也(アクースモニウム)
伊藤悟(音の織機)
料金:
S席 一般3,000円 学生1,500円
A席 一般2,000円 学生1,000円

プロフィール

寒川晶子
寒川晶子(さむかわ あきこ)

1982年京都市生まれ。18歳まで京都市にて過ごす。フェリス女学院大学音楽学部卒業。これまでにピアノを黒川浩氏、中川賢一氏らに師事する。音楽による空間づくりに積極的に取り組み、現代美術作品とのコラボレーションやプラネタリウムを舞台にした演奏会など、自らも創作に関わりながら演奏を行う。2010年に全鍵盤を「C」(ド)音に特殊調律したピアノを使用し各界から注目を集め、ファッションショーでの生演奏や小学校での芸術教育授業に招聘されるなど、その斬新な試みに高い評価を得た。また、2013年9月に禅と茶文化で著名な京都・大徳寺塔頭王林院にて、トイピアノによる演奏会を行うなど、日本文化を意識するようになる。2015年より現代音楽を下地にピアノと織物を繋ぐ演奏会を伊藤悟、野中淳史と展開。博多織に関わる作曲家の藤枝守氏ともピアノと織物の長期プロジェクトを計画している。女子美術大学アートプロデュース表現領域非常勤講師。

山下洋輔
山下洋輔(やました ようすけ)

1969年、山下洋輔トリオを結成、フリーフォームのエネルギッシュな演奏でジャズ界に大きな衝撃を与える。国内外の一流ジャズアーティストとはもとより、和太鼓やシンフォニーオーケストラとの共演など活動の幅を広げる。88年、山下洋輔ニューヨークトリオを結成。国内のみならず世界各国で演奏活動を展開する。99年芸術選奨文部大臣賞、03年紫綬褒章、12年旭日小綬章を受章。国立音楽大学招聘教授。演奏活動のかたわら、多数の著書を持つエッセイストとしても知られる。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Nova Heart“My Song 9”

盛り上がりを見せる中国ミレニアル世代のなかでも要注目のバンド、Nova Heartの“My Song 9”MV。今週末開催の、中国ユースカルチャーを代表する実力派ミュージシャンが出演するイベント『秋音之夜』にも登場する彼女たちが、日本の夜にどんな姿を見せてくれるか楽しみだ。中国ミレニアルズの勢いは止まらない。(川浦)

  1. 『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら 1

    『紅白歌合戦』出演者にWANIMA、三浦大知、エレカシ、竹原ピストル、TWICEら

  2. 菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ 2

    菊地成孔×湯山玲子対談 「文化系パリピ」のススメ

  3. 長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル 3

    長澤まさみが高橋一生の腕の中で眠る、映画『嘘を愛する女』新ビジュアル

  4. 西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに 4

    西野七瀬がドラマ『電影少女』でビデオガール・アイ役 初ショートカットに

  5. のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア 5

    のんが少年ヒーロー・クボに変身 『映画秘宝』表紙&巻頭グラビア

  6. カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤 6

    カクバリズムの新鋭・mei eharaが明かす、デビューまでの葛藤

  7. 最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る 7

    最果タヒ×山戸結希 この時代の一番の共犯者たち「言葉」を語る

  8. 吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号 8

    吉本ばなな×岡村靖幸×のん×川島小鳥のグラビア小説も 『Maybe!』第4号

  9. ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点 9

    ジョン・レノン&オノ・ヨーコのベッドイン写真展 世界初公開作含む約40点

  10. 『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真 10

    『ファンタスティック・ビースト』最新作が来冬公開 主要キャストの初写真