ニュース

会田誠、三瀬夏之介ら気鋭31作家の作品を展示する『ジパング展』が3都市で開催

31人の作家の作品を一挙に展示する企画展『ジパング展 −31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』が、6月1日から東京、大阪、京都で順次開催される。

同展は、イムラアートギャラリーの井村優三が企画を、ミヅマアートギャラリーの三潴末雄がキュレーションを担当。企画展タイトルは、独自の美的感覚が新鮮な発見として世界に迎えられている日本の現代アートを、冒険家マルコ・ポーロが日本を黄金郷であると伝えたエピソードをもとに名付けられている。欧米美術の枠組みにとらわれることなく、エネルギッシュかつ自由に表現された作品の数々を一挙に鑑賞することができるだろう。

6月1日から東京、8月31日から大阪、9月28日から京都と各地の高島屋で巡回開催される。また、東京会場の日本橋高島屋では、6月1日から7日まで『Nippon 現代アート外伝』も同時に開催される。

なお、同展の出展作家の作品を掲載する書籍『ZIPANGU(ジパング) ―31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』が、青幻舎から6月1日に刊行される予定だ。


CINRA.NETでは、『ジパング展(日本橋高島屋会場)』の招待券を15組30名様にプレゼントいたします!

お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「ジパング展招待券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年6月1日)

『ジパング展 −31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』

2011年6月1日(水)~6月20日(月)
会場:東京都 日本橋高島屋

2011年8月31日(水)~9月12日(月)
会場:大阪府 難波 大阪高島屋

2011年9月28日(水)~10月10日(月・祝)
会場:京都府 河原町 京都高島屋

出品作家:
会田誠
青山悟
池田学
石原七生
上田順平
O JUN
岡本瑛里
風間サチコ
樫木知子
熊澤未来子
鴻池朋子
近藤聡乃
指江昌克
染谷聡
棚田康司
束芋
天明屋尚
南条嘉毅
藤田桃子
町田久美
三瀬夏之介
宮永愛子
森淳一
山口藍
山口晃
山崎史生
山本太郎
山本竜基
吉田朗
龍門藍
渡邊佳織

料金:一般800円 大学・高校生600円

『Nippon 現代アート外伝』

2011年6月1日(水)~6月7日(火)
会場:東京都 日本橋高島屋 6階美術画廊

出品作家:
青山悟
石原七生
O JUN
鴻池朋子
近藤聡乃
染谷聡
天明屋尚
三瀬夏之介
山本太郎
渡邊佳織

『ジパング −31人の気鋭作家が切り拓く、現代日本のアートシーン。』

2011年6月1日発売予定
価格:2,940円(税込)
発行:青幻舎

(画像上から:熊澤未来子『侵食』 2009 パネル、ジェッソ、鉛筆 227.3×324cm 撮影:宮島径 ©KUMAZAWA Mikiko Courtesy Mizuma Art Gallery、三瀬夏之介『だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる』 2010 和紙に墨、胡粉、アクリル、インクジェットプリントのコラージュ 272×1456cm 撮影:瀬野広美 ©Natsunosuke MISE Courtesy imura art gallery、会田誠『大山椒魚』 2003 撮影:木奥恵三 高橋コレクション蔵 ©AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery、天明屋尚『神風』 2003 アクリル絵具、金箔、木 200×272.4cm 個人蔵 ©TENMYOUYA Hisashi Courtesy Mizuma Art Gallery、池田学『ブッダ』 2000 紙にペン、インク 130.3×162.1cm ©IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery)

熊澤未来子『侵食』 2009 パネル、ジェッソ、鉛筆 227.3×324cm 撮影:宮島径 ©KUMAZAWA Mikiko Courtesy Mizuma Art Gallery
熊澤未来子『侵食』 2009 パネル、ジェッソ、鉛筆 227.3×324cm 撮影:宮島径 ©KUMAZAWA Mikiko Courtesy Mizuma Art Gallery
三瀬夏之介『だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる』 2010 和紙に墨、胡粉、アクリル、インクジェットプリントのコラージュ 272×1456cm 撮影:瀬野広美 ©Natsunosuke MISE Courtesy imura art gallery
三瀬夏之介『だから僕はこの一瞬を永遠のものにしてみせる』 2010 和紙に墨、胡粉、アクリル、インクジェットプリントのコラージュ 272×1456cm 撮影:瀬野広美 ©Natsunosuke MISE Courtesy imura art gallery
会田誠『大山椒魚』 2003 撮影:木奥恵三 高橋コレクション蔵 ©AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery
会田誠『大山椒魚』 2003 撮影:木奥恵三 高橋コレクション蔵 ©AIDA Makoto Courtesy Mizuma Art Gallery
天明屋尚『神風』 2003 アクリル絵具、金箔、木 200×272.4cm 個人蔵 ©TENMYOUYA Hisashi Courtesy Mizuma Art Gallery
天明屋尚『神風』 2003 アクリル絵具、金箔、木 200×272.4cm 個人蔵 ©TENMYOUYA Hisashi Courtesy Mizuma Art Gallery
池田学『ブッダ』 2000 紙にペン、インク 130.3×162.1cm ©IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery
池田学『ブッダ』 2000 紙にペン、インク 130.3×162.1cm ©IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery
画像を拡大する(12枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. 入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ 1

    入場料のある本屋「文喫」は高いのか、安いのか?店内を一足先にレポ

  2. ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面 2

    ゆずが語る、ゆずへの期待を背負ったことで解放できた新たな側面

  3. Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍 3

    Queen・フレディ在籍時の6度の日本ツアーに密着 300点超の写真収めた書籍

  4. ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居 4

    ゲスの極み乙女。の休日課長こと和田理生が「テラスハウス」に入居

  5. 光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も 5

    光宗薫が個展『ガズラー』を銀座で開催 ボールペンの細密画&滞在制作も

  6. 鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で 6

    鈴木康広の作品『ファスナーの船』が隅田川を運航 期間限定で

  7. 『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン 7

    『神酒クリニックで乾杯を』に松本まりか、栁俊太郎ら&主題歌はアジカン

  8. 「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場 8

    「RADWIMPSからのお手紙」が100通限定配布 渋谷駅地下コンコースに登場

  9. 立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く 9

    立川シネマシティの「次世代映画ファン育成計画」とは? 意図や想いを訊く

  10. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 10

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと