スペシャが2013年上半期のPVから20本をセレクト『MUSIC VIDEO REVIEW』発表

スペースシャワーTVが推薦する2013年上半期のミュージックビデオ20本が発表された。

これはスペースシャワーTVが2013年の1月1日から6月30日までに発表されたミュージックビデオを厳選して紹介する企画『MUSIC VIDEO REVIEW』によって選ばれたもの。寒竹ゆりがディレクションを手掛けたamazarashi“性善説”、永戸鉄也がディレクションを手掛け、真鍋大度がエフェクトを担当したillion“MAHOROBA”、田向潤がディレクションを手掛けたきゃりーぱみゅぱみゅ“ふりそでーしょん”とSEKAI NO OWARI“RPG”、関和亮がディレクションを手掛けたサカナクション“ミュージック”、大原大次郎と井口皓太(TYMOTE)がディレクションを手掛けたHaKU“everything but the love”などが選出されている。

同企画の特設サイトで各作品が紹介されているほか、8月15日と16日にスペースシャワーTVで選出作品がオンエアされる。

作品情報

『MUSIC VIDEO REVIEW』選出作品

・amazarashi“性善説”
・illion“MAHOROBA”
・きゃりーぱみゅぱみゅ“ふりそでーしょん”
・クリープハイプ“社会の窓”
・Coldrain“The Revelation”
・小南泰葉“やさしい嘘”
・サカナクション“ミュージック”
・坂本慎太郎“死者より”
・さよならポニーテール“青春ファンタジア”
・椎名林檎“いろはにほへと”
・SEKAI NO OWARI“RPG”
・電気グルーヴ“Missing Beatz”
・ハイスイノナサ“reflection”
・HaKU“everything but the love”
・Perfume“未来のミュージアム”
・ハンサムケンヤ“テヌート”
・BOOM BOOM SATELLITES“NINE”
・Mr.Children“REM”
・MIYAVI“Ahead Of The Light”
・ゆず“LAND”

(画像:『MUSIC VIDEO REVIEW』ロゴ)

  • HOME
  • Music
  • スペシャが2013年上半期のPVから20本をセレクト『MUSIC VIDEO REVIEW』発表

Special Feature

Habitable World──これからの「文化的な生活」

気候変動や環境破壊の進行によって、人間の暮らしや生態系が脅威に晒されているなか、これからの「文化的な生活」のあり方とはどういうものなのだろうか?
すでに行動している人々に学びながら、これからの暮らしを考える。

記事一覧へ

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて