草野マサムネ、中村一義ら15人が音楽との出会い語る『ロックンロールが降ってきた日3』

ロックミュージシャンが音楽との出会いを語る書籍『ロックンロールが降ってきた日3』が、4月18日に刊行される。

同書は、ミュージシャンたちが運命の曲と出会った瞬間などを語る書籍シリーズの第3弾。少年時代に音楽と出会い、日常の風景を変化させていった体験を語るミュージシャンの言葉を通じて、音楽が持つ力を浮き彫りにする内容となっている。

掲載アーティストは、但野正和(最終少女ひかさ)、ワタナベシンゴ(THE BOYS&GIRLS)、のび太(WHITE ASH)、尾崎世界観(クリープハイプ)、小山田壮平(ex.andymori)、後藤正文(ASIAN KUNG-FU GENERATION)、山田将司(THE BACK HORN)、峯田和伸(銀杏BOYZ)、田中和将(GRAPEVINE)、中村一義、鈴木圭介(フラワーカンパニーズ)、曽我部恵一(サニーデイ・サービス)、草野マサムネ(スピッツ)、奥田民生、加山雄三の15人。前2作に引き続いてカバーイラストは浅井健一が描き下ろしており、編集は秋元美乃、森内淳が担当している。

書籍情報

『ロックンロールが降ってきた日3』

2015年4月18日(土)発売
編集:秋元美乃、森内淳
価格:2,484円(税込)
発行:スペースシャワーネットワーク

amazonで購入する

  • HOME
  • Book
  • 草野マサムネ、中村一義ら15人が音楽との出会い語る『ロックンロールが降ってきた日3』

Special Feature

メタ・サピエンス──デジタルとリアルが溶け合う世界を探究する

デジタルとリアルが融合する世界。世界はどう変化し、人々はどう進化するのだろうか?私たちはその進化した存在を「メタ・サピエンス」と名づけ、「Humanity - 人類の進化」「Life - 生活・文化の進化」「Society - 社会基盤の進化」の3つの視点からメタ・サピエンスの行動原理を探究していく。

詳しくみる

JOB

これからの企業を彩る9つのバッヂ認証システム

グリーンカンパニー

グリーンカンパニーについて
グリーンカンパニーについて