ニュース

『隅田川怒涛』オンライン開催 蓮沼執太、いとうせいこう、和田永らが出演

『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13「隅田川怒涛」』メインビジュアル ©一般財団法人 北斎館
『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13「隅田川怒涛」』メインビジュアル ©一般財団法人 北斎館

音楽とアートのイベント『Tokyo Tokyo FESTIVAL スペシャル13「隅田川怒涛」』春会期が5月22日と23日にオンライン開催される。

『隅田川怒涛』は、約200年前の江戸の華やぎを想い、芸術表現活動を通じて人々が怒涛のように混ざり合っていく姿を描くプロジェクト。隅田川を1つの舞台に見立て、様々なアーティストが音楽を軸にしたライブ、パフォーマンス、インスタレーションなどを春と夏に展開する。ディレクターは清宮陵一(NPO法人トッピングイースト)。

春会期プログラムは当初5月15日から23日かけて開催予定だったが、緊急事態宣言の発令に伴い、3つのプログラムを無観客で無料ライブ配信。5月22日18:30からは蓮沼執太率いる蓮沼執太フィルと大崎清夏、音無史哉、角銅真実、寺尾紗穂が出演する野外コンサート『浜離宮アンビエント』が配信される。蓮沼執太フィルには蓮沼に加えて、石塚周太、イトケン、大谷能生、尾嶋優、葛西敏彦、K-Ta、小林うてな、ゴンドウトモヒコ、斉藤亮輔、千葉広樹、手島絵里子、三浦千明、宮地夏海が参加。

5月23日15:00からは『ことばの渡し』を開催。出演者にいとうせいこう、カニエ・ナハ、川越サイファー、くるんちゅ from MAD City、GOMESS、新橋サイファー、晋平太、SECRET COLORS、田中象雨、Dr.マキダシ、なみちえ、宮尾節子が名を連ねる。

同じく5月23日18:00からは和田永+Nicos Orchest-Labによる『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』が行なわれる。和田永が中心となる和田永+Nicos Orchest-Labは、使われなくなった電化製品を電子的にハッキングし、新たな楽器として蘇らせ、オーケストラを目指していくプロジェクト。前半はZoom画面を通じて参加できる『シマシマ演奏体験ワークショップ』、後半はこれまでに作られてきた家電楽器を用いたバンドパフォーマンスをメインに、発電の仕組みを用いた楽器、スケートボードを使用した楽器などの新作を披露する。

夏会期は8月中旬~9月初旬に開催予定。詳細は後日発表される。

清宮陵一(NPO法人トッピングイースト)のコメント

『隅田川怒涛』春会期開催に寄せて
いよいよ!2年の準備期間を経て『隅田川怒涛』の春会期を迎えることができました。改めまして、これまでの間、開催に向けてご尽力くださった全ての方に感謝いたします。

残念ながら、東京では三度目となる緊急事態宣言下での開催となってしまい、隅田川沿いで皆さんにお会いすることは叶いません。隅田川南北約10kmを舞台に、たくさんのプログラムが同時多発的に展開され、それらの間を遊覧船に乗ったり新緑豊かなテラスを歩いたり、、という今となっては夢のような景色は、いずれまたの機会を探れたらと思います。

それでも、5月22日と23日に実施する全てのプログラムは、アーティストたちが隅田川沿いに集い、生配信というかたちで皆さんに楽しんでいただけるように設計しました。しかも、この形態だからこそ実現するパフォーマンスとして、蓮沼執太による「浜離宮アンビエント」には、寺尾紗穂と角銅真実のゲスト参加が決定。和田永による「エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~」と、いとうせいこうによる「ことばの渡し」の両プログラムがコラボレーションする時間も用意しています。

隅田川周辺は、さかのぼればこれまでに、明暦の大火をきっかけに両国橋が架けられたことによって栄え、飢饉による餓死者の慰霊と疫病退散のために今の隅田川花火の前身となる両国花火が生まれ、関東大震災、東京大空襲からも時間をかけて復興してきました。

葛飾北斎が描いた《怒涛図》の浪(なみ)のように、人と人とが混ざり合っていく姿を隅田川流域で描いていくプロジェクトが『隅田川怒涛』です。その精神は、会うことが叶わない状況であっても息づき、根を張り、未来へと確実につながっていくと信じています。

2021年5月10日 NPO法人トッピングイースト 清宮陵一

『浜離宮アンビエント』ビジュアル(題字デザイン:田中せり、写真:小山泰介)
『浜離宮アンビエント』ビジュアル(題字デザイン:田中せり、写真:小山泰介)
『ことばの渡し』ビジュアル『葛飾北斎『冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見』島根県立美術館蔵、題字:田中象雨)
『ことばの渡し』ビジュアル『葛飾北斎『冨嶽三十六景 御厩川岸より両国橋夕陽見』島根県立美術館蔵、題字:田中象雨)
『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』ビジュアル(ロゴデザイン:譽田そよ子、写真:山本マオ)
『エレクトロニコス・ファンタスティコス!~家電集轟篇~』ビジュアル(ロゴデザイン:譽田そよ子、写真:山本マオ)
蓮沼執太 ©後藤武浩
蓮沼執太 ©後藤武浩
いとうせいこう
いとうせいこう
和田永 Photo by Florian Voggeneder
和田永 Photo by Florian Voggeneder
画像を拡大する(7枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る