特集 PR

カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在

『LIVEWIRE カネコアヤノ@伊豆スタジオ』
テキスト・編集
山元翔一(CINRA.NET編集部)
カネコアヤノの「お守り」は何か?「大丈夫」の魔法とあなたの存在

カネコアヤノが有料配信ライブを開催。「大役」を担って、信頼するバンドメンバーと作り上げた鉄壁のライブ

2020年7月5日、カネコアヤノが『LIVEWIRE』のこけら落とし公演に出演した。画面越しではありつつも、開始前もライブ中も、一視聴者に過ぎない自分のなかには何とも言えない緊張があった。今まで配信ライブをいくつも見てきたけれど(もちろん3月15日のカネコアヤノによる無料配信ライブも含め)、そのどれとも似つかない感情で自分はこのライブを見守っていた。気がつくと僕は、あのカネコアヤノに対して「がんばれ」と心のなかで応援し続けていたのだった。

カネコアヤノ / 撮影:曽我美芽<br>弾き語りとバンド形態でライブ活動を行っている。2016年4月に初の弾き語り作品『hug』、2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』を発表。2018年に発表したアルバム『祝祭』は第11回CDショップ大賞2019入賞作品に選出。2019年には最新アルバム『燦々』と弾き語りによる再録アルバム『燦々 ひとりでに』を発表。アルバム『燦々』は『第12回CDショップ大賞2020大賞「青」』に選出された。
カネコアヤノ / 撮影:曽我美芽
弾き語りとバンド形態でライブ活動を行っている。2016年4月に初の弾き語り作品『hug』、2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』を発表。2018年に発表したアルバム『祝祭』は第11回CDショップ大賞2019入賞作品に選出。2019年には最新アルバム『燦々』と弾き語りによる再録アルバム『燦々 ひとりでに』を発表。アルバム『燦々』は『第12回CDショップ大賞2020大賞「青」』に選出された。

『LIVEWIRE』はスペースシャワーネットワークが手がけるオンラインライブハウス・プロジェクトで、くるりや銀杏BOYZ、PUNPEE、Suchmos、Yogee New Waves、中村佳穂といった錚々たるアーティストたちのライブが決定している。カネコアヤノは、そのこけら落とし公演という「大役」に抜擢された。

最初にライブ全体をざっと振り返ってみたい。“愛のままを”でこの日は幕を開け、“かみつきたい”“星占いと朝”と、バンドという生き物のバイオリズムを確かめるように丁寧にライブを立ち上げていく。

最近ではあえてセットリストから外されていることも多いのだが、現在に至るカネコアヤノを一番象徴する曲とも言える“とがる”が4曲目で飛び出した。そして“カウボーイ”や“春”、“天使とスーパーカー”というライブの屋台骨を担う、彼女とともに成長してきた楽曲たちで最初のピークを作り、“セゾン”へとつなぐ。

“エメラルド”で流れを変え、“朝になって夢からさめて”でグッと内側に潜り込み、“明け方”で<不安なまま朝を迎えてしまった だからギターを弾くしかないんだ>と画面越しに心の内を告白するように歌う。彼女のその姿には、どうしようもなく胸を打たれてしまった。

そして“光の方へ”でクライマックスへ向けたエネルギーを爆発させ、“爛漫”“祝日”でギアをさらにもう一段、深く深く入れ直し、“さよーならあなた”で1時間近くをかけて作り上げた「この日、この瞬間にしか見ることのできないバンドの姿」を我々は目の当たりにさせられる。そしてその完全に仕上がったバンドが鳴らす、“ぼくら花束みたいに寄り添って”の凄みたるや。終曲は、この日のすべてを持っていくような“アーケード”。ライブの運び方や選曲も含めて、今のカネコアヤノは相当高いレベルにまで達しているということを改めて感じさせられた。

こう書いてみると、ある意味いつもどおりのライブだったとも言えるのかもしれないとも思う。しかし逆に言えば、いつもどおりを表現するだけですごいライブをやってしまえる楽曲が今のカネコアヤノには揃っているし、バンドメンバーとの強固な信頼関係が築かれている。

本村拓磨(Ba,Cho) / 撮影:曽我美芽
本村拓磨(Ba,Cho) / 撮影:曽我美芽
林宏敏(Gt) / 撮影:曽我美芽
林宏敏(Gt) / 撮影:曽我美芽
Bob(Dr,Cho) / 撮影:曽我美芽
Bob(Dr,Cho) / 撮影:曽我美芽
Page 1
次へ

イベント情報

『LIVEWIRE カネコアヤノ@伊豆スタジオ』
『LIVEWIRE カネコアヤノ@伊豆スタジオ』

2020年7月5日(日)20:00~
料金:前売2,500円 当日3,000円

リリース情報

カネコアヤノ
『カネコアヤノ 単独演奏会「さいしん」2020.6.25 ザムザ阿佐ヶ谷』(DVD)

2020年8月5日(水)からライブ会場、カネコ商店で発売
価格:5,500円(税込)
NNFD-02

1. 花ひらくまで
2. かみつきたい
3. 星占いと朝
4. とがる
5. カウボーイ
6. 春
7. 天使とスーパーカー
8. セゾン
9. エメラルド
10. 朝になって夢からさめて
11. 光の方へ
12. 退屈な日々にさようならを
13. どこかちょっと
14. りぼんのてほどき
15. 車窓より
16. 明け方
17. 爛漫
18. ぼくら花束みたいに寄り添って
19. グレープフルーツ
20. さよーならあなた
21. 愛のままを
22. 燦々

※フォトブック付属

カネコアヤノ
『カネコアヤノ 単独演奏会「さいしん」2020.6.25 ザムザ阿佐ヶ谷』(2CD)

2020年8月5日(水)からライブ会場、カネコ商店で発売
価格:2,970円(税込)
NNFC-08

[CD1]
1. 花ひらくまで
2. かみつきたい
3. 星占いと朝
4. とがる
5. カウボーイ
6. 春
7. 天使とスーパーカー
8. セゾン
9. エメラルド
10. 朝になって夢からさめて
11. 光の方へ

[CD2]
1. 退屈な日々にさようならを
2. どこかちょっと
3. りぼんのてほどき
4. 車窓より
5. 明け方
6. 爛漫
7. ぼくら花束みたいに寄り添って
8. グレープフルーツ
9. さよーならあなた
10. 愛のままを
11. 燦々

プロフィール

カネコアヤノ

弾き語りとバンド形態でライブ活動を行っている。2016年4月に初の弾き語り作品『hug』、2017年9月には初のアナログレコード作品『群れたち』を発表。2018年に発表したアルバム『祝祭』は第11回CDショップ大賞2019入賞作品に選出。2019年には最新アルバム『燦々』と弾き語りによる再録アルバム『燦々 ひとりでに』を発表。アルバム『燦々』は『第12回CDショップ大賞2020大賞「青」』に選出された。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側