特集 PR

採用されれば社会実装に取組む。2025年に実現したいAIアイデア

「#人とAIの2025」コンテスト
インタビュー・テキスト
飯嶋藍子
編集:久野剛士(CINRA.NET編集部)
採用されれば社会実装に取組む。2025年に実現したいAIアイデア

頭の中のイメージを取り出す。効率と真逆の発想から生まれる。さまざまなAIのアイデア

2025年という少し先の未来に向けてのアイデアを募集する、wellvill株式会社主催の『「#人とAIの2025」コンテスト』。「2025年に実現してほしいAIのアイデア」を募集した本イベントの決勝戦が2月23日に実施された。

多数の応募があった中から1次審査を通過した8人が、コロナ禍でオフラインでの体験が変化してきた今ならではの発想や、仕事での実感や被災体験から生まれた社会への提案など、そのアイデアと思いをオンラインで発表。審査員にはwellvill株式会社の松田智子CEO、樽井俊行CTO、特別審査員の総合エンターテイメントプロデューサーのつんく♂、筑波大学准教授の落合陽一が、実現に向けた取り組みが実際に行われる「wellvill賞」を始め、4つの賞にふさわしいアイデアを選出した。私たちの未来の生活を変えるかもしれないアイデアたちと審査員のコメントをお届けする。

その名の通りアイデアが特に光る「特別アイデア賞」を受賞したのは、ラーニングデザイナーの吉野明日香が提案する『アタマの中のイメージを取り出せるAI』。

『アタマの中のイメージを取り出せるAI』プレゼン資料の一部
『アタマの中のイメージを取り出せるAI』プレゼン資料の一部
吉野明日香
吉野明日香

頭の中に浮かんだイメージを言葉に変換して伝えようとすると、個々人の言葉の解釈の違いによって齟齬が生じることが多々ある。吉野が提案するAIは、伝えたいのにうまく伝わらないもどかしさを感じることなく、頭の中で描いているイメージをそのイメージのまま取り出し共有するというものだ。審査委員の1人、wellvill株式会社の樽井CTOはこうコメントした。

樽井:人間は言語という記号を理解して思考しますが、その時に五感をフル稼働させていて、視覚野や記憶領域も含めて脳の中の部位が複雑に投影されているので、その瞬間瞬間の思考の信号を、画像などに結びつけるようなメカニズムを考えることができると思います。2025年に向けてのテーマとして斬新で面白いし、アプローチする価値のあるアイデアだと思います。

樽井俊行(wellvill株式会社CTO)
樽井俊行(wellvill株式会社CTO)

「街の中での新しい楽しみになりそう」とそのエンターテイメント性が評価され、「つんく♂賞」に輝いたのは、山後喬が発案した人型ロボット『TERA-SU』。295万世帯が停電となった北海道胆振東部地震を体験した山後は、いざというときには頭が真っ白になり非常用電源や防災セットを有効に使えないと気づいたことから、街中に設置して、あらかじめ平常時にも使える『TERA-SU』を考え出した。

『TERA-SU』プレゼン資料の一部
『TERA-SU』プレゼン資料の一部
山後喬
山後喬

平常時はボディへの広告表示や観光案内といった機能を使用でき、災害時には非常用電源になったり、内部に格納された防災セットを取り出したりすることができる。普段から街中で役立つ存在だからこそ、とっさの行動が取れない非常時にも身近な存在として私たちを支えてくれるという頼もしいものだ。

つんく♂:わかっていても有事になかなかうまくはいかないから、平常時からなんらかの形で触れられる、身近に置いておける、というのはとてもいい発想ですね。ロボット型にせずとも、小さな子どもや老人も親しんで触れることができる愛嬌があるものになったらいいなと思いました。

つんく♂(特別審査員)
つんく♂(特別審査員)

「落合賞」を受賞したのは東京大学工学部の浅野輝による『撹乱としてのAI』。AIと聞くとさまざまなことを効率化・最適化するイメージがあるが、そのまったく逆をいく「AIによってほころびを生み出す」というアイデアだ。

「不確実性によって発生する驚きが知性を育む」という趣旨の元東大総長の文学者、蓮實重彦の言葉を引用しながら、コロナ禍で偶発性が減り、驚きがなくなってきている社会に対して貧しさを感じたという浅野。また、Amazonの人事採用AIツールが行った女性差別や、アメリカの裁判所における再犯可能性を予測するシステムにおける黒人差別など、「機械による差別」の原因となっているデータバイアスに対しても問題を感じたそうだ。そして、こうしたデータのバイアスは、日々繰り返されて生まれる「ほころび」によって変わっていくのでは? と感じたことから、「ほころび」や「ズレ」を生みたいという思いが芽生えたという。

『撹乱としてのAI』プレゼン資料の一部
『撹乱としてのAI』プレゼン資料の一部
浅野輝
浅野輝

落合:予期しないことを予期する分野って極めて難しいので、実世界で起こってしまう不思議なバイアスを拾い集めるだけでも面白い。いろいろなバイアス自体が偶発性を生んでいる社会でもあるので、バイアスを是正するためのAIや客観視装置があることによって、社会の中の偶発的な事象を見つけやすくなるかもしれないです。

今世の中で起こっている多くの分断はおそらくAI作りにも影響を及ぼしていくし、セレンディピティ(偶然の出会い)の低減も「withコロナ」以降すごく活発化していて。そこにどうやって偶発性を呼び込んでいくか、そこに差別が起こらないようにするかは、今後の大きな課題だと思うので、2025年までになんらかの解決策が見出せるといいと思いました。

落合陽一(特別審査員)
落合陽一(特別審査員)
Page 1
  • 1
  • 2
次へ

イベント情報

『「#人とAIの2025」コンテスト』

「人と、人のつながりを支えるAIの未来」に関する少し先の未来(5年後)について、みんなで自由に思い描き、応募し合うコンテスト。AIに関連する様々なプロジェクトを通じて、対話エンジンを中心とした、世の中の一人ひとりの暮らしに寄り添ったテクノロジーを開発するwellvill(ウェルヴィル)が主催した。

決勝戦:2021年2月23日(火)14:00~16:00
特別審査員:
つんく♂氏(総合エンターテインメントプロデューサー)
落合陽一氏(筑波大学准教授)
wellvill審査員:
松田智子(ウェルヴィル株式会社CEO)
樽井俊行(ウェルヴィル株式会社CTO)
決勝戦MC:
松田公太(タリーズコーヒージャパン創業者 / 元参議院議員)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する 1

    広告に冷めた時代のアプローチ。Hondaは「フラット」を提示する

  2. BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌 2

    BTS“Film out”PV公開 back numberとコラボした『劇場版シグナル』主題歌

  3. 大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く 3

    大森元貴のソロデビューの意味。2人の視点から『French』を紐解く

  4. 内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』 4

    内田有紀、シシド・カフカらが東京の美術スポット巡る 『新美の巨人たち』

  5. Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始 5

    Perfume Closetファッショントラックの移動店舗がラフォーレ原宿から開始

  6. 『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神 6

    『ノマドランド』が映すアメリカの姿。過酷な状況とノマドの精神

  7. いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開 7

    いとうせいこう、角舘健悟らが「私の大滝詠一プレイリスト」公開

  8. NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も 8

    NiziUがNHK『SONGS』リニューアル初回に登場 特技披露&ファン動画企画も

  9. No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった 9

    No Busesの「未完成」を楽しむバンド美学 作る喜びが救いだった

  10. 内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側 10

    内山拓也監督が語る、Uru、平井堅、King Gnuの話題MVの裏側