特集 PR

コロナ禍に開催問われる芸術祭。沖縄、札幌、横浜の多様なあり方

『やんばるアートフェスティバル』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
編集:宮原朋之(CINRA.NET編集部)
コロナ禍に開催問われる芸術祭。沖縄、札幌、横浜の多様なあり方

沖縄本島北部、「やんばる」と呼ばれる地域で2017年から毎年開催されている『やんばるアートフェスティバル』。1月に始まったその第4回『やんばるアートフェスティバル 2020-2021 山原知新』が、2月21日に閉幕した。

コロナ禍で多くの催しが中止・延期されるなか、実施に踏み切った同芸術祭。アーティストが事前調査に訪れられないなどの困難があったが、エキシビション部門のディレクターを務めた金島隆弘は、この状況を「逆にポジティブに捉えてみよう」と考えたという。

最終日には、同じくコロナ危機に向き合った『ヨコハマトリエンナーレ2020』や『札幌国際芸術祭2020』の関係者を招いたオンライントークも開催。現在の芸術祭の工夫、今後の展望などが語られた。本記事では、『やんばるアートフェスティバル』で展示された作品と、同トークの模様をレポートする。

『やんばるアートフェスティバル』の展示作品を一挙紹介

那覇空港から沖縄自動車道でおよそ1時間半。『やんばるアートフェスティバル 2020-2021 山原知新』(以下『YAF』)のメイン会場は、大宜味村の街なかの、海沿いの旧塩屋小学校にある。

メイン会場となっている海沿いの大宜味村立旧塩屋小学校
メイン会場となっている海沿いの大宜味村立旧塩屋小学校

鑑賞者は、中庭を囲んでコの字型につながる渡り廊下を歩きながら、各教室に設置された作品を見ていく。たとえば、イラストレーターの寺本愛は、一時期鹿児島の離島に住まいを移した経験から感じたという、揺れ動く身体の輪郭と島の海岸線への関心に基づく平面作品を発表した。衣服の強調や文字情報の導入、そして、合わせて展示された大量の習作とも連続する線の表現からは、自身の境界をかたちづくるものへの意識が感じられる。

寺本愛『coastline』展示風景
寺本愛『coastline』展示風景
林冠名『暮 / 島』展示風景
林冠名『暮 / 島』展示風景

過去にも『YAF』に参加経験のあるパフォーマンスユニットの「ウサギニンゲン」は、地元の子どもたちから「おきなわ」にまつわる物語を募集。戦禍を経て祖父の代から小学校に残る大樹についての物語をもとに、映像と音、光と影による印象的な空間を作り上げた。

ウサギニンゲン『沖縄の子供たちと紡ぐ物語 at やんばるウサギニンゲン劇場』展示風景
ウサギニンゲン『沖縄の子供たちと紡ぐ物語 at やんばるウサギニンゲン劇場』展示風景

北海道白老町を拠点にする「飛生アートコミュニティー」は、これまでアイヌ文化を対象に行なってきた、地域の伝承や歴史のリサーチを表現につなげる「シㇽキオ・プロジェクト」を、今回は塩屋エリアで実施した。「シㇽキオ」とは、アイヌ語で「模様のついた」を意味する。会場には、塩屋湾で古くから続く祭り「ウンガミ」について、地元住民との交流やヒアリングを通して調査し、制作したテキスタイルなどが展示された。

飛生アートコミュニティー『シㇽキオ・プロジェクト in やんばる』展示風景
飛生アートコミュニティー『シㇽキオ・プロジェクト in やんばる』展示風景

『YAF』の総合ディレクターを務める仲程長治の『空紗美羅 -クーシャビラ-』も、同じく工芸的な要素を持つ作品。八重山の言葉で「継ぎ接ぎ」を指す題名通り、展示室にはやんばるの神話をもとにした写真とともに、地元の工房による色鮮やかな蚊帳が置かれた。

仲程長治『空紗美羅 -クーシャビラ-』展示風景
仲程長治『空紗美羅 -クーシャビラ-』展示風景

旧塩屋小学校でとくに印象的だったのは、家庭科室に展示されていた丹羽優太の作品だ。この部屋は2018年の『YAF』で、中国人アーティストの孫遜が「居酒屋」をテーマに展示を行った場所。この展示にスタッフとして参加し、その後、北京に留学した丹羽は、今回、孫遜や京都の寺の住職らと協働した大きな画讃の作品を発表した。絵に描かれた動物には、虎と狼のような大きな脅威の前に、狸や狐は放っておこうという、コロナ禍に向けた教訓が潜む。

丹羽優太『勸酒精 -酒精を勧める-』展示風景
丹羽優太『勸酒精 -酒精を勧める-』展示風景

広い体育館では、海を望む窓を背にしたステージ上に、尾竹隆一郎と福本健一郎(OTAFUKU STUDIO)の絵画や彫刻が並ぶ。

ほかにも、内覧会時に行われたライブペインティングで完成した、DOPPELとCOSMIC LABの巨大な平面作品の展示や、絵画作品や地元作家による食器などのクラフトの販売が行われており、作品展示だけでない鑑賞者と芸術を近づける取り組みが見られた。

DOPPELとCOSMIC LABによるXRライブペインティング
DOPPELとCOSMIC LABによるXRライブペインティング

会場で販売されていた作品や地元作家による食器などの工芸品
会場で販売されていた作品や地元作家による食器などの工芸品

『YAF』の会期終了後も、やんばるの広範囲に点在するいくつかの作品は、展示が続けられる。リゾートホテルのカヌチャリゾートでは、テクノロジーへの妄信を戒め、災厄のなかでサバイブする姿勢を示した椿昇や、土地のゴミを素材として制作された淀川テクニックの屋外作品が設置されている。後者の作品は、オキナワ マリオット リゾート&スパのレストランのバルコニーでも見ることができる。

淀川テクニック『やんばるオオゴミウオ』 / オキナワ マリオット リゾート&スパのレストランのバルコニーでの展示風景
淀川テクニック『やんばるオオゴミウオ』 / オキナワ マリオット リゾート&スパのレストランのバルコニーでの展示風景

そうしたなか、ひときわ異質な空気を放っていたのが、国頭村の辺土名商店街エリアだ。西野達は、かつて医院や売店として使われ、現在廃屋となっている建物を白く塗り、モニュメント化。建物の細部を完全に消し去ることで、かえって人々の記憶を刺激する空間を構築した。

西野達『忘れようたって忘れられない』 / 商店街に異質な存在感を放つ真っ白く塗られた廃屋
西野達『忘れようたって忘れられない』 / 商店街に異質な存在感を放つ真っ白く塗られた廃屋

ストリートで活動するアートコレクティブ「SIDE CORE」は、居抜きの店舗跡地に、小さな出版物であるZINEを集めながら全国を回るSTANGや、沖縄とスケボーカルチャーに縁のあるKINJO、タトゥーアーティストユニット「security blanket」らの作品を展示。アメリカの若者文化であるストリートカルチャーと、沖縄との深い関係を提示した。

『Okinawa North-End Pop Uppers』by SIDE CORE / 辺土名大通り商店街の北端に位置する場所でアーティストSTANG、KINJO、security blanketの3組の展示を行った
『Okinawa North-End Pop Uppers』by SIDE CORE / 辺土名大通り商店街の北端に位置する場所でアーティストSTANG、KINJO、security blanketの3組の展示を行った
STANG『ZINE SWAP MEET CAMP』 / 日本各地の路上で販売、交換するイベント。展示スペースでは日本中から集めたZINEを展示、展示されているトラックは会期中沖縄の各地を回った
STANG『ZINE SWAP MEET CAMP』 / 日本各地の路上で販売、交換するイベント。展示スペースでは日本中から集めたZINEを展示、展示されているトラックは会期中沖縄の各地を回った
KINJO『HOMECOMING』の絵画作品 / 別室の映像作品とセットとなっている
KINJO『HOMECOMING』の絵画作品 / 別室の映像作品とセットとなっている
Page 1
次へ

イベント情報

『やんばるアートフェスティバル 2020-2021 山原知新』
『やんばるアートフェスティバル 2020-2021 山原知新』

2021年1月23日(土)~2月21日(日)
会場:沖縄県 沖縄本島北部地域

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察