特集 PR

長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

『隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則』
インタビュー・テキスト
杉原環樹
撮影:豊島望 編集:佐伯享介、宮原朋之(CINRA.NET編集部)
長岡亮介と巡る『隈研吾展』 ネコに教わる「心地よさ」のヒント

「話題の国立競技場を設計した、現代を代表する建築家の展覧会」。

そんなイメージで会場を訪れると、意表を突かれるかもしれない。東京国立近代美術館で開催中の『隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則』は、そのタイトル通り、コロナ後の公共空間のあり方を、街をうろつく半ノラのネコの生態に尋ねる、一風変わった視点を持つ建築展だ。

会場は大きく二つに分かれ、ネコのリサーチに基づく都市への提案があると同時に、「孔」「粒子」「斜め」「やわらかい」「時間」という5つのキーワードを切り口に、隈研吾のこれまでの仕事が紹介されている。全体に感じられるのは、環境から自立した「普遍的なハコ」を作るという近代の建築観を更新しようとする、隈の挑戦の軌跡だ。

今回はそんな展覧会を、バンド「ペトロールズ」のメンバーであり、椎名林檎や星野源のサポートでも知られるギタリストの長岡亮介さんと回った。じつは大学で建築を学んでいた長岡さん。人が心地よく感じる建築や音楽とはどんなものか? 普段はあまり語る機会のない話について、隈建築を入口に語ってもらった。

ネコの行動分析を通して、一般の建築史から脱却する「心地よさ」を学ぶ

「建築は勉強しましたけど、全部忘れちゃいました。お役に立てるかどうか……」

集合すると、さっそくそう苦笑する長岡さん。もともと大学では絵を学びたかったが、次第に絵のある空間に興味を持ち建築学科に進学。1990年代後半に学生時代を過ごした。謙遜しているものの、話し始めると、妹島和世や坂茂といった建築家の名前がごく自然に飛び出す。隈研吾の建築も大学で勉強しており、今回の取材を楽しみにしてくれていたという。

長岡亮介(ながおか りょうすけ)<br>神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他に楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。黒沢清監督『スパイの妻』の音楽を担当。「浮雲」名義で東京事変のギタリストも務める。
長岡亮介(ながおか りょうすけ)
神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他に楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。黒沢清監督『スパイの妻』の音楽を担当。「浮雲」名義で東京事変のギタリストも務める。

この日、会場を案内してくれたのは、隈研吾建築都市設計事務所の主任技師、田野口紘大さん。まず向かったのは、『東京計画2020(ニャンニャン):ネコちゃん建築の5656(ゴロゴロ)原則』というプロジェクトが紹介されている一角だ。

この意外なプロジェクトは、前回の東京オリンピックの3年前、1961年に建築家の丹下健三が発表した東京の改革案「東京計画1960」に現代から応答したものだ。高度経済成長期の真っ只中、丹下は計画のなかで、東京湾に海上都市を作るといった大規模な案を構想している。この巨視的な計画に対して、隈はより地面に近い目線、より身体的な部分から都市を考えようとした。そこで注目したのが、神楽坂にいる半ノラのネコだった。

トンちゃんとスンちゃん
トンちゃんとスンちゃん

隈たちは、トンちゃんとスンちゃんという二匹のネコにGPSを付けさせてもらい、専門家の協力も得ながら、その生態をリサーチ。会場にはその結果として、デザイン・イノベーション・ファーム「Takram」と協働して製作された、ネコと都市との関わり方を示すCGや模型などが展示されている。これが、とても面白い。

隈研吾×Takram『東京計画2020:ネコちゃん建築の5656原則』2020年
隈研吾×Takram『東京計画2020:ネコちゃん建築の5656原則』2020年

ある映像では、現実の神楽坂にいるときのネコの反応と、同じ風景のさまざまな部分の素材を変えた場合の反応の違いが比較される。たとえば、ネコはツルツルのフェンスの横は通り過ぎるが、これをザラザラの素材に変えると身体を擦りつける。壁もコンクリートだと素通りだが、木製だとよじ登ることができる。素材によって、環境への能動性が変わるのだ。

べつの一角では、建物の上の、室外機が置かれた何でもない空間における、ネコの振る舞いがプロジェクションマッピングで映されている。あたりをウロウロしたネコは、最終的に狭い雨どいのなかにスッポリと身を収める。

隈研吾×Takram『東京計画2020:ネコちゃん建築の5656原則』2020年
隈研吾×Takram『東京計画2020:ネコちゃん建築の5656原則』2020年
隈研吾×Takram『東京計画2020:ネコちゃん建築の5656原則』2020年

田野口:高度経済成長期の建築観では、空間は広ければ広いほど豊かだとされてきました。しかし、どうやらネコは自分の身体が収まる狭い空間に安心を感じるようです。

長岡:ル・コルビュジエの小屋(『カップ・マルタンの休暇小屋』)を思い出しました。あの建物も狭いですが、コルビュジエはそこに心地よさを感じていたんじゃないか。大きければいいというものではない。「ちょうどいいこと」の心地よさってありますよね。

さらに進むと、ネコがどのように街を散歩しているのか、その軌跡を立体的に起こした模型も登場する。人による空間の区分けなど完全に無視して、塀の上や隙間をクネクネ、フラフラと進むネコの動線は、街に向き合う人の身体性も刺激する。

「街にこんな複雑な高低差があるんですね。ネコを通した眼差しの変化がとても面白いです」と長岡さん。

長岡亮介

田野口:いろいろと見えてきますよね。20世紀にはハコ(建物)のなかで暮らし、働くことが安全で効率的とされてきました。しかしコロナ禍で密閉空間に収まっていることの危険性を多くの人が感じ、公園のような外の広い空間に飛び出した。隈自身も自粛期間にあらためてハコの外にある公共空間の情報量に気付いたそうです。その経験が、ネコのリサーチにつながりました。

「これからの社会では、人間にとってだけ心地よい街ではなく、動物にも優しい街を作らないといけない」と田野口さん。そうした視点で作られた街は、翻って人間にとってもよい環境であるという考えが隈にはあるという。

これを聞いた長岡さんは、一連のネコの展示に感じたものを、「生き物として建築や都市と関わることの大切さ」だと語る。

長岡亮介

長岡:頭ではなくて、生理的な部分が大事なんだな、と。最近の都市空間には人間の身の丈から離れすぎてしまったものも多い気がするんです。このネコのプロジェクトには、人から離れてしまった建築を、自分のもとに引き戻すようなイメージを持ちました。もう一度、空間の手触りを感じるための空間というのかな。

たとえば、ただ太い道を「歩いて」と言われても歩きたくないけど、入り組んだ獣道は歩いてみたい。ものづくりにとっても、そういう感覚を持つことはこれからすごく大事だと思います。

Page 1
次へ

イベント情報

『隈研吾展 新しい公共性をつくるためのネコの5原則』

2021年6月18日(金)~9月26日(日)

会場:東京都 竹橋 東京国立近代美術館
時間:10:00~17:00
(金曜日と土曜日は開館時間を延長)
※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜、8月10日、9月21日(ただし7月26日、8月2日、9日、30日、9月20日は開館)
料金:一般1,300円 大学生800円
※高校生以下および18歳未満、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料

プロフィール

長岡亮介(ながおか りょうすけ)

神出鬼没の音楽家。ギタリストとしての活動の他に楽曲提供、プロデュースなど活動は多岐にわたる。「ペトロールズ」の歌とギター担当。黒沢清監督「スパイの妻」映画音楽を担当。「浮雲」名義で東京事変のギタリストも務める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 1

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  2. 稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表 2

    稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾出演『ワルイコあつまれ』第2回コーナー発表

  3. クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催 3

    クラムボンの東名阪ツアー『クラムボン2021“爽秋編”』が10月開催

  4. 『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介 4

    『文化庁メディア芸術祭』受賞作『音楽』『映像研には手を出すな!』を紹介

  5. ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る 5

    ドレスコーズ志磨遼平×パピヨン本田のコラボ漫画公開、10年の歩み振り返る

  6. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 6

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』

  7. Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談 7

    Bank BandがNHK『SONGS』に初登場 大泉洋が小林武史、櫻井和寿と対談

  8. ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some  Collages』刊行 サイン入りも 8

    ジム・ジャームッシュのコラージュ本『Some Collages』刊行 サイン入りも

  9. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 9

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  10. ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性 10

    ZAIKO取締役ローレンを動かした、日本の音楽業界に対する可能性