コラム

2018年が始まって早くも半月が過ぎました。去年は草間彌生展やミュシャ展、『THE ドラえもん展』などが話題を呼びましたが、今年はどんなアートイベントが開催されるのでしょうか? 現在までに発表されている大型展や芸術祭の情報をまとめてみました。「平成」が幕を閉じる年でもあり、東京オリンピックを2年後に控える2018年、日本のアートシーンにはどのような空気が流れるのでしょう。

『マイク・ケリー展 DAY IS DONE 自由のための見世物小屋』

『マイク・ケリー展 デイ・イズ・ダーン』ビジュアル
『マイク・ケリー展 DAY IS DONE 自由のための見世物小屋』ビジュアル

ジェンダー、差別、暴力などを題材に皮肉やユーモアを交えた作品で知られるアーティストのマイク・ケリー。1980年代初頭からパフォーマンス、ペインティング、ぬいぐるみやサウンドを用いたインスタレーションを発表したほか、ポール・マッカーシーやSonic Youthとのコラボレーションなども手掛けた。会場では、ケリーが通った全ての学校を組み合わせた彫刻作品『教育施設』を舞台に制作された『DAY IS DONE』などを展示。ワタリウム美術館では、今後もマイク・ケリーの様々な作品を複数回の展覧会で紹介していく予定だという。

イベント情報

『マイク・ケリー展 DAY IS DONE 自由のための見世物小屋』

2018年1月8日(月・祝)~3月31日(土)
会場:東京都 外苑前 ワタリウム美術館

フランク ホーヴァット写真展『Un moment d’une femme』

Quai du Louvre, couple,1955, Paris, France ©Frank Horvat
Quai du Louvre, couple,1955, Paris, France ©Frank Horvat

1950年代からファッション写真の世界で活躍し、2018年に卒寿を迎えるフランク・ホーヴァットの国内初となる大規模個展。「女性」を切り口に、初期作や代表作、私的なプロジェクト作品などを紹介する。

イベント情報

フランク ホーヴァット写真展『Un moment d’une femme』

2018年1月17日(水)~2月18日(日)
会場:東京都 銀座 シャネル・ネクサス・ホール

『ビルディング・ロマンス―現代譚(ばなし)を紡ぐ』

飴屋法水 2017年 参考写真/ Norimizu Ameya 2017 reference photography
飴屋法水 2017年 参考写真/ Norimizu Ameya 2017 reference photography

飴屋法水、スーザン・ヒラー、危口統之と悪魔のしるし、志賀理江子、アピチャッポン・ウィーラセタクンの5組が出展する同展。現代の美術から切り離された「物語」や「ロマン」を現在の表現に探ることで、観客と展覧会の新たな結びつきを目指すという。『ビルディング・ロマンス』は19世紀ヨーロッパの「成長譚(ビルドゥングス・ロマン)」から派生した造語。

イベント情報

『ビルディング・ロマンス―現代譚(ばなし)を紡ぐ』

2018年1月20日(土)~4月8日(日)
会場:愛知県 豊田市美術館

開館40周年記念展『トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために』

アローラ&カルサディーラ『Lifespan』2014 年 国立国際美術館蔵 © Allora & Calzadilla; Courtesy Lisson Gallery
アローラ&カルサディーラ『Lifespan』2014 年 国立国際美術館蔵 © Allora & Calzadilla; Courtesy Lisson Gallery

大阪府・国立国際美術館の開館40周年を記念する展覧会。大竹伸朗、フィッシュリ&ヴァイス、塩田千春、アルベルト・ジャコメッティら、国内外の40組以上のアーティストの作品を紹介することで、時間、歴史、記憶の中に集積されてきたものを多角的に切り取り、社会の姿や今後の美術館の可能性を探る。

イベント情報

開館40周年記念展『トラベラー:まだ見ぬ地を踏むために』

2018年1月21日(日)~5月6日(日)
会場:大阪府 中之島 国立国際美術館

ラファエル・ローゼンダール『GENEROSITY 寛容さの美学』

ラファエル・ローゼンダール『Much Better Than This』Times Square Midnight Moment, New York, 2015, Photography by Michael Wells
ラファエル・ローゼンダール『Much Better Than This』Times Square Midnight Moment, New York, 2015, Photography by Michael Wells

主にインターネット空間を表現の場とし、年間約6000万アクセスにおよぶ自身のウェブサイト上での制作を中心に、インスタレーションや絵画作品、俳句などを現実の展示空間でも発表しているラファエル・ローゼンダール。今回の展示では、大規模な映像インスタレーションや英語俳句、インタラクティブな映像作品などを紹介する。ローゼンダールが美術館で個展を開催するのは世界初。

イベント情報

ラファエル・ローゼンダール『GENEROSITY 寛容さの美学』

2018年2月10日(土)~5月20日(日)
会場:青森県 十和田市現代美術館

『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』

レイチェル・マクリーン『大切なのは中身』 2016 Commissioned by HOME, University of Salford Art Collection, Tate, Zabludowicz Collection, Frieze Film and Channel 4.
レイチェル・マクリーン『大切なのは中身』 2016 Commissioned by HOME, University of Salford Art Collection, Tate, Zabludowicz Collection, Frieze Film and Channel 4.

インターネットが普及して約20年が経ち、様々な新しい技術が進歩を遂げている現代において、新しい表現を開拓しているアーティストの作品を紹介する展覧会。参加作家はデヴィッド・ブランディ、小林健太、サイモン・デニー、セシル・B・エヴァンス、エキソニモ、レイチェル・マクリーン、ヒト・シュタイエル、谷口暁彦の8組となり、会期中には出品作家とゲストによるトークイベントを実施する。

イベント情報

『ハロー・ワールド ポスト・ヒューマン時代に向けて』

2018年2月10日(土)~5月6日(日)
会場:茨城県 水戸芸術館 現代美術ギャラリー

『写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-』

『写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-』ビジュアル
『写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-』ビジュアル

写真家ウィリアム・クラインの「都市ビジョン」と共に、21世紀の都市と人間を見つめるという同展。石川直樹+森永泰弘ら、日本やアジアの写真家たちも紹介する。ディレクターを務めるのは、写真評論家で美術史家の伊藤俊治。

イベント情報

『写真都市展 -ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち-』

2018年2月23日(金)~6月10日(日)
会場:東京都 六本木 21_21 DESIGN SIGHT ギャラリー1、2

『くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質』

ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム ダンディ 2018 Photo: Ross Fraser McLean
ヴィクトリア&アルバート・ミュージアム ダンディ 2018 Photo: Ross Fraser McLean

建築家・隈研吾の「負ける建築」「自然な建築」などの理念を実践してきた約30年間に焦点を当てる展覧会。特に、隈が対話を重ねてきたという素材に着目し、これまでの作品をマテリアルごとに分類・整理することで、「もの」の観点から隈研吾の仕事の概観を試みるという。

イベント情報

『くまのもの 隈研吾とささやく物質、かたる物質』

2018年3月3日(土)~5月6日(日)
会場:東京都 東京ステーションギャラリー

『デザインあ展』

『デザインあ展』ビジュアル
『デザインあ展』ビジュアル

子供たちにデザイン的思考を伝えるNHK Eテレの番組『デザインあ』のコンセプトを実際の体験に発展させた展覧会。2013年にも開催され、約22万人を動員した。総合ディレクターは『デザインあ』の総合指導を務める佐藤卓。映像ディレクターは番組に映像監修で参加する中村勇吾(tha ltd.)、音楽ディレクターは同番組の全ての楽曲を制作している小山田圭吾が務める。

イベント情報

『デザインあ展』

富山会場
2018年3月21日(水・祝)~5月20日(日)
会場:富山県 富山県美術館


東京会場
2018年7月19日(木)~10月18日(木)
会場:東京都 お台場 日本科学未来館

『ヌード NUDE -英国テート・コレクションより』

オーギュスト・ロダン『接吻』1901-4年 Tate: Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953, image ©Tate, London 2017
オーギュスト・ロダン『接吻』1901-4年 Tate: Purchased with assistance from the Art Fund and public contributions 1953, image ©Tate, London 2017

絵画、彫刻、版画、写真など約130点を展観し、19世紀後半のヴィクトリア朝から現代までの裸体表現の歴史を辿る展覧会。オーギュスト・ロダンの代表作であり、男女の愛を描いた大理石像『接吻』が日本初公開されるほか、ピエール=オーギュスト・ルノワール、アンリ・マティス、パブロ・ピカソ、フランシス・ベーコン、デイヴィッド・ホックニーらの作品が紹介される。

イベント情報

『ヌード NUDE -英国テート・コレクションより』

2018年3月24日(土)~6月24日(日)
会場:神奈川県 横浜美術館

Page 1
  • 1
  • 2
次へ

2018年の注目アートイベントまとめ

1月~
2月~
3月~
4月~
5月~
6月~
夏開催
7月~
9月~
10月~

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

シャムキャッツ“逃亡前夜”

楽曲のビートにのせて流れる色鮮やかな、ばっちりキマった画。その中で、重力まかせに寝転んだり、うなだれたりするメンバーの身体や、しなやかな演奏シーンが美しい。どの瞬間を切り取っても雑誌の表紙のようで、約5分間、全く飽きがこない。(井戸沼)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで