特集 PR

映像のプロフェッショナルたちに訊く『紅白』の進化と空間映像史

映像のプロフェッショナルたちに訊く『紅白』の進化と空間映像史

『東京プロジェクションマッピングアワード』
インタビュー・テキスト
島貫泰介
撮影:豊島望

最新技術を通じてレアなものをみんなで見たいという欲求は、時代が変わってもあり続けるのではないでしょうか。(森内)

―『紅白』出場者の舞台演出に映像系のクリエイターが積極的に関わるようになったのもこの頃ですね。ライゾマティクスが手がけるPerfumeのほか、昨年末の『紅白』では、星野源にシシヤマザキ、関ジャニ∞のステージではAC部が映像を担当していました。

森内:Perfumeさんが最初に『紅白』に出演されたのが2009年ですが、彼女たちは映像の進化を象徴するアーティストです。その後、真鍋大度さんたちライゾマティクスとのコラボレーションが『紅白』でも重ねられ、映像と現実世界を行き来するような表現が具体化されていきました。普段、ミュージックビデオやアートピースを制作されている方々に協力をお願いするのは、最初はかなり大きな決断だったんですよ。というのも、従来、LEDというのは電飾の一部が起源で、電飾のパターンを作る技術者が操作の中心的役割を担っていました。しかし、LEDが高精細になるにつれ、映像装置としても活用できるようになった。そこで映像作家やテクノロジストのみなさんにご活躍いただく機会が増えていきました。

『紅白』の舞台に設けられたライゾマティクスのブース
『紅白』の舞台に設けられたライゾマティクスのブース

森山:『紅白』に限らず、多くのライブ会場でも同様の現象は起きていましたよね。2002年に東京都写真美術館で『ミュージックビデオ/新しい感受性をのせて』展を開催したのですが、映像作品を求める力を強く感じました。ミシェル・ゴンドリーやクリス・カニンガムが制作したBjorkやThe Chemical Brothersのミュージックビデオ特集展で、bjorkの“Army of me”の美術館セットの中で8時間連続上映し、若い人たちが壁にもたれてずっと見ていて、壁に脂汚れの帯ができた思い出が……(笑)。その頃はまだYouTubeが普及しておらず、上映の機会が渇望されていたんです。

森山朋絵

『ミュージックビデオ/新たな感受性をのせて』展 2002年12月22日(日)-2003年2月20日(木)
『ミュージックビデオ/新たな感受性をのせて』展 2002年12月22日(日)-2003年2月20日(木)

―今ではそれがほぼ自由に視聴できて、しかも掌のなかのスマホやタブレットでいつでもどこでも見られるようになりました。大きな進化ですね。

森山:そこで「いつでも見られる!」という選択肢が生まれたのは、本当の意味で映像が普及したからかもしれないですね。でも、だからこそプロジェクションマッピングのようなサイトスペシフィックで、没入性の強い映像表現が求められるようになったのかとも思います。

森内:私はNHK所属ということもあって、プロジェクションマッピングというと1950年代の街頭テレビを思い出すんですよ。まだ珍しかった力道山の試合中継を見るために、大勢の人々が街に集まっていた様子は、プロジェクションマッピングの会場に似ています。

森山:「映像体験の共有」のスタイルですよね。

森内大輔

森内:しかもどちらも、その時代の最新のテクノロジーに支えられている。最新技術を通じてレアなものをみんなで見たいという欲求は、時代が変わってもあり続けるのではないでしょうか。

森山:そのとおりだと思います。85年につくば市で開催された『筑波科学博(国際科学技術博覧会)』でも、渋谷のQ-FRONTよりも巨大なモニター「SONYジャンボトロン」が会場にそびえ立っていて、坂本龍一さん、浅田彰さん、RADICAL TV(原田大三郎と庄野晴彦が結成したビデオ・パフォーマンスユニット)が制作した『TV WAR』が最終日に上映されました。テクノロジーに支えられた巨大映像への憧れは、どんな時代にもあるんですよね。

―森山さんは東京都写真美術館設立時から勤めてらっしゃいましたが、95年の開館イベントで、現在のプロジェクションマッピングのような試みをされたとか。

森山:東京駅マッピングを手がけた技術者の一人が20年前に取り組んでくれた、ジャン=ミシェル・ケン&エレーヌ・リシャールの『White Shadow』ですね。巨大なだまし絵になっている動画を、美術館の外壁全体と恵比寿ガーデンプレイスに投影しました。写真美術館は人間の「視ることへの希求」を影絵、幻燈、アニメーション、CG、写真などで特集する日本初の美術館でしたから、そのオープンを自分たちらしい方法で都市にアピールしたいと考えたんです。美術館の存在を知らない人でも、ガーデンプレイスを夜に通りかかって何かが起こっているとわかり、山手線の中からも見つけて下りてきてたくさん集まりました。

『開館記念 イマジネーションの表現』展 大型映像プロジェクション ジャン=ミッシェル・ケン&エレーヌ・リシャール「White Shadow」1995年 東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイスでの開催風景 図版協力=東京都写真美術館
『開館記念 イマジネーションの表現』展 大型映像プロジェクション ジャン=ミッシェル・ケン&エレーヌ・リシャール「White Shadow」1995年 東京都写真美術館、恵比寿ガーデンプレイスでの開催風景 図版協力=東京都写真美術館

森内:内容も目的も、現在のプロジェクションマッピングそのものですね。

森山:2日間限定のイベントでしたから終わってしまえば跡形もないんですけど、こういう空間的な映像体験って時間が過ぎても人々の記憶に残るんですよね。実際、向かいの厚生中央病院に入院していた方や、今の職場の広報スタッフが子どもの頃にこのイベントを見て覚えていてくれたんですよ。

森内:へえ!

森山:20年後に彼女と『宇宙×芸術』展でチームラボの巨大プロジェクションマッピング作品『憑依する滝、人工衛星の重力』に取り組んでいた最中、「あのときの不思議な巨大映像は森山さんだったんですか!」って驚かれました(笑)。こういうな試みができるのも、企業とアーティストが協力しながら実験と実践を重ねてきたメディアアートの特徴ですよね。

チームラボ『憑依する滝 人工衛星の重力』東京都現代美術館『ミッション[宇宙×芸術]』展より、2014年
Page 2
前へ 次へ

イベント情報

『東京プロジェクションマッピングアワード vol.0』

2016年3月26日(土)
会場:東京都 有明 東京ビッグサイト 会議棟前広場
時間:18:30~19:30

プロフィール

森山朋絵
森山朋絵(もりやま ともえ)

メディアアートキュレーター、東京都現代美術館学芸員。東京都写真美術館(開館記念プロジェクションマッピング『White Shadow』1995年、恵比寿ガーデンプレイス)ほか文化施設の創設に携わり、東京大学ほか国内外の大学で教鞭を執りつつ、『SIGGRAPH』議長や『Ars Electronica』『NHK日本賞』ほかの審査員を歴任。

森内大輔
森内大輔(もりうち だいすけ)

1999年、大学卒業後NHKへ入局。『紅白歌合戦』を中心に舞台美術やCGのデザインに携わる。2012年からプロデューサーとして東京駅や会津若松の鶴ヶ城など複数のプロジェクションマッピングを企画制作。現在は、同局デザインセンター映像デザイン部の副部長として、番組やコンテンツのデザインマネジメントに従事している。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『さよならくちびる』ショート予告

小松菜奈、門脇麦が出演する映画『さよならくちびる』のショート予告が公開された。「ハルレオ」が解散するという事実が冒頭で明かされ、その後の2人の歌唱シーンが余韻を残す。秦基博、あいみょんがそれぞれ作詞作曲、提供した“さよならくちびる”“たちまち嵐”の2曲も、この予告で聴くことが出来、青春×音楽×映画の新たな可能性を予感させる。劇場で「ハルレオ」の歌声を聴けるのが待ち遠しい。(野々村)

  1. NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで 1

    NakamuraEmi、6年の大変化。自分の弱さを愛せるようになるまで

  2. 宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編 2

    宮崎あおいの初料理本『世界をいただきます』刊行 欧州&中東&アフリカ編

  3. VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて 3

    VaVaが語る、音楽家としての2つの転機 弱い自分もラップに変えて

  4. K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画 4

    K-POPの日韓混合企画に注目。日本人4人擁するTREASURE13やJYPの新人企画

  5. 平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化 5

    平野紫耀×橋本環奈が恋愛頭脳戦 『かぐや様は告らせたい』実写映画化

  6. NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子” 6

    NHK朝ドラ『なつぞら』主題歌はスピッツの新曲“優しいあの子”

  7. 欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら 7

    欅坂46・平手友梨奈がANREALAGEのコンセプト映像に出演、音楽は山口一郎ら

  8. ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』 8

    ベッキーがアンドロイド&麻雀クラブのママの2役 映画『麻雀放浪記2020』

  9. ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ 9

    ウェブサイト「大杉漣記念館」が2月20日開設、コラムや写真などアーカイブ

  10. 吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居 10

    吉岡里帆がNHK『LIFE!』登場、ムロツヨシや中川大志を翻弄&内村と2人芝居