特集 PR

木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

木梨憲武のジャンルに縛られない働き方。下の世代にも学ぶ理由

『木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~』
インタビュー・テキスト
麦倉正樹
撮影:杉田裕一、中川容邦 編集:後藤美波(CINRA.NET編集部)

1980年代の半ばより、「とんねるず」として若者たちを中心にカリスマ的な人気を誇り、バラエティー番組はもちろん、音楽やアート、俳優といった分野でも、大いに活躍してきた木梨憲武。

30年以上もの長きにわたって続いた『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が2018年の春に終了して以降、個人としての活動をさらに自由かつ積極的に展開している彼が、この6月からWOWOWで新番組『木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~』をスタートさせる。

芸人からミュージシャン、俳優、アパレル、果てはスポーツ選手に至るまで、幅広い交友関係でも知られる木梨が、その人脈を大いに活かしながら「音楽」「アート」「コメディ」など各ジャンルのプロフェッショナルを召喚し、興味のままに人を巻き込んでさまざまな「モノ」を「クリエイト」していく、というこの番組。その立ち上げには、彼のどんな思いがあるのだろうか。

そもそも、たくさんの人々と交流しながら常に面白いことを見つけ出し、それを誰よりも楽しもうとする彼のスタンスは、どのように培われてきたのだろうか。同番組のスタートを機に、これまでのキャリアを振り返りながら、率直にいろいろと尋ねてみた。

周囲の意見に耳を傾け、人を巻き込む木梨のスタイル

―木梨さんは現在、TBSラジオで『土曜朝6時 木梨の会。』を、それと連動した番組『木梨の貝。』をGYAO!で配信されています。今回WOWOWでスタートする『木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~』は、それらに対して、どういう位置付けの番組になるのでしょう?

木梨:ラジオは基本的にアドリブで、GYAO!のほうも自分主導で「カメラ、ちょっときて!」とか言って臨機応変に動くとか、そういう感じでやっているんです。

今回のWOWOWの番組は、放送作家やディレクターのみなさんとチームを組んで、毎回新しいテーマに取り組んでいく番組にしたいと思っていて(註:番組の総合演出はももいろクローバーZのステージ演出なども手掛ける佐々木敦規)。そうやって取り組んでいくテーマのなかに、みなさんの役に立つようなヒントが隠されていたり、生きていくうえで動きやすくなれるようなものがあればいいなと思っています。

木梨憲武(きなし のりたけ)<br>お笑いタレント、歌手、アーティスト、俳優、司会者。お笑いコンビ「とんねるず」メンバー。『オールナイトフジ』『ねるとん紅鯨団』『とんねるずのみなさんのおかげでした』等、数々のバラエティー番組を担当。とんねるずとして活躍する一方、アトリエを持ち、画家としても活動している。1994年に「木梨憲太郎」名義で愛知県名古屋市で開催した初個展『太陽ニコニカ展』から日本国内では9度の個展を開催。開催会場はのべ30会場。アメリカ・ニューヨーク(2015年)およびイギリス・ロンドン(2018年)での2度の海外個展でも成功を収める。
木梨憲武(きなし のりたけ)
お笑いタレント、歌手、アーティスト、俳優、司会者。お笑いコンビ「とんねるず」メンバー。『オールナイトフジ』『ねるとん紅鯨団』『とんねるずのみなさんのおかげでした』等、数々のバラエティー番組を担当。とんねるずとして活躍する一方、アトリエを持ち、画家としても活動している。1994年に「木梨憲太郎」名義で愛知県名古屋市で開催した初個展『太陽ニコニカ展』から日本国内では9度の個展を開催。開催会場はのべ30会場。アメリカ・ニューヨーク(2015年)およびイギリス・ロンドン(2018年)での2度の海外個展でも成功を収める。

―いまのところ「プロレスラーの個性をクリエイト」「ファッションサロンをクリエイト」などのテーマを予定されているようですが、「クリエイト」というのが、ひとつコンセプトになっているのですか?

木梨:クリエイトとかディレクション、プロデュース……そういう言葉は、電通と博報堂しか使っちゃいけないのかと思っていたけど、最近はそうじゃないみたいなので(笑)。

まあ、そんな難しい話ではなく、ひとつのことに対して、「こんな角度で見たら楽しくなるよ」とか、そういうことを仲間たちとワイワイやりながら考えていけたらいいなと思っていて。

世の中にはいろんなジャンルの仕事があるけど、同じようなことが別のジャンルでも言えたりとか、かたちは違うけど意外と似ていることって結構あったりするじゃないですか。そういうことを、みなさんにお伝えしたいなっていう。自分もまったくその通りのやり方で、ここまでやってきたところがあるんですよね。

―というと?

木梨:やっぱり、ひとりでずっと考えていると、だんだん煮詰まってくるじゃないですか。で、煮詰まってくると、だんだんテンパってくるので、そうなる前に友人なり仲間なりの意見を聞いて、「なるほど、そうかもしれない」って思ったら、その通りにやってきたんです。

だから今回の番組も、自分のアイデアだけではなく、いろんな人たちの意見を聞いたり、ヒントをもらったりしながらやっていけたらいいなって思っているんですよね。

木梨憲武

―いろんな人の意見を聞いたり巻き込んだりすることが、ポイントになっていくような感じですか?

木梨:そうですね。だから毎回、そのテーマに見合った、いろんなジャンルのプロの人たちに出てもらいたいなって思っています。俺がその人たちに会いたいっていうのもあるんだけど(笑)。

たとえば、今日これから会う予定(註:このインタビューは、「ファッションサロンをクリエイト」の回の収録前に行われた)の大久保(篤志)さん、馬場(圭介)さん、野口(強)さんは、いまや誰もが知っているスタイリストの大先生たちなんだけど、自分にとっては昔から遊んでいた知り合いでもあって。

だけど、いまはなかなか会う機会がないし、俺も含めて全員で会う機会なんて、もう滅多にないわけですよ。だから今日は、その3人の写真を撮って、オリジナルTシャツをつくっちゃおうっていうのが、俺のなかではひとつ目的だったりするんだけど(笑)。

―そうやって、毎回テーマに沿ったプロの手を借りながら、木梨さん自身が現場に乗り込んでいくという構成なんですね。

木梨:やっぱり、実際現場に行って、直接会ったほうがじっくり話せますよね。ラジオの質問コーナーや悩み相談だと、ちょっと遠いというか、その人のことを深く知らないのに、大体のことで答えちゃったかなって思うときもあって。

その人が本当に困っているのか、じつはそんなに困っていないのか、どうしてもわかりづらいところがあるじゃないですか。だったら一回、直接会って話したほうが早いとか思っちゃうんですよね。直接会っていろいろ話を聞いたりしていると、自分自身も意外と刺激を受けるところがあったりもするので。

木梨憲武
Page 1
次へ

番組情報

『木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~』
『木に梨はなる ~頭の中の大宇宙~』

2021年6月14日(月)20:00~隔週WOWOWにて配信・放送
※WOWOWオンデマンドでは無料トライアル実施中

プロフィール

木梨憲武(きなし のりたけ)

お笑いタレント、歌手、アーティスト、俳優、司会者。お笑いコンビ「とんねるず」メンバー。「オールナイトフジ」「ねるとん紅鯨団」「とんねるずのみなさんのおかげでした」等、数々のバラエティー番組を担当。とんねるずとして活躍する一方、アトリエを持ち、画家としても活動している。1994年に「木梨憲太郎」名義で愛知県名古屋市で開催した初個展『太陽ニコニカ展』から日本国内では9度の個展を開催。開催会場はのべ30会場。アメリカ・ニューヨーク(2015年)およびイギリス・ロンドン(2018年)での2度の海外個展でも成功を収める。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. 寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん 1

    寺山修司に憧れる父さん / 美術のトラちゃん

  2. オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来 2

    オダギリジョー×永瀬正敏 日本のテレビドラマが抱える課題と未来

  3. 声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る 3

    声優ユニット・イヤホンズが6年目の挑戦と原点回帰を語る

  4. テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生 4

    テクノポップが解放したもの 幻想の音に生きるコシミハルの半生

  5. 記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント 5

    記録映画『素晴らしき、きのこの世界』に窪塚洋介、豊田エリーらがコメント

  6. 丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行 6

    丹地陽子、約20年の画業の軌跡を辿る初画集『丹地陽子作品集』10月刊行

  7. 小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場 7

    小松菜奈が表紙の『装苑』11月号 森川葵、塩塚モエカ、伊藤万理華らも登場

  8. 韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る 8

    韻シストが認めてもらうまでの戦いとは?20年の軌跡を全員で語る

  9. 『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー 9

    『セックス・エデュケーション』S2、優しさに貫かれた学園コメディー

  10. 杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』 10

    杉咲花と平野紗季子が遠野を訪問、成田凌が語りのEテレ『きみと食べたい』