ニュース

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH』、クリエイター多数参加の野外展示や青空教室

デザインイベント『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014』が、10月17日から東京・六本木の東京ミッドタウンで開催される。

「デザインを五感で楽しむ」というコンセプトのもと、2007年から毎年開催されている同イベント。今年は「デザインのスイッチ」をテーマに、身近にある物や事をデザインによって魅力的に変化させる「スイッチ」となるような多彩なイベントを展開する。

メインコンテンツとなる『スワリの森』では、クリエイティブディレクターの古屋遙と、テレビドラマ『ガリレオ』の実験監修も担当するガリレオ工房のコラボレーションによって、「科学のふしぎ」を体験できる仕掛けをもった様々な椅子が登場。また、椿昇と長嶋りかこが校長となる青空教室『森の学校』では、大宮エリー、荒井良二、幅允孝、浅葉克己、ホンマタカシらによる特別授業やワークショップが行われる。

さらに、谷尻誠、トラフ建築設計事務所、長坂常、藤村龍至らによる建築展や、ビジュアルデザインスタジオWOWによる映像インスタレーションの展示、仲條正義、森本千絵らデザイナーと伝統工芸のコラボレーションによる御影石の彫刻作品展示、『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014』参加クリエーターによるカンファレンスなども開催される。

イベント情報

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014』

2014年10月17日(金)~11月3日(月・祝)
会場:東京都 六本木 東京ミッドタウン各所

『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014』メインビジュアル
『Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2014』メインビジュアル
『スワリの森』イメージビジュアル
『スワリの森』イメージビジュアル
『森の学校』の校長を務める長嶋りかこ、椿昇
『森の学校』の校長を務める長嶋りかこ、椿昇
『森の図書館』イメージビジュアル
『森の図書館』イメージビジュアル
『森の学校』ワークショップイメージビジュアル
『森の学校』ワークショップイメージビジュアル
画像を拡大する(5枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

中村佳穂『SING US “忘れっぽい天使 / そのいのち”』(live ver.)

古来、歌というものは、すなわち「祈り」だった。中村佳穂というシンガーの歌を聴いて思うのはそんなこと。リリース前の音源を事前配布し、来場者と歌うという試み自体もすごいが、各々の歌う声が重なることにより生まれるエネルギーの躍動はもっとすごい。私たちは、ディスプレイを前にそんな音楽の奇跡を目の当たりさせられる。(山元)

  1. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 1

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  2. 徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦 2

    徳永えり主演ドラマ『恋のツキ』に川谷絵音が出演 映画監督役で演技初挑戦

  3. 小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真 3

    小栗旬VS窪田正孝の死闘や三浦春馬も登場 映画『銀魂2』予告編&新写真

  4. 欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編 4

    欅坂46・平手友梨奈が平手打ち&不良の指を折る 『響 -HIBIKI-』予告編

  5. King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内 5

    King Gnu常田大希の野望と目論み 次の時代を見据える男の脳内

  6. サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため 6

    サニーデイ・サービスの丸山晴茂が5月に逝去 食道静脈瘤破裂のため

  7. 『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る 7

    『音楽チャンプ』を制覇した16歳。琴音の謎めいた素顔に迫る

  8. Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付 8

    Coccoが21着限定のスカートを販売 売上を豪雨被害のチャリティーに寄付

  9. チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て 9

    チャットモンチーの青春は終わっていない。ラストワンマンを観て

  10. ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く 10

    ホン・サンス×キム・ミニのタッグ作が4本連続公開 背景やねらいを訊く