コラム

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年6月配信分(vol.228~232)

CINRA MAIL MAGAZINE連載コラム『全裸』2009年6月配信分(vol.228~232)

武田砂鉄
2009/07/14

vol.228 どうして、今日が嫌なのか。(2009/06/01)

全裸

朝起きて、今日はあれとこれとそれとあれまでやらなければならないと頭で整理してしまうと、どんよりと気持ちが曇る。その1つ1つをやらなきゃいけないのだなと考えている最中から、その1つ1つが、考えうる最悪な形に変容してきて、意地悪なコンテンツとして自分に降りかかってくる。自分の体にとって不便な予測能力である。しかし、蓋を開けてみればというか、蓋を閉じてみればというか、その日のあれこれそれをそれなりにこなして、その日また、おうちに帰ってくるのである。多少の予想外はあれど、別に普通にそれらを終えて帰ってくる。そう、別に普通に。自分にとってとてつもなく不幸な結果が降りかかること(そうだな、なんだろ、例えば、怒鳴られる、蹴られる、無視される、関係性が崩壊する等)も無くはないが、それは突発的に生じるがゆえに修繕も可能である場合が多く、勿論、こちらからその修繕を願い下げするケースだってあるわけだけれども、それは、こちらの意志を反映させている以上、晴れやかではある。

朝起きて、なぜ今日が曇るのだろうか。ああめんどくせえなと思う事も、いち、に、さん、よん、と順にこなしておけば難なく終わる。難あって終わらぬままならば、それは明日なり翌週に持ち越せば良い。持ち越して、家へ帰る。帰ってから「いち」から「よん」をソファーに座って振り返ってみると、どれもたいしたことにはなっていないし、そもそもたいしたことにはなりそうにもなかったことだと分かる。それなのに、どうして朝の時点ではその4つが合併症となって襲いかかるのだろう。夜にそう思う。しかし、朝を迎えれば、また同様の症状が起きる。4つのうち3つを昨日のうちに解消したけれども、残された1つと新たなちょっとしたことが2つほど生じていて、その3つが4つの時と同じ面積を占める大きさで迫ってくる。んで、どんよりする。そして夜、また思う。そんなにたいしたことになるはずなかったじゃないかと。

さて、場所は、とある定食屋。どうして毎日大丈夫なのに毎日曇るのだろうかと議論が続く。先に起こることが必要以上に曇ってて、過ぎ去ったことは何でもなく晴れやかになっているという、この繰り返しを逆転できないだろうかと、その日の定食をかっ込みながら誰それが言った。すなわち、朝起きた時点で今日起きることがどうやら晴れやかそうに思える頭、ただし帰ってくるとそのそれぞれが少しずつ腑に落ちていない頭ということ。そんな話をしてみてすぐさま気付く、ネガティブ気質。つまり、いつもどこかにネガティブはあるのだと譲らない。先もハッピー、後もハッピー、そんな全面ハッピー状態を、そうなるはずがないと体で否定しているのだった。生活のどこかにネガティブの棲み場を確保して、耕し育ませる。しかし、どうしてわざわざ育ませるのだろう。

夜、居酒屋の隣席から、ギャルの声が聞こえる。「ワタシってこうみえて結構家で一人で落ち込んじゃったりするタイプなんだよねー。意外でしょー。」と大笑いしている。自己分析とプロモーションと落としどころの整理された、この感じ。すごいよなあと感心する帰路、そろそろ明日やるべきあれとそれが気になってくる。こんなオレ意外でしょー、とか言ってみたほうがいいのだろうか。どんどん雲が濃くなってくる。

Page 1
次へ

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. 小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」 1

    小出祐介が問題提起、日本語ポップスにおける「歌詞の曖昧さ」

  2. 『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら 2

    『紅白歌合戦』会見にあいみょん、DAOKO、YOSHIKI、キンプリ、刀剣男子ら

  3. BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス 3

    BiSHが6人全員で振り返る、この夏出演した17本もの音楽フェス

  4. Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー 4

    Hi-STANDARD元スタッフによる『SOUNDS LIKE SHIT』レビュー

  5. FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る 5

    FINAL SPANK HAPPYが示す「新男女関係」 結成半年を振り返る

  6. 星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着 6

    星野源『POP VIRUS』特典映像は全11曲スタジオライブ&ニセ明の創作密着

  7. 遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中 7

    遠藤ミチロウが膵臓がんを公表、現在は自宅療養中

  8. RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開 8

    RADWIMPS新ALにTaka、あいみょんら 小松菜奈&神尾楓珠出演の新曲PV公開

  9. 『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す 9

    『情熱大陸』で諫山創に密着 『進撃の巨人』ラストネームに挑む様子を映す

  10. 土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開 10

    土屋太鳳×北村匠海の「TAOTAK」が『春待つ僕ら』主題歌担当、PV公開