ニュース

若松孝二監督の『実録・連合赤軍』ベルリン国際映画祭で2冠

2月16日、第58回目のベルリン国際映画祭にて、若松孝二監督の『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』が、同映画祭フォーラム部門にて、最優秀アジア監督賞と国際芸術映画評論連盟賞の2つの賞を穫った。

1936年生まれの若松氏は、63年の『甘い罠』で初監督をし、ピンク映画というジャンルの確立をした。その後も大島渚監督の『愛のコリーダ』(1976年)、山下耕作監督の『戒厳令の夜』(1980年)、神代辰巳監督の『赤い帽子の女』(1982年)など、国内だけでなく世界から今も評価されている作品をプロデュースしている。

『実録・連合赤軍 あさま山荘への道程』は、3月15日からテアトル新宿をはじめ全国で公開される。キャストは坂井真紀氏やARATA氏などで、音楽はジム・オルーク氏が務めた。同作品は2007年の8月に行なわれた湯布院映画祭で特別試写作品として公開されており、同年10月には第20回東京国際映画祭の日本映画・ある視点」部門でオープニング上映され、「日本映画・ある視点 作品賞」に輝いた。

時代に対して常に鋭いメッセージを発信してきた若松監督の作品に目を向けたい。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

PUNPEE“タイムマシーンにのって”

あのPUNPEEがまたやった!!! 昨年発売のアルバム『MODERN TIMES』から初のMVとなる“タイムマシーンにのって”が公開。1度見ただけでも存分に楽しめる作品だけれど、この情報量の多さ。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』を思わせる時計台のロゴがSEIKOならぬSAYHOになっていたり、車体に『AKIRA』の成田山ステッカーが貼られていたり……ピザなど頼んで細部まで何時間も見ていたい。(井戸沼)

  1. ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ 1

    ポール・マッカートニーが日本で語る、感受性豊かな若い人たちへ

  2. 次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら 2

    次週『Mステ』に椎名林檎と宮本浩次、KICK×岡村靖幸、BTS、あいみょんら

  3. 大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年 3

    大谷ノブ彦×柴那典が語る、ミスチル、ワンオク、エルレの2018年

  4. KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る 4

    KIRINJI堀込高樹の音楽体験の変遷 レコードからサブスクまで語る

  5. ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも 5

    ヴェノムが暴れまくる戦闘シーン映像公開 UVERworldの吹替版主題歌PVも

  6. 星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも 6

    星野源特集の『ダ・ヴィンチ』で細野晴臣、三浦大知ら証言 新作エッセイも

  7. BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も 7

    BABYMETALのアパレルブランド、世界初ポップアップショップ開設 新写真も

  8. 世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る 8

    世界を舞台に戦う、Rei。異例なレーベル移籍と、その意志を語る

  9. BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開 9

    BTSの映画『Burn the Stage』、メンバーの日本語コメント付き予告編公開

  10. 草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」 10

    草間彌生が中国での贋作展にコメント 「本当に残念でなりません」