ニュース

『生きている太郎』講座 中沢新一らを招き東京都現代美術館で開講中

東京都現代美術館ではこの3月、様々な角度から岡本太郎に関わる四人の講師を招いて、MOT美術館講座『生きている太郎』を開催。

現在同館に展示されているの岡本太郎の巨大壁画『明日の神話』は、1968年にメキシコで描かれたが、長い間行方不明となっていたもの。2003年に奇跡的にメキシコ郊外の資材置き場で発見された。2005年に日本に移送され、修復が始まる。日本国内で恒久的に設置する場所の決定を控えているが、同館での展示は好評で、公開期間は6月29日まで延長が決まっている。

1996年に亡くなって以降も、作品や著作を通して生き続ける太郎の思想は、若い世代にも鮮烈なメッセージを投げかけている。

今回の講座では、美術評論家、学芸員、修復家、人類学者という4人がそれぞれ専門家の立場から太郎についてレクチャー。太郎の芸術、そして今なお衰えない影響力について改めて再考する機会になるだろう。

MOT美術館講座『生きている太郎』
会場:東京都現代美術館 講堂

2008年3月1日(土)
「岡本太郎の神話と素顔」
針生一郎(文芸・美術評論家/和光大学名誉教授)

2008年3月9日(日)
「岡本太郎の中のメキシコ」
仲野泰生(川崎市市民ミュージアム、元川崎市岡本太郎美術館学芸員)

2008年3月16日(日)
「岡本太郎の技法と《明日の神話》の修復」
吉村絵美留(絵画修復家)

2008年3月20日(祝)
「日本のアヴァンギャルドとは何か」
中沢新一(人類学者/多摩美術大学芸術人類学研究所所長)

料金:各回400円
時間:各回とも15:00~16:30(14:30開場)
定員:200名(当日先着順)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

BIM“Wink”

BIMの新作『NOT BUSY』より“Wink”の映像が公開。ゆるめに結んだネクタイは軽妙洒脱でも、背伸びはしない。どこか冴えない繰り返しのなかで<だって俺らの本番はきっとこれから>と、吹っ切れなさもそのままラップして次へ。BIMの現在進行形のかっこよさと人懐っこさがトレースされたようなGIFアニメが最高にチャーミング。(山元)

  1. 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品 1

    『マッドマックス 怒りのデス・ロード』 時代を先取りした画期的作品

  2. 坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する 2

    坂口恭平の権力への抵抗。音楽は記憶を思い出させ人を治療する

  3. 能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙 3

    能町みね子が『ヨコトリ』で考えた、わからない物事との対峙

  4. 『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録 4

    『鬼滅の刃』劇場版公開記念集英社連合企画、20誌それぞれにオリジナル付録

  5. ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を 5

    ラブリーサマーちゃん、真摯さを胸に語る ノイジーな世界に調和を

  6. King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動 6

    King Gnuが日本初の「レッドブル・アーティスト」に 「Go Louder」始動

  7. 柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開 7

    柳楽優弥、三浦春馬、有村架純が戦時下の若者役 映画『太陽の子』来年公開

  8. 勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点 8

    勝井祐二と山本精一が語る 踊るという文化とROVOが瀕する転換点

  9. 暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活 9

    暮らしと仕事と遊びとアート。すべてを越えて繋がる東東京の生活

  10. 小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開 10

    小栗旬×星野源、野木亜紀子脚本の映画『罪の声』場面写真一挙公開