ニュース

『生きている太郎』講座 中沢新一らを招き東京都現代美術館で開講中

東京都現代美術館ではこの3月、様々な角度から岡本太郎に関わる四人の講師を招いて、MOT美術館講座『生きている太郎』を開催。

現在同館に展示されているの岡本太郎の巨大壁画『明日の神話』は、1968年にメキシコで描かれたが、長い間行方不明となっていたもの。2003年に奇跡的にメキシコ郊外の資材置き場で発見された。2005年に日本に移送され、修復が始まる。日本国内で恒久的に設置する場所の決定を控えているが、同館での展示は好評で、公開期間は6月29日まで延長が決まっている。

1996年に亡くなって以降も、作品や著作を通して生き続ける太郎の思想は、若い世代にも鮮烈なメッセージを投げかけている。

今回の講座では、美術評論家、学芸員、修復家、人類学者という4人がそれぞれ専門家の立場から太郎についてレクチャー。太郎の芸術、そして今なお衰えない影響力について改めて再考する機会になるだろう。

MOT美術館講座『生きている太郎』
会場:東京都現代美術館 講堂

2008年3月1日(土)
「岡本太郎の神話と素顔」
針生一郎(文芸・美術評論家/和光大学名誉教授)

2008年3月9日(日)
「岡本太郎の中のメキシコ」
仲野泰生(川崎市市民ミュージアム、元川崎市岡本太郎美術館学芸員)

2008年3月16日(日)
「岡本太郎の技法と《明日の神話》の修復」
吉村絵美留(絵画修復家)

2008年3月20日(祝)
「日本のアヴァンギャルドとは何か」
中沢新一(人類学者/多摩美術大学芸術人類学研究所所長)

料金:各回400円
時間:各回とも15:00~16:30(14:30開場)
定員:200名(当日先着順)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

カネコアヤノ“光の方へ”

カネコアヤノの新作『燦々』より、すでに先行配信もされている屈指の名曲“光の方へ”のスタジオライブ映像。Tシャツ一枚に素足の飾り気ない佇まいが、音源よりも強気な歌声が、遠くを見つめたり、マイクをすっと見据えたり、手元を確認したりする一瞬一瞬が、いちいちかっこいい。カネコアヤノは、常に、今が一番最高なアーティストだと思う。(山元)

  1. 桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも 1

    桑島智輝が妻・安達祐実を毎日撮影、写真集『我我』刊行 記念トークも

  2. 女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催 2

    女性の身体の柔らかさ 森瀬の個展『えっちすぎる ... 展』高田馬場で開催

  3. 『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM 3

    『ワンピース』ナミが17歳の高校生に カップヌードル「HUNGRY DAYS」新CM

  4. 乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開 4

    乃木坂46と学生約300人が大合唱、「ファンタ坂学園」特別映像公開

  5. フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点 5

    フォーリミ・GENの本音。自らの手で時代を作るための葛藤と原点

  6. 『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ 6

    『The Covers』スカパラ特集に奥田民生&高橋一生が登場、スカパラとコラボ

  7. 『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着 7

    『エイス・グレード』公開間近、春名風花の応援ロングコメントが到着

  8. 田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら 8

    田中圭が花屋の店主役、今泉力哉監督『mellow』1月公開 共演に岡崎紗絵ら

  9. 『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も 9

    『天気の子』展が銀座で開催、背景画など約400点 気象現象の再現装置も

  10. 吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も 10

    吉田ユニ展『Dinalog』ラフォーレミュージアム原宿で開催 新作や創作過程も