ニュース

「白鳥の湖」を現代の事件として大胆アレンジ、冨士山アネットの新作公演『SWAN』

冨士山アネットによる古典の物語を現代の事件として蘇らせた新作公演『SWAN』が、10月21日東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

冨士山アネットは、作・演出・振付の長谷川寧を中心としたユニット。近年は、「ダンス的演劇(テアタータンツ)」という表現に着目し、身体表現を重視した独自の活動を国内外で行っている。

戯曲『ファウスト』をモチーフにした『太陽』に続き、世田谷パブリックシアターとの提携公演第2弾となる今回は、バレエの名作「白鳥の湖」を大胆に解釈。中国で起きた毒餃子事件からヒントを得て、集団という大きな力によって捩じ曲げられてしまう自己をテーマに、古典を現代性溢れる作品へ蘇らせる。

また劇中では、バレエ「白鳥の湖」で使用されているチャイコフスキーの楽曲を、「ar」で活動するフジモトヨシタカが現代風にアレンジ。様々な音楽要素を用いて行われる、サウンド面からの新解釈にも注目だ。

冨士山アネットpresents
『SWAN』

2010年10月21日(木)~10月24日(日)
会場:三軒茶屋シアタートラム

作・演出・振付:長谷川寧
音楽:P.チャイコフスキー、フジモトヨシタカ(ar)
キャスト:
大石丈太郎
石本華江(妄人文明)
大園康司
伊藤麻希
奥山隆(オフィス3○○)
玉井勝教
北川結(モモンガ・コンプレックス)
寺杣彩
伊藤南咲
岡本陽介(開店花火)
KEKE(輝く未来)
政岡由衣子
松之木天辺
村本すみれ(MOKK)
長谷川寧

料金:前売3,000円 当日3,200円 学生2,500円(要学生証提示、前売・当日共)

(画像中:©生井秀樹、画像下:前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹)

©生井秀樹
©生井秀樹
前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹
前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

OMSB & QN“なんとなく、それとなく”

2012年、飛ぶ鳥落とす勢いだったSIMI LABの2トップ、OMSBとQNの間に突如勃発したビーフ。菊地成孔氏まで言及した事態は、QN脱退、解決を迎えることなく終息した。あれから5年・・・何ですか?!コレ!恥ずかしながら、発表から1ヶ月以上経って気付いたわけですが、ナタリーさんしか言及してないですよ?!これ超事件じゃないですか!「確かに私達レペゼン相模」泣けるぜチクショウ!(木村)

  1. 香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一 1

    香取&草彅&稲垣『クソ野郎』監督は園子温、山内ケンジ、太田光、児玉裕一

  2. やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る 2

    やりがい搾取?藤井光×吉澤弥生がアーティストの労働問題を語る

  3. Perfumeが『NEWS ZERO』登場 ファッションプロジェクトに込めた想い明かす 3

    Perfumeが『NEWS ZERO』登場 ファッションプロジェクトに込めた想い明かす

  4. ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』 世界初公開の油彩画も展示 4

    ゲルハルト・リヒター展『Painting 1992‒2017』 世界初公開の油彩画も展示

  5. 次回NHK『LIFE!』で高良健吾がコント初挑戦、内村が故郷・熊本を巡る企画も 5

    次回NHK『LIFE!』で高良健吾がコント初挑戦、内村が故郷・熊本を巡る企画も

  6. 見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超 6

    見逃した映画特集に『ラ・ラ・ランド』『牯嶺街』『お嬢さん』など40本超

  7. 2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本 7

    2017年公開作を一挙上映 年末恒例企画に『ムーンライト』など22本

  8. 調律師・山崎賢人の瞳にピアノが映る 映画『羊と鋼の森』新ビジュアル公開 8

    調律師・山崎賢人の瞳にピアノが映る 映画『羊と鋼の森』新ビジュアル公開

  9. ロバート秋山主演のドラマ版『やれたかも委員会』に朝比奈彩、本多力が出演 9

    ロバート秋山主演のドラマ版『やれたかも委員会』に朝比奈彩、本多力が出演

  10. 「私は2PACに救われた」 MARIA(SIMI LAB)×渡辺志保対談 10

    「私は2PACに救われた」 MARIA(SIMI LAB)×渡辺志保対談