ニュース

「白鳥の湖」を現代の事件として大胆アレンジ、冨士山アネットの新作公演『SWAN』

冨士山アネットによる古典の物語を現代の事件として蘇らせた新作公演『SWAN』が、10月21日東京・三軒茶屋のシアタートラムで上演される。

冨士山アネットは、作・演出・振付の長谷川寧を中心としたユニット。近年は、「ダンス的演劇(テアタータンツ)」という表現に着目し、身体表現を重視した独自の活動を国内外で行っている。

戯曲『ファウスト』をモチーフにした『太陽』に続き、世田谷パブリックシアターとの提携公演第2弾となる今回は、バレエの名作「白鳥の湖」を大胆に解釈。中国で起きた毒餃子事件からヒントを得て、集団という大きな力によって捩じ曲げられてしまう自己をテーマに、古典を現代性溢れる作品へ蘇らせる。

また劇中では、バレエ「白鳥の湖」で使用されているチャイコフスキーの楽曲を、「ar」で活動するフジモトヨシタカが現代風にアレンジ。様々な音楽要素を用いて行われる、サウンド面からの新解釈にも注目だ。

冨士山アネットpresents
『SWAN』

2010年10月21日(木)~10月24日(日)
会場:三軒茶屋シアタートラム

作・演出・振付:長谷川寧
音楽:P.チャイコフスキー、フジモトヨシタカ(ar)
キャスト:
大石丈太郎
石本華江(妄人文明)
大園康司
伊藤麻希
奥山隆(オフィス3○○)
玉井勝教
北川結(モモンガ・コンプレックス)
寺杣彩
伊藤南咲
岡本陽介(開店花火)
KEKE(輝く未来)
政岡由衣子
松之木天辺
村本すみれ(MOKK)
長谷川寧

料金:前売3,000円 当日3,200円 学生2,500円(要学生証提示、前売・当日共)

(画像中:©生井秀樹、画像下:前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹)

©生井秀樹
©生井秀樹
前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹
前回作品『家族の証明∴』舞台写真 ©生井秀樹
画像を拡大する(3枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『悲しみに、こんにちは』予告編

映画『悲しみに、こんにちは』予告編。両親の死によって、都会から田舎の伯父伯母のもとに引き取られることになった少女・フリダ。スペイン・カタルーニャで過ごす彼女の、きらめくようなひと夏の様子が、新鋭監督による瑞々しい感性によって描かれています。映画批評サイト「ロッテン・トマト」100%Fresh獲得も納得の一作です。(久野)

  1. 『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート 1

    『デザインあ展』が科学未来館で開催。体験型作品も多数の会場内をレポート

  2. 吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ 2

    吉岡里帆主演『健康で文化的な最低限度の生活』 生活保護描く新ドラマ

  3. ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す 3

    ドラマ『恋のツキ』に安藤政信&欅坂46・今泉佑唯が出演 恋物語をかき乱す

  4. ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現 4

    ケンドリック・ラマーの黒塗り広告が突如、霞ヶ関駅&国会議事堂前駅に出現

  5. 夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演 5

    夏帆「ドッキドキ」 TOWA TEI「SRATM」新曲“ダキタイム”PVに出演

  6. SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤 6

    SNSでイラストの支持を集めた雪下まゆが語る、作風への葛藤

  7. アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』 7

    アニメキャラ100の名言が新宿地下を占拠 『Netflix “アニ名言”ジャック』

  8. 『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画 8

    『華氏451度』『一九八四年』などSF作がTシャツに 早川書房×トーハン企画

  9. 細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像 9

    細田守が語る、映画『未来のミライ』で描きたかった現代の家族像