ニュース

20回迎えるフランス映画の祭典『フランス映画祭』に長編11作品&短編6作品

フランス映画の祭典『20th アニバーサリー フランス映画祭』が、6月21日から24日まで東京の有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇で開催される。

1993年からスタートし、今年で20回目の開催を迎える同映画祭。今年の上映作品は、フランスで旬な長編作品11作品と短編6作品となる。フランス国内で累計動員1900万人以上を記録したヒット作『最強のふたり』をはじめ、ジャン・デュジャルダン主演コメディ『プレイヤー』、昨年逝去したラウル・ルイス監督の276分におよぶ大作『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』、『第65回カンヌ国際映画祭 監督週間部門』に出品されたガブリエル・ヴァンサン原作のアニメーション作品『アーネストとセレスティーヌ』、日本の映画監督で革命運動家の足立正生のドキュメンタリー作品など、バラエティ豊かなラインナップになっている。

また、各作品の上映後には来日ゲストによるトークショーも開催される。詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。前売チケットは6月19日まで発売中。


『20th アニバーサリー フランス映画祭』

2012年6月21日(木)~6月24日(日)
会場:東京都 有楽町 有楽町朝日ホール、TOHOシネマズ日劇(レイトショーのみ)

長編作品:
『わたしたちの宣戦布告』(監督:ヴァレリー・ドンゼッリ)
『プレイヤー』(監督:ミシェル・アザナヴィシウス、フレッド・カヴァイエ)
『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう / 足立正生』(監督:フィリップ・グランドリュー)
『最強のふたり』(監督:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ)
『リヴィッド』(監督:ジュリアン・モーリー、アレクサンドル・バスティロ)
『そして友よ、静かに死ね』(監督:オリヴィエ・マルシャル)
『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』(監督:ラウル・ルイス)
『スリープレス・ナイト』(監督:フレデリック・ジャルダン)
『愛について、ある土曜日の面会室』(監督:レア・フェネール)
『A Happy Event(仮)』(監督:レミ・ブザンソン)
『アーネストとセレスティーヌ』(監督:バンジャマン・レネール、ステファン・オビエ、ヴァンサン・パタール)
短編作品:
『ビンぞこメガネ』(監督:ジャン=クロードロゼック)
『宇宙からの巨大怪物の襲撃』(監督:ギョーム・リュー)
『冬のカエル』(監督:スロニー・ソウ)
『踏切警手』(監督:ユーゴ・フラセット)
『人間運送』(監督:アンタレス・バシス)
『近日公開』(監督:ファブリス・マルカ)

料金:
前売1,200円
当日 一般1,500円 学生1,200円
※『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』は前売2,000円 当日一般2,200円 学生2,000円
※『アーネストとセレスティーヌ』は小学生以下料金500円(前売、当日ともに)

(画像上から:『20th アニバーサリー フランス映画祭』メインビジュアル、『最強のふたり』©2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP、『プレイヤー』©2011 JD PROD, BLACK DYNAMITE FILMS, MARS FILMS, M6 FILMS, COOL INDUSTRIE、『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』©CLAP FILMES (PT) 2010、『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう / 足立正生 』©2011 EPILEPTIC FILM)

『20th アニバーサリー フランス映画祭』メインビジュアル
『20th アニバーサリー フランス映画祭』メインビジュアル
『最強のふたり』©2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
『最強のふたり』©2011 SPLENDIDO / GAUMONT / TF1 FILMS PRODUCTION / TEN FILMS / CHAOCORP
『プレイヤー』©2011 JD PROD, BLACK DYNAMITE FILMS, MARS FILMS, M6 FILMS, COOL INDUSTRIE
『プレイヤー』©2011 JD PROD, BLACK DYNAMITE FILMS, MARS FILMS, M6 FILMS, COOL INDUSTRIE
『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』©CLAP FILMES (PT) 2010
『ミステリーズ・オブ・リスボン(仮)』©CLAP FILMES (PT) 2010
『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう / 足立正生 』©2011 EPILEPTIC FILM
『美が私たちの決断をいっそう強めたのだろう / 足立正生 』©2011 EPILEPTIC FILM
画像を拡大する(46枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Have a Nice Day!“僕らの時代”

岡崎京子原作の映画『チワワちゃん』の主題歌に抜擢された同楽曲。ファンから公募した映像も織り交ぜた、画角も画質もバラバラな「僕らの時代」の映像が、曖昧で歪な、しかし強烈に眩しい日々の記憶を思い起こさせる。(井戸沼)

  1. OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境 1

    OKAMOTO’Sが大人と少年の間で語る、28歳で迎えた10周年の心境

  2. 竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目 2

    竹内結子主演、異色のリーガルドラマ『QUEEN』。監督は関和亮、音楽も注目

  3. 『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら 3

    『十二人の死にたい子どもたち』キャラ&場面写真に橋本環奈、新田真剣佑ら

  4. 柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ 4

    柴田聡子がジャコメッティら巨匠から活力をもらう展覧会レポ

  5. 『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目 5

    『鈴木敏夫とジブリ展』4月から神田明神で開催、鈴木敏夫の「言葉」に注目

  6. 『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想 6

    『乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展』開催間近、齋藤飛鳥らが訪問&感想

  7. 石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき 7

    石原さとみが後楽園堪能する東京メトロ新CM 曲はスキマスイッチと矢野まき

  8. Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る 8

    Spangle call Lilli lineの美学 20年消費されなかった秘密を探る

  9. back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌 9

    back numberが深田恭子主演ドラマ『初めて恋をした日に読む話』主題歌

  10. 漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業 10

    漫画本に囲まれる「眠れないホテル」MANGA ART HOTEL, TOKYOが2月開業