ニュース

菊地成孔の新刊は『時事ネタ嫌い』、時事エッセイ46本に後日談を追記

菊地成孔の新刊『時事ネタ嫌い』が、本日9月15日に刊行された。

音楽家としてだけでなく、『スペインの宇宙食』『CDは株券ではない』などの著書や、大谷能生との共著『憂鬱と官能を教えた学校』『東京大学のアルバート・アイラー』など、文筆家としても精力的な活動を展開している菊地。同書は、2007年1月から2010年10月まで女性誌『FRaU』に連載されていた同名エッセイをまとめたもの。雑誌掲載分全46本に加えて、各エッセイに後日談を新たに加えた内容になっている。なお、ビュロー菊地チャンネルでは、まえがきと1章から3章までが無料で公開されている。

菊地は同書について、「07年から社会時事を追って、連載終了直後に尖閣sengoku動画流出があって、翌年は皆さん御存知のことになるんですが、ワタシの書籍の中では最も扱うネタが一般的で文章も最も平明で固く、つまりワタシの書籍を『わからない言葉がいっぱい出て来て』『文章が読みづらく』『扱っている対象の事を良く知らない』という点で批判される方々にとっては救いの神みたいな本です(笑)し、そうでない方にもかなり面白いと思いますよ」と、9月3日に公開されたビュロー菊地チャンネル内の記事「ビュロ菊だより」で綴っている。全文は同サイトで確認してみよう。

書籍情報

『時事ネタ嫌い』

2013年9月15日発売
著者:菊地成孔
価格:1,680円(税込)
発行:イースト・プレス

amazonで購入する

菊地成孔
『菊地成孔のポップアナリーゼ 少女時代“GENIE”は何故いい曲なのか?』[MP3]

価格:630円(税込)
菊地成孔が少女時代を語り尽くす!

CINRA STOREで購入する

(画像:菊地成孔『時事ネタ嫌い』表紙 撮影:岩田和美)

菊地成孔『時事ネタ嫌い』表紙 撮影:岩田和美
菊地成孔『時事ネタ嫌い』表紙 撮影:岩田和美
画像を拡大する(2枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

岩井勇気(ハライチ)『ひねくれとか言われても俺はただ自分が進みたい道を選んでるだけ』

ドリームマッチでの『醤油の魔人 塩の魔人』、ラジオで突如披露した推しキャラケロッピをテーマにしたEDM調楽曲『ダメダメケロッピ』など、音楽的な才能に注目が集まる岩井勇気。今回はミツカン「こなべっち」とタッグを組み、自らがマイクを取ってラップに挑戦。しかもこの動画、岩井がこれまでラジオや書籍の中で言及してきた、珪藻土のバスマットや、海苔、メゾネットタイプの部屋、クラウス・ノミなどのネタが詰まっていて、まさか岩井さんの自宅なのでは……? と隅々まで見てしまう。つぎはぜひ、自作のトラックとリリックによる曲が披露されることを待っています。(川浦)

  1. IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く 1

    IZ*ONE宮脇咲良の“FIESTA”歌詞。日本語による再解釈を紐解く

  2. ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年 2

    ユニコーンが全員で振り返る「100周年」。ド派手に活動した2019年

  3. 西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい 3

    西加奈子が書く、肯定の世界。完璧じゃない自分を認めて生きたい

  4. 角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編) 4

    角舘健悟の『未知との遭遇』たなかみさき編(前編)

  5. TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの 5

    TWICEが対峙する「欲望」の複雑さ。『Eyes wide open』が表すもの

  6. 元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も 6

    元たま滝本晃司×知久寿焼×石川浩司の共演ライブが紫明会館で開催、配信も

  7. 佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇 7

    佐藤健×松丸亮吾が頭脳戦、ポケモンカードゲーム新CM「真剣勝負」篇

  8. 宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送 8

    宮崎駿企画、宮崎吾朗監督のCGアニメ『アーヤと魔女』12月30日にNHKで放送

  9. 吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』 9

    吉沢亮・渋沢栄一と草彅剛・徳川慶喜が運命の初対面、NHK『青天を衝け』

  10. 君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感 10

    君島大空、苦闘の第二作。狂騒と覚醒の狭間で、ひっつかんだ実感