特集 PR

「月刊CINRA」連載 あの雑誌の特集、予想します。第11回「ku:ne●」

「月刊CINRA」連載 あの雑誌の特集、予想します。第11回「ku:ne●」

武田砂鉄
2010/04/14

第11回「ku:ne●」2009年9月発売号の特集
特集名「葉っぱのぼうけん。」

雑誌の趣向を分析しつつその雑誌の特集を勝手に予測しているこの連載、実は1年ほど前に予想したのが「BRUTU●」での鉄道特集。あらま、そしたら7月中旬発売号で鉄道特集が。見本誌届かないので買ってしまいましたが、やはり芸能人に夜行列車乗せてましたわね。さて、今回はスローなライフの定番雑誌「ku:●el」を。

第11回「ku:ne●」2009年9月発売号の特集

本屋に溢れているように見えるけど、スローライフ雑誌って実はたっくさん潰れている。「Lingkaran」然り「REAL SIMPLE JAPAN」然り、事態は「複雑」なようでして。でも宜しいことですわよ、雑誌を作るのは環境に悪いんでね。少しでも早めにお気付きになったのであれば、地球に優しい商品ってことで。さて、「●u:nel」。この手の雑誌の先駆者としての定番化を果たしているその理由を見つけてみれば、スローライフだエコだとメッセージを強いないって所にあるのかもしれない。各々に生活がある、その生活から引き算を求めたり、ある素材を強制したり、やんわりと絶対化させるその手の雑誌に対して黙り込んでたら、あらら、特別化されてましたって状態かしら。この雑誌がやっていることって、目線をあげるとか、時間をずらすとか、優しく触れるとか、そういう「ニュアンス」の集積。大きな石を裏返しにするとダンゴ虫が出てきたよ、ってな夏休みじゃなくて、いつものポーチにアクセントで刺繍を施してみたら外出たくなった、的な夏休み。そう、「的なこと」の掛け算。

毎回、その号ごとのキャッチコピーをつけている。それが言ってみれば特集タイトルになっている。最近だと、「ベランダの花園。」「愛はほわほわ。」「お初のこと。」「しまつのよい人。」などなど。要するにこれもニュアンス。何かに特定していかないという作法。さあ一年間分くらいタイトル案を出していきますわよ。

「土のゆうわく。」「布きれなかよし。」「しおりにはさまれて。」「おばあちゃんのふくろ。」「うつわと午後。」「消しゴムごしごし。」

はい、隔月刊行ですので、これで一年分。無許可で使ってくださって構いませんわよ。こういうタイトル会議って結構シビアなんだろうなあ。ちょっとそれは読者に求めすぎよ、とか。力の抜き方が意識的すぎないかしら、とか。知らないけど。とりあえずまあ次号のタイトルは「葉っぱの冒険。」ってことで。あっ、平仮名のほうが良いっすよね、はい、「葉っぱのぼうけん。」で。

[結果報告:的中率50%]
こちらで予想した特集タイトルは、「土のゆうわく。」「布きれなかよし。」「しおりにはさまれて。」「おばあちゃんのふくろ。」「うつわと午後。」「消しゴムごしごし。」、予想後に刊行された実際の特集タイトルは、「外へ、イチ、ニ、サーン!」「パリのいい顔。」「好きな毛布。」。最後のとか、結構惜しいよね。引き続き、要観察。

Page 1

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

Dos Monos“Clean Ya Nerves (Cleopatra)”

トラックが持つドロドロとした不穏さを映像で表現したのは、『南瓜とマヨネーズ』などで知られる映画監督の冨永昌敬。ストリートを舞台にしたノワール劇のよう。ゲストで出演している姫乃たまのラストに示す怪しい動作が、見る人間の脳内にこびりつく。(久野)

  1. アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと 1

    アジカン後藤と関和亮が語り合う、ゆとりなき今の社会に思うこと

  2. 『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント 2

    『おっさんずラブ』映画化決定、2019年夏公開 田中圭が喜びのコメント

  3. ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない 3

    ねごと×chelmicoが語る、「ガールズ」の肩書きはいらない

  4. SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も 4

    SEKAI NO OWARIの新アルバム『Eye』『Lip』同時発売、ツアー&海外盤も

  5. 『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も 5

    『アベンジャーズ/エンドゲーム(原題)』は4月に日米同時公開、予告編も

  6. 斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で 6

    斎藤工主演『麻雀放浪記2020』がマカオ国際映画祭出品中止、過激な内容で

  7. 「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』 7

    「マニアック女子」の部屋と部屋主を撮影、川本史織の写真展『堕楽部屋』

  8. 入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に 8

    入場料のある本屋「文喫 六本木」オープン間近、ABC六本木店の跡地に

  9. 上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編 9

    上白石萌歌がHY“366日”歌う、井之脇海との恋物語「午後の紅茶」CM完結編

  10. 大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで 10

    大英博物館で日本国外最大規模の「漫画展」。葛飾北斎から東村アキコまで