ニュース

グラフィックデザイナー・原研哉による装丁デザインの軌跡を集めたデザイン展『本』

グラフィックデザイナー・原研哉による本の装丁を一堂に集めた原研哉デザイン展 『本』が、武蔵野市立吉祥寺美術館で行われている。

日本デザインセンター代表・武蔵野美術大学教授を務める原研哉は、商品デザインや広告ディレクションなど広い領域で活躍している。原の名前を知らない方でも無印良品のアートディレクションや松屋銀座リニューアルプロジェクト、愛知万博のプロモーションなどの彼が手がけたデザインは知らないうちに目にしていることだろう。

昨年は自らの著書『白』を刊行。そんな彼が装丁のデザインを始めたきっかけは、高校以来の友人である原田宗典が作家デビューしたことだという。

情報が次々と電子メディアに置き換えられる時代に、紙というマテリアルを生かした装丁が書籍の課題であると原は考えており、今回の展覧会はそんな原の考えが作品という形で披露される見ごたえのある内容となっている。是非この機会に「情報の彫刻」として表現される原研哉のデザイン哲学を感じて欲しい。

原研哉デザイン展『本』
友人、原田宗典がモノ書きだったおかげで。

2009年1月24日(土)~3月1日(日)  
会場:武蔵野市立吉祥寺美術館(東京・吉祥寺)
時間:10:00~19:30
休館日:1月28日(水)、2月25日(水)
料金:100円(ただし、小学生以下・65歳以上・障害者の方は無料)

(画像上:原研哉「ポスターを盗んでください」1995年、画像中:原田宗典「青空について」1999年、画像下:原田宗典「吾輩ハ苦手デアル」1992年)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送