ニュース

CLASKAで山田芳裕の漫画『へうげもの』刊行記念イベント、アーティスト30余名が作品発表

山田芳裕の漫画『へうげもの』の最新刊が、7月23日(木)発売されるのを記念し、7月31日(金)より目黒のCLASKA(クラスカ)にて刊行イベント『へうげて、暮らすか』が開催される。

漫画『へうげもの』は、出世と物、2つの欲の間で日々葛藤と悶絶を繰り返す戦国武将、古田織部を描いた物語。書籍『このマンガがすごい!』(宝島社)や講談社漫画賞にもノミネートされるなど、注目度の高い作品だ。

本イベントは、コンテンポラリー・ジャパニーズを標榜するCLASKAと、和風=ミックス、フュージョンと捉える『へうげもの』が「(現代)日本」をキーワードに意気投合。若手陶芸家ユニットから、クラフトアーティストなど総勢30余名が作品を発表するほか、利休追悼オープニングライブパーティー、限定スイーツの販売、『へうげもの』的映画上映、そして特別宿泊プランなど、さまざまな趣向の催しが予定されている。

まさに衣・食・住に渡り盛大に行われる夏の祭典的イベントだ。

なお、CINRA.NETでは「へうげ十作」のリーダーとしても活動中の陶芸家・青木良太インタビューを掲載中。こちらも是非一読を。

CINRA.NET > 青木良太(陶芸家) インタビュー

『へうげもの』第9服刊行記念イベント
『へうげて、暮らすか』

2009年7月31日(金)~8月16日(日)
会場:CLASKA(東京・目黒)
時間:11:00~19:00(初日のみ19:00~23:00営業)

出品予定作家:
[へうげ十作]
青木良太
大江憲一
大森準平
かのうたかお
栢野紀文
金理有
桑田卓郎
田村一
二階堂明弘
林茂樹(特別参加)
横山玄太郎
横山拓也
栗谷昌克
竹内紘三
鷲塚貴紀

[クラスカ十作]
稲垣竜一
カガリユウスケ
岸野寛
斉藤幸代
さとうかよ
studio note
竹内玄太郎
田屋道子
苫米地正樹
ニシハラ★ノリオ
能登夫妻
FormlessDesign
Pouf & Butch
PRODUCTIVE MIND
MicroWorks
山本忠正

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及 1

    ドラマ『ここぼく』が描いた日本社会のいま。危機感と真実の追及

  2. 佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画 2

    佐藤健とシム・ウンギョンが共演 サントリーウイスキー「知多」新動画

  3. 記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着 3

    記録映画『東京オリンピック2017』に七尾旅人らがコメント ポスター到着

  4. スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士 4

    スチャとネバヤン、同じ電波をキャッチしちゃった似た者同士

  5. 羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う 5

    羊文学を形づくる「音」 6つの日本語曲を選んで3人で語り合う

  6. 坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ 6

    坂口恭平が語る「死なないという勝ち方」。画狂老人・北斎に学ぶ

  7. ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン 7

    ジム・ジャームッシュ特集上映ポスター&チラシ12種、大島依提亜がデザイン

  8. 青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント 8

    青春音楽映画『ショック・ドゥ・フューチャー』予告編、石野卓球らコメント

  9. 自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語 9

    自己不信や周囲の目にどう向き合う? 女性アスリートの6篇の物語

  10. ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る 10

    ちゃんみなが経験した、容姿に基づく中傷と賛美 自らラップで切る