ニュース

現役最高齢の映画作家、オリヴェイラ監督最新作は『ブロンド少女は過激に美しく』

101歳を迎えた現役最高齢の映画監督、マノエル・デ・オリヴェイラの新作『ブロンド少女は過激に美しく』が、10月から日比谷TOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

リスボンから南の保養地アルガルブに向かう長距離列車で、主人公のマカリオは隣に居合わせた夫人に「話して楽になりたいんです」と自分の過去を語り出す。会計士として働くマカリオと、彼が恋したプロンドの少女・ルイザ。情熱的な想いの果てに待っていたのは、衝撃的な結末だった。

ポルトガルの文豪、エサ・デ・ケイロスが1873年に書いた短編小説『ブロンド少女の特異さ』を原作とした本作。詩人ペソアの言葉を全篇に散りばめるなど、オリヴェイラ独自のしかけは随所で、アイロニーとユーモアが豊かに爆発。昨年2月の『ベルリン映画祭』では、「最も色っぽい、最もおおらかな、おそらく最も美しい傑作」と圧倒的な賛辞を集めた。

主人公のマカリオにはオリヴェイラの孫でもあるリカルド・トレパ。夫人には『アブラハム渓谷』以来、オリヴェイラ作品のミューズ的存在であるレオノール・シルヴェイラなど、縁深い顔ぶれに加え、少女ルイザにはオリヴェイラ映画初主演となるカタリナ・ヴァレンシュタインが彩りを添える。

『ブロンド少女は過激に美しく』

2010年10月、日比谷TOHOシネマズシャンテほか全国ロードショー
監督:マノエル・デ・オリヴェイラ
原作:エサ・デ・ケイロス
脚色・脚本:マノエル・デ・オリヴェイラ
撮影:サビーヌ・ランスラン
キャスト:
リカルド・トレパ
カタリナ・ヴァレンシュタイン
ディオゴ・ドリア
ジュリア・ブイゼル
レオノール・シルヴェイラ
ルイス=ミゲル・シントラ
グロリア・デ・マトス
アナ=パウラ・ミランダ
フィリペ・ヴァルガス
ロジェリオ・サモラ
ミゲル・セアブラ
配給:フランス映画社

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談 1

    ボカロ文化の歴史を次世代に繋ぐ試み 『プロジェクトセカイ』鼎談

  2. Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当 2

    Honda新型VEZELのCMに井浦新、玉城ティナ、Licaxxxら 楽曲は藤井 風が担当

  3. 『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら 3

    『森、道、市場』第2弾で石野卓球、君島大空、パ音、TENDRE、クラムボンら

  4. 歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来 4

    歌を絶やさぬように 久保田麻琴が探る「日本のうた」の過去と未来

  5. 新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任 5

    新垣結衣、H&Mの2021GWキャンペーン「LET'S CHANGE」アンバサダーに就任

  6. ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一 6

    ジョニー・デップ製作・主演の映画『MINAMATA』9月公開 音楽は坂本龍一

  7. 米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録 7

    米津玄師の新シングル『Pale Blue』6月発売 ドラマ『リコカツ』主題歌収録

  8. ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着 8

    ドキュメンタリー『映画:フィッシュマンズ』出演者発表&ティザー予告到着

  9. 『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞 9

    『アメリカン・ユートピア』にいとうせいこう、オダギリジョーら35組が賛辞

  10. カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために 10

    カネコアヤノの選択。嘘のない歌は、信じる人を抱きしめるために