ニュース

『アーティスト・ファイル』展が今年も開催、現代のリアリティを表現する国内外8組

国内外で活躍する作家たちを選抜し、その新しい表現を紹介する展覧会『アーティスト・ファイル2011 ―現代の作家たち』が、3月16日より東京・六本木の国立新美術館にて開催される。

特定のテーマに沿って選抜されるのではなく、国立新美術館のスタッフが日頃のフィールドワークを通じて推薦した作家の作品が集結する同展覧会。4回目となる今回は、日本人作家と海外作家が8組出展する、国際色豊かな顔ぶれとなっている。

出品作家は、ポリ塩化ビニール板やアクリル板などの硬質な素材にアクリル絵具を塗りつける手法で注目を浴びるクリスティン・ベイカー、中国の現状を簡易なカメラで表現するユニット・バードヘッド、動物や樹木、山岳風景などのイメージを作品のモチーフに10年以上にわたり絵画の根源を探求している岩熊力也、身近な素材を用いながらインスタレーション、平面、立体とさまざまな形態で作品を発表する鬼頭健吾、そして陶芸の次世代を代表する中井川由季らとなっている。

なお、会期中にアーティストトークなどのさまざまなイベントも予定されている。


CINRA.NETでは、『アーティスト・ファイル2011 ―現代の作家たち』の招待券を10組20名様にプレゼントいたします!
お問い合わせページのメールフォームより、件名欄に「アーティスト・ファイル2011 招待券応募」と入力し、お問い合わせ内容欄にお名前とご住所をお書き添えの上、お送りください。当選は、招待券の発送をもって替えさせていただきます(なお、ご応募いただいたメールアドレス宛に CINRAのメールマガジンを今後お届けいたします)。(応募締切り:2011年3月3日)

『アーティスト・ファイル2011 ―現代の作家たち』

2011年3月16日(水)~6月6日(月)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 企画展示室2E
時間:10:00~18:00(金曜日は20:00まで、3月26日(土)は『六本木アートナイト2011』開催にともない入場無料、22:00まで開館、入場は閉館の30分前まで)
休館日:火曜(5月3日(火・祝)は開館)

出品作家:
クリスティン・ベイカー
バードヘッド
タラ・ドノヴァン
岩熊力也
鬼頭健吾
松江泰治
ビョルン・メルフス
中井川由季

料金:
一般当日1,000円 前売800円
学生当日500円 前売300円

『アーティスト・トーク』

2011年3月19日(土)14:00~15:00
会場:東京都 六本木 国立新美術館 3階研修室A・B
出演:バードヘッド
定員:60名(先着順)
料金:無料(同展の観覧券(半券可)が必要)

2011年3月26日(土)19:00~20:30
会場:東京都 六本木 国立新美術館 1階ロビー
出演:
鬼頭健吾
松江泰治
料金:無料

2011年4月16日(土)14:00~15:00
会場:未定
出演:岩熊力也
ゲスト:ポンちゃん人形(腹話術)による紙芝居
料金:無料(同展の観覧券(半券可)が必要)

『フィルム上映会+アーティスト・トーク』

2011年3月21日(月・祝)
会場:東京都 六本木 国立新美術館 3階講堂
出演:ビョルン・メルフス
定員:250名(先着順)
料金:無料(同展の観覧券(半券可)が必要)

『アーティスト・ワークショップ』

2011年5月7日(土)
講師:中井川由季

(画像上から:ビョルン・メルフス《夜番 | ナイトウォッチ》2010年 ビデオ・インスタレーション&copy: Bjørn Melhus、クリスティン・ベイカー《ワン・ピラミッド・ナイン・フェイス》2010年 アクリル/PVC©Kristin Baker, Neil Wong Collection, Photo Farzod Owrang, Image courtesy The Suzanne Geiss Company、タラ・ドノヴァン《無題(マイラー・テープ)》2008年 金属化ポリエステルフィルム©Tara Donovan, courtesy The Pace Gallery, Photo by Dennis Cowley, courtesy The Pace Gallery、バードヘッド《無題》2010年ゼラチン・シルバー・プリント)

ビョルン・メルフス《夜番 | ナイトウォッチ》2010年 ビデオ・インスタレーション&copy: Bjørn Melhus
ビョルン・メルフス《夜番 | ナイトウォッチ》2010年 ビデオ・インスタレーション&copy: Bjørn Melhus
クリスティン・ベイカー《ワン・ピラミッド・ナイン・フェイス》2010年 アクリル/PVC©Kristin Baker, Neil Wong Collection, Photo Farzod Owrang, Image courtesy The Suzanne Geiss Company
クリスティン・ベイカー《ワン・ピラミッド・ナイン・フェイス》2010年 アクリル/PVC©Kristin Baker, Neil Wong Collection, Photo Farzod Owrang, Image courtesy The Suzanne Geiss Company
タラ・ドノヴァン《無題(マイラー・テープ)》2008年 金属化ポリエステルフィルム©Tara Donovan, courtesy The Pace Gallery, Photo by Dennis Cowley, courtesy The Pace Gallery
タラ・ドノヴァン《無題(マイラー・テープ)》2008年 金属化ポリエステルフィルム©Tara Donovan, courtesy The Pace Gallery, Photo by Dennis Cowley, courtesy The Pace Gallery
バードヘッド《無題》2010年ゼラチン・シルバー・プリント
バードヘッド《無題》2010年ゼラチン・シルバー・プリント
画像を拡大する(8枚)

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

『角舘健悟 × 青葉市子 Live at Waseda Scotthall』

2020年、全4回にわたって行われてきた対談連載企画『角舘健悟の未知との遭遇』。青葉市子と遭遇し、教会に迷い込んだ2人の秘密のセッションの様子が公開された。本連載の趣旨でもあり、2人を繋いだYogee New Wavesの”Summer of Love”と、青葉市子の”みなしごの雨”を披露。クリスマスの夜にどうぞ。(川浦)

  1. 映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣 1

    映画『パラサイト』が地上波初放送。鮮烈な印象残すキャスト陣

  2. SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』 2

    SixTONESの個性と冒険心、そして泥臭さ 初フルアルバム『1ST』

  3. 山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年 3

    山田智和が語る、変貌する世界への視線 映像作家が見た2020年

  4. Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露 4

    Snow Man向井康二と阿部亮平が光と雪のCGの世界でアクションを披露

  5. スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA 5

    スピッツの新曲“紫の夜を越えて”が『NEWS23』エンディング曲に 本日初OA

  6. 尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催 6

    尾田栄一郎『ONE PIECE』1000話記念 キャラクター世界人気投票開催

  7. 宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」 7

    宝島社企業広告、今年のテーマは「怒り」「暴力」「コロナ感染対策」

  8. 米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA 8

    米津玄師『news zero』テーマ曲のタイトルは“ゆめうつつ”、今夜初OA

  9. 藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に 9

    藤井 風“旅路”が高畑充希主演ドラマ『にじいろカルテ』主題歌に

  10. 石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送 10

    石橋菜津美×中村蒼 こだま原作ドラマ『夫のちんぽが入らない』地上波放送