ニュース

ガラパゴス的進化続ける日本美術の独創性を再発見、16作家出展の『JALAPAGOS展』

日本美術の独創的な魅力を再発見する企画展『JALAPAGOS(ジャラパゴス)展』が、10月8日から福岡・天神の三菱地所アルティアムで開催される。

同展は、昨年の『TOKYO DESIGNERS WEEK 2010』で開催された同名展を再構成し、様々な形での日本文化継承をテーマに多彩な作品を紹介するもの。出展者は、会田誠、天明屋尚、田名網敬一、チームラボ、山口晃、池田学、鴻池朋子、近藤聡乃ら総勢16作家。企画・キュレーションを三潴末雄(ミヅマアートギャラリー ディレクター)が手掛けている。

なお、同展のタイトルは、ジャパンと、産業界では世界の潮流とかけ離れた進化として否定的に使用されることの多い「ガラパゴス」を組み合わせた造語から名付けられている。漫画、アニメなどのサブカルチャーや浮世絵に影響を受けたスーパーフラット的アート、大胆な美術史観に基づくBASARA美学など、鋭敏に変化し続ける日本美術の「ガラパゴス」な独自性を感じとる絶好の機会になるだろう。


企画展
『JALAPAGOS(ジャラパゴス)展』

2011年10月8日(土)~11月27日(日)
会場:福岡県 三菱地所アルティアム

出展作家:
会田誠
池田学
岡本瑛里
加藤愛
加藤泉
鴻池朋子
近藤聡乃
指江昌克
田名網敬一
チームラボ
天明屋尚
町田久美
松蔭浩之
宮崎勇次郎
山口晃
山本竜基

休廊日:10月18日(火)、11月15日(火)
料金:一般400円 学生300円(再入場可、高校生以下無料)

(画像上から:会田誠+加藤愛『愛ちゃん盆栽(松)』2005 ミクストメディア 73×35×35cm 撮影:宮島径 ©AIDA Makoto・KATO Ai, Courtesy Mizuma Art Gallery、鴻池朋子『ナイファーライフ』2000-01 アクリル、鉛筆、墨、キャンバス、木パネル 1800 x 8100 x 50 mm 高橋コレクション 撮影:宮島径 ©KONOIKE Tomoko,Courtesy Mizuma Art Gallery、池田学『領域』2004 42×59.5cm 紙にペン、インク 高橋コレクション ©IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery、『金原ひとみ#1』 2005 ラムダプリント 90×120cm ©MATSUKAGE Hiroyuki Courtesy Mizuma Art Gallery、指江昌克『MONSTER』キャンバス、油彩 194x162cm 撮影:宮島径)

会田誠+加藤愛『愛ちゃん盆栽(松)』2005 ミクストメディア 73×35×35cm 撮影:宮島径 ©AIDA Makoto・KATO Ai, Courtesy Mizuma Art Gallery
会田誠+加藤愛『愛ちゃん盆栽(松)』2005 ミクストメディア 73×35×35cm 撮影:宮島径 ©AIDA Makoto・KATO Ai, Courtesy Mizuma Art Gallery
鴻池朋子『ナイファーライフ』2000-01 アクリル、鉛筆、墨、キャンバス、木パネル 1800 x 8100 x 50 mm 高橋コレクション 撮影:宮島径 ©KONOIKE Tomoko,Courtesy Mizuma Art Gallery
鴻池朋子『ナイファーライフ』2000-01 アクリル、鉛筆、墨、キャンバス、木パネル 1800 x 8100 x 50 mm 高橋コレクション 撮影:宮島径 ©KONOIKE Tomoko,Courtesy Mizuma Art Gallery
池田学『領域』2004 42×59.5cm 紙にペン、インク 高橋コレクション ©IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery
池田学『領域』2004 42×59.5cm 紙にペン、インク 高橋コレクション ©IKEDA Manabu Courtesy Mizuma Art Gallery
『金原ひとみ#1』 2005 ラムダプリント 90×120cm ©MATSUKAGE Hiroyuki Courtesy Mizuma Art Gallery
『金原ひとみ#1』 2005 ラムダプリント 90×120cm ©MATSUKAGE Hiroyuki Courtesy Mizuma Art Gallery
指江昌克『MONSTER』キャンバス、油彩 194x162cm 撮影:宮島径
指江昌克『MONSTER』キャンバス、油彩 194x162cm 撮影:宮島径
画像を拡大する(7枚)

記事の感想をお聞かせください

知らなかったテーマ、ゲストに対して、新たな発見や感動を得ることはできましたか?

得られなかった 得られた

回答を選択してください

ご協力ありがとうございました。

SPECIAL PR 特集

もっと見る

BACKNUMBER PR 注目のバックナンバー

もっと見る

PICKUP VIDEO 動画これだけは

あらかじめ決められた恋人たちへ“日々feat.アフロ”

何かを我慢することに慣れすぎて忘れてしまいそうになっている「感情」を、たった10分でこじ開けてしまう魔法のようなミュージックビデオ。現在地を確かめながらも、徐々に感情を回転させていくアフロの言葉とあら恋の音。人を傷つけるのではなく、慈しみ輝かせるためのエモーションが天井知らずの勢いで駆け上がっていった先に待ち構えている景色が、普段とは違ったものに見える。これが芸術の力だと言わんばかりに、潔く堂々と振り切っていて気持ちがいい。柴田剛監督のもと、タイコウクニヨシの写真と佐伯龍蔵の映像にも注目。(柏井)

  1. THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像 1

    THE SPELLBOUNDがライブで示した、2人の新しいロックバンド像

  2. 中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿 2

    中村佳穂が語る『竜とそばかすの姫』 シェアされ伝播する歌の姿

  3. 『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」 3

    『プロミシング・ヤング・ウーマン』が映し出す、「女性の現実」

  4. ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも 4

    ジム・ジャームッシュ特集が延長上映 『パターソン』マーヴィンTシャツも

  5. A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること 5

    A_oから青い心を持つ全ての人へ 自由に、自分の力で生きること

  6. 地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る 6

    地下から漏れ出すアカデミックかつ凶暴な音 SMTKが4人全員で語る

  7. 林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着 7

    林遣都×小松菜奈『恋する寄生虫』に井浦新、石橋凌が出演 特報2種到着

  8. 『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか 8

    『暗やみの色』で谷川俊太郎、レイ・ハラカミらは何を見せたのか

  9. ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開 9

    ギャスパー・ノエ×モニカ・ベルッチ『アレックス STRAIGHT CUT』10月公開

  10. 『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察 10

    『ジョーカー』はなぜ無視できない作品なのか?賛否の議論を考察